« 映画「アーティスト」観ました | Main | 大連裏通り »

April 14, 2012

やっぱ三船敏郎はスゲーやということで「レッドサン」を観る

511c1zdbnel_sl500_aa300_ 先日TVでジョン・フランケンハイマーのグラン・プリを観ました。
 壮絶なレースシーンと説明がうまくできないような男の生き様があいまって織りなされるドラマは名画と呼ぶにふさわしいもので感動しました。そして、これに出てきた三船敏郎のオーラが凄かった。
 一応主人公はジェームズ・ガーナーですがどちらかというとレーサーとその周辺の人々の群像劇に近い。登場人物みんながドラマを持っている。けれども三船敏郎がひとたび現れると、何と言いますかそのオーラで他の登場人物を喰ってしまう感じ。
 そういうのを観て、ちょいと三船敏郎の主役級の映画をまたじっくり見直したいなと思って引っ張り出したのが「レッド・サン」。
 三船敏郎といえば、「用心棒」だったり「椿三十郎」だったりと黒澤明の作品が大大メジャーでしょうが、あれはクロサワ映画。黒澤明の作り出す画像がミフネのオーラを更に凌駕していて、「ああ。三船敏郎を観たなあ」ではなく、「クロサワ映画をみたなぁ」になってしまう。
 で、何ぞちょうど良い塩梅の作品は?と思いついたのが「レッド・サン」。この映画、世間ではあんまり評価されていないようですが、ワタシは何故か心に残る映画なのですね。
 西部劇でありますが、フランス・イタリア・スペインの合作。しかも監督はイギリス人で「ロシアより愛をこめて」を撮った人。ま、マカロニウエスタンの亜流と言っていいかもしれないですね。タイトルバックがいきなりフランス語なのが何か「これから異次元に連れていかれる」みたいな気持ちにされます。
 配役はチャールズ・ブロンソンとアラン・ドロン、それにミフネ。ブロンソンはアメリカ人でありますが、元々フランス映画で活躍してる俳優なんですね。アラン・ドロンとの共演の「友よさらば」とかイェーイ。やはしミフネのオーラに対抗できるのはブロンソンしかいないでしょう。濃いです。男くさいです。
 ストーリーはアラン・ドロン扮する強盗団のボスに宝刀を奪われ友の敵を討つべく追いかける侍のミフネと、やはりドロンに裏切られ分け前を取り戻そうとするブロンソンが二人で旅をするバディー物。ミフネのキレのある殺陣とブロンソンの無法者らしい仕草、そしてなんともウィットに富んだ会話と男同士のぶつかり合い。
 今見返すとクライマックス決着のシークエンスはもう少したっぷりととって欲しかったかなとも思いますが、ラストシーンの余韻とか心に残るものがありますね。
 なーんかお勧めのビデオない?とかお探しの方へ参考になれば。

|

« 映画「アーティスト」観ました | Main | 大連裏通り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やっぱ三船敏郎はスゲーやということで「レッドサン」を観る:

« 映画「アーティスト」観ました | Main | 大連裏通り »