« March 2012 | Main | June 2012 »

April 14, 2012

やっぱ三船敏郎はスゲーやということで「レッドサン」を観る

511c1zdbnel_sl500_aa300_ 先日TVでジョン・フランケンハイマーのグラン・プリを観ました。
 壮絶なレースシーンと説明がうまくできないような男の生き様があいまって織りなされるドラマは名画と呼ぶにふさわしいもので感動しました。そして、これに出てきた三船敏郎のオーラが凄かった。
 一応主人公はジェームズ・ガーナーですがどちらかというとレーサーとその周辺の人々の群像劇に近い。登場人物みんながドラマを持っている。けれども三船敏郎がひとたび現れると、何と言いますかそのオーラで他の登場人物を喰ってしまう感じ。
 そういうのを観て、ちょいと三船敏郎の主役級の映画をまたじっくり見直したいなと思って引っ張り出したのが「レッド・サン」。
 三船敏郎といえば、「用心棒」だったり「椿三十郎」だったりと黒澤明の作品が大大メジャーでしょうが、あれはクロサワ映画。黒澤明の作り出す画像がミフネのオーラを更に凌駕していて、「ああ。三船敏郎を観たなあ」ではなく、「クロサワ映画をみたなぁ」になってしまう。
 で、何ぞちょうど良い塩梅の作品は?と思いついたのが「レッド・サン」。この映画、世間ではあんまり評価されていないようですが、ワタシは何故か心に残る映画なのですね。
 西部劇でありますが、フランス・イタリア・スペインの合作。しかも監督はイギリス人で「ロシアより愛をこめて」を撮った人。ま、マカロニウエスタンの亜流と言っていいかもしれないですね。タイトルバックがいきなりフランス語なのが何か「これから異次元に連れていかれる」みたいな気持ちにされます。
 配役はチャールズ・ブロンソンとアラン・ドロン、それにミフネ。ブロンソンはアメリカ人でありますが、元々フランス映画で活躍してる俳優なんですね。アラン・ドロンとの共演の「友よさらば」とかイェーイ。やはしミフネのオーラに対抗できるのはブロンソンしかいないでしょう。濃いです。男くさいです。
 ストーリーはアラン・ドロン扮する強盗団のボスに宝刀を奪われ友の敵を討つべく追いかける侍のミフネと、やはりドロンに裏切られ分け前を取り戻そうとするブロンソンが二人で旅をするバディー物。ミフネのキレのある殺陣とブロンソンの無法者らしい仕草、そしてなんともウィットに富んだ会話と男同士のぶつかり合い。
 今見返すとクライマックス決着のシークエンスはもう少したっぷりととって欲しかったかなとも思いますが、ラストシーンの余韻とか心に残るものがありますね。
 なーんかお勧めのビデオない?とかお探しの方へ参考になれば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2012

映画「アーティスト」観ました

132893728193413108904 84回アカデミー賞の賞取合戦は映画黎明期を主題としたヒューゴとアーティストの一騎打ちという様相でありましたね。
 アカデミー会員は当然映画に関連した仕事をしている人たちでありますから映画作成黎明期の人々にリスペクト送るような作品には票が集まるのは当然で、なーんかヤらしい気もしますが、下心だけで作ったモノは分かっちゃいますからこうやって勝ち残って来た映画は評価に値する映画愛を持っていると思います。
 そういった中で映画愛ということではワタシはヒューゴに軍配が上がるような気がしますが、「アーティスト」の敢えてモノクロ・サイレントというフォーマットを選ぶことでもう一度映画の出来うる表現を見つめなおし、観る方も作る方も楽しんでみせるという点において感動をよんだんだと思います。
 なるほどと膝を打つ大団円。その展開のみごとさに感涙した次第。
 サイレントでの大スターがトーキーへの変革について行けずに落ちぶれる様や、蔭ながらそれを応援する女性は紋切型であり、もっといえばあの女性像は男にとって都合が良いだけのような描かれ方であり現代のドラマにはあまり出てこないタイプでありますが、そういう人物設定もモノクロ・サイレント時代のフォーマットとして使用しているのかもしれません。
 昔の娯楽映画のフォーマットといえば、二枚目スターとヒロインというフロントの横に三枚目が必ずいたはずなのですがこの映画にはいなかったかな?と思ったらおりました。そう犬ですね。ものすごい芸達者なワンちゃん。
 すべてのカットに意味を込めて作りこんでいるのをなぞる楽しさがある映画でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2012

ライアン・ゴズリング「ドライブ」エメラルドグリーンの反対は赤

Drive 卓越なドライビングテクニックで犯罪者の逃がし屋が主人公である。ウオルター・ヒルの「ザ・ドライバー」のリメイクのつもりで企画されたそうで「超絶アクション」とかの謳い文句がついているが大嘘。たしかにタランティーノばりのバイオレンスはあるけどね。
 色んなところに映画評が出ているとおりシェーンのもじりで、若い人妻とプラトニックな恋仲になってその家族の駄目オヤジを救うためにひと肌脱ぐワケありの男の話なんだけど、アクションものとは全く別の視点で撮られているのでそういうのを期待していった人は面食らうでしょう。でもワタシには、どストライクの映画でした。良かったんですわ。
 まず色彩がウォン・カーウェイのような彩度の高いワタシの好きな濃厚な色あい。オトコとオンナが恋に落ちていく過程のなんとも甘い描写。終盤出てくるどぎついバイオレンスと、犯罪映画であるという緊張感。
 ラスト近く、クルマのシートで動けなくなっている主人公を地面から舐め上げるようにスローで撮っているシーンはワタシにとって至福のようなカットで、たまんなかったです。好きな写真集を観ている感じ。たぶん映画の文法とちがう文法で撮っているだね。だからみんなの想像するアクション映画と別のものになっている。
 画像は徹底してカラーコーディネイトされているそうで、そういえばエメラルドグリーンの印象が濃く残っている。ヒロインの家の壁紙がそうだったり、子供のTシャツがそうだったり。そうした中でヒロインの来ているベストの赤に「ハッ」とする。そして本当のラストショットでエメラルドグリーンの意味を悟るのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | June 2012 »