« 天下の茶道具、鑑定士・中島の眼(中島誠之助) | Main | ヘルタースケルター 女性の女性のための女性映画 »

July 16, 2012

最近観たLIVE 吾妻光良 & the swinging boppers マキタスポーツ

 ここのところ土曜も含めて中々時間が取れず先月末からいくつか行っていていたイベントを書き留めておくことが出来てなくて、少しタイミング遅いですが書きます。
 LIVEをね、時間取れないと言ってたわりには無理やり予定詰め込んで観に行ってたんです。吾妻光良とスィンギン・パッパーズ、それにマキタスポーツ。どうしても観に行きたかったふたつのLIVE。本来なら一本一本コッテリと書きたいLIVEなんだけど、ひとつに詰め込んで書いてしまうトコロはご容赦。
390377_2361909498466_1572204229_318 吾妻光良は、これを読んでくれている人は言わずもがなでしょうが、BLUESギタリストですね。このバンドではジャンプブルースとかジャズとかをビッグバンドで聴かせます。元々日テレの社員さんだったのでサラリーマンの等身大なテーマの歌詞にペーソスがあってコミックバンドのようですが、やっていることは通好みでカッチョイイと、一口で説明しますとそんな感じ。渋谷のクワトロはオール・スタンディングでノリノリ満員盛況でありました。
614ugucsil_sl500_aa300_ 一方マキタスポーツはロック畑出身のボーカル・ギター。音楽ネタのお笑いを浅草キッドに勧められて軍団(オフィス北野)入り。映画アウトレイジで椎名桔平に菜箸耳に突き刺される中華屋のオヤジ役が印象的ですが、最近よくTVに出てきてネタやってますね。少ない時間ですとJPOPの解説ネタとかやってますけど、長渕剛がYMOの曲を演ったらとかバイクを盗まれた悲しみを尾崎豊風に歌うとか、バンドとか弾き語りでやるネタが秀逸。でも毒ありすぎるのと著作権の関係だかで、大ウケするようなネタはTVでは見られないのが残念。こちらは赤坂のホール。開演前から自ら浜田省吾のコスチュームで前説。この日のメインはヴィジュアル系の曲作りの解説と実践で「咲き」という言葉を初めてしりました。
ヴィジュアル系のライブで、「咲く」というのは、どういう意味なのでしょうか?? ... - Yahoo!知恵袋

 さて、このふたつのLIVEについてどうして一度に書いたかというと、時間がないのもありますが、ふと心に残る共通点があったからです。コミカルな音楽というところは当然共通項にありますが、クワトロで吾妻氏がふと漏らした「いい曲っていうのはすべて・・・昔に作られた。だからあとはそれを日本語化するだけ」って達観したコメントと、マキタ氏の提唱する「売れてる曲は総じてカノンのコード進行が使われている」という言葉がワタシの中でシンクロしたからです。
 音楽の「未来」「進化」とかいう議論とは別に、人間が気持ち良くなる手法は数世紀前からある意味確立されていることは否めないでしょう。あとはその味付け(歌詞・アレンジ等)、提示方法(演奏方法・流通方法)が変わっていくということが「進化」であり「未来」なのか?ノリノリ・お笑いありのLIVEで楽しんだ後に、ふとそんなことを考えているのです。

|

« 天下の茶道具、鑑定士・中島の眼(中島誠之助) | Main | ヘルタースケルター 女性の女性のための女性映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/55209058

Listed below are links to weblogs that reference 最近観たLIVE 吾妻光良 & the swinging boppers マキタスポーツ:

« 天下の茶道具、鑑定士・中島の眼(中島誠之助) | Main | ヘルタースケルター 女性の女性のための女性映画 »