« December 2013 | Main | March 2014 »

January 28, 2014

「オンリーゴッド」は神様のカラオケ熱唱映画

Jpg ニコラス・ウィンディング・レフンが前作「ドライヴ」のライアン・ゴズリングを再び主役にすえてタイを舞台に撮った映画。前作の続きではないが、主人公の俳優と画面の色彩、台詞の少なさという共通点から見ているワタシの頭が前作を引きずってしまう。
 ただ前作の共通点は以上それだけで、ストーリーや観ている感触はまるで違う。前作がスタイリッシュなラブロマンス犯罪モノなら、今回は宗教めいた犯罪モノ。宗教がかっているので何かこう難解な手触りがありますが、もったいぶってるだけで構造が分かるとそういう事なのねと腑に落ちて、いやいや良く考えるとへんな映画だよねもしかしてギャグのつもりなの?と考えさせられること必至。
 で、ネタバレしちゃうと、ワタシ前作ひきづってライアン・ゴズリングがヒーローの役割だとばっかり思ってたからハナシが通じ辛かったのですが、このハナシでのヒーローはタイの警部補で、タイトルにあるゴッドこそその人だったわけですね。原題はOnly God forgivesで、神だけが許されたもうであります。何を?人を裁く事を。警部補が人を裁く毎に何故かカラオケを熱唱するシーンが延々続く。黙って聴きいる配下達。
 ライアンは最初からこの男に裁かれると怯え、最後やっぱり・・・。どんでん返しなぞなく、ただただ静ではあれどドぎついバイオレンスな映画でしたが、ワタシ的にどんでん返しだったのは、ライアンがヒーローでなかった事と、おっさんの熱唱するカラオケに字幕つかないのか?とかですね。なんじゃわからんでしょ?わからんのですよ。
 たぶんカラオケは人を断罪した後の宗教的儀式として挿入されているんだろうけど、日本人の持っているカラオケのイメージとかけ離れた位置で使用されるからものすごく違和感があって変な気分になること請け合いです。
 性的に倒錯した内容と血みどろバイオレンスなのでデート映画には向かない。
 警部補のおっさんに肩入れして見ると爽快感があるかもです。なんだかんだ言っても観た後に色々語りたくなるなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2014

「利休にたずねよ」あの女のどこが良かったのか?と

Riqnitazune4 予告を観てこれはみておきたいなと思っていた映画。
 まず最近ワタシの心を掴んで離してくれない中谷美紀が出てること。團十郎と海老蔵の最後の共演。侘び茶の映像表現への期待。
 海老蔵の所作はそらぁカッチョ良く、そのお点前は本職の人が見たらどうなのかワカリませんが、ワタシとしては見惚れるものがあったし、團十郎の誰もがグゥの根も出ない存在感とか利休周りの俳優たちは期待通りのものだったけど、誰とは言わないが秀吉とその周りは良くなかったなぁ。いくらイヤミな嫌われ役とはいえあのペラッペラ感はない。ぶち壊しに近い。
 最初そこのところがずっと気になっていたんだけど、後半になっていくに従って映画自体が侘び寂びとはかけ離れた説明的な台詞の続くストーリー回しになり幻滅。
 多分これを読んで見に行きたいって人が少なそうなので物語として面白いと思ったところをネタバレします。
 利休(海老蔵)が待庵という広さ2畳という茶室を作って奥さん(中谷美紀)を招き入れたとき、中谷はその狭さに驚き「でも子供の頃悪さをして押入れに隠れている時のようなワクワクした気持ちになりますね」というと利休がなんとも複雑な顔をする。で、その待庵の空間のモデルは利休がまだ若く遊び人だった頃、売り物として拉致されていた高麗女を連れて逃亡し立てこもった漁師小屋だったのではないかと憶測されるドラマが展開されます。利休の美の基準はその高麗女との思い出が基になっているというハナシ。
 話としては面白い。従順で清楚な中谷奥様が心の底でそれを感づいていて嫉妬している部分とかも含めて。でもさぁ、命を懸けて逃避行したあの女のどこがよかったの?確かに韓流女優かわいいかもしれないけどさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2014

映画「ゼロ・グラビティー」は濃厚な体験でした

0gravity ゼロ・グラビティー、90分という今ではそんなに長くない上映時間でありますが、人間が普通に生きていられない宇宙空間に放り出された恐怖を主人公と一緒に体験していくような濃厚な時間でありました。そしてなんというか、どうなるかわかんないけどポジティブに生きていく心地よさをジョージ・クルーニーに諭された映画でしたね。
 3Dで観る浮遊感も良かった。
 ただ無重力の宇宙からいかにして生還するかという、ストーリーの中の時間も数時間の出来事なんだけど、記憶に残る映像体験。細かいディテールとか、ちょっとしたシーンの意味するところとか、あとで色々語りたくなるんだよなぁ。ぎりぎりネタバレになりそうだからまたいつか思い出したら書くことにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | March 2014 »