« January 2012 | Main | March 2012 »

February 19, 2012

立川志らく×立川談笑 2月19日関内ホール

Img_1288 立川流の四天王といえば志の輔、談春、志らく、談笑なんだそうだ。その中でも安定した芸とお茶の間の浸透ぶりと年齢から志の輔は看板となるだろうし、渋く古典の神髄を追及する談春、このふたりがA面で、談笑と自分はB面だとうそぶく志らく。
 そうはいってもあの師匠から叩き込まれた芸は生きていて、婆さんのやり方や聞かせどころに耳を集める技術は談志の面影が垣間見える。事実志らくは師匠が自分に降りてきて勝手に噺をやっているような気持になるという。
 談笑だって辛辣なギャグを交えながらも、「時そば」の屋台の風情が見えるような語り口にしみじみしたものをワタシは感じてしまう。
 今日は新作やシネマ落語が飛び出すかな?と思ってたのですが古典で統一したあたりに今の時期、立川流のなんたるかを見つめなおそうという心なのでしょうか。
 付けたしになって申し訳ないですけど、前座となった志ら乃もよかったな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 18, 2012

やっとこさ観た宇宙人ポール でもETは未見のワタシ

131580838361113201361_paul_01 先日自宅の射程距離内で件の映画がかかったのでやっとこさ観に行くことができました「宇宙人ポール」
 パロディーギャグの応酬。「元ネタへの愛情」というと逆に陳腐な言葉になってしまうのですが、「よかったよなぁあのシーン」「好きだったなぁあのセリフ」といった部分へのオマージュでもあるワケで、そうした想いのやさしさに最後感涙を禁じ得なかった作品でありました。
 そうした感想は拝読しているこのページで既に語られているのでこのくらいにしておきますが、パロディー・オマージュだけではなく、宇宙人とキリスト教原理主義者とのやりとりとかのギャグはおかしかったなぁ。そう、純粋にギャグやストーリーが面白かったですね。もちろん出オチのラスボスとか「笑え化け物!」とかのフレーズも楽しみましたが。
 表題にもあるように実はワタシETは未見なんですよ。ただ色んな情報が入って来てしまっているから、なんだか今更見る機会を作る気もなくなってしまっていて、これから先も観ることってないかもしれないですねぇ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2012

渋谷公会堂テデスキ・トラックス・バンドにもあの3兄弟あらわる!

 まー外タレコンサートづいてる2月です。渋谷公会堂は2月8日テデスキ・トラクス・バンド。
 3大ギタリストと言えばベック・クラプトン・ペイジだったのですが世代交代で今やジョン・メイヤー、ジョン・フルシアンテ、デレク・トラックスなんだそうですが(ふーん)、そのデレク・トラックスと彼のかみさんのバンドですね。
 ステージ狭しとデレクとかみさん、キーボード、ベース、ホーン3人、コーラス2人そしてドラム2人!という大所帯。そしてその全員がソロをとるというコッテリした内容。
 上手いしカッチョいいんだけど、タイコ2台のバランスが難しいのかサウンドはちっと散漫気味だったかな。演奏としてはフルートとデレクのスライドギターの掛け合いとか夫婦でのギターバトルなぞ見どころ満載なんだけど、演出が地味なのが少し残念。映像作品にしてもう少し演出加えたら身もだえするくらいの興奮になるかもしれないけどね。それかもう少し小さな会場でやるとか。それとタイコは2人いらないとおもうんだよなぁ。
 コンサート始まって少ししてからドヤドヤと大勢の客が遅れて入って来て「何だ今頃大勢で連れ立ってやってきて邪魔なやつらだ」と顔見てやろうと思ったら、なんとLOS LONELY BOYS御一行様!前日同じ渋谷で見たばかりの方々でしたが再び興奮。ラストの曲の前にまたドヤドヤと帰っていきました。うん。客層もたぶんカブってるだろうしね混乱回避策なのか。これも思い出に残るコンサートになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2012

LOS LONELY BOYS 2月7日渋谷

Loslonelyboys06big Rockpangoという新作をひっさげてLOS LONELY BOYS来日。
 一か月前に発売されたばかりで、買って聴き込んでから行くのが筋なのでしょうが、LIVE会場で購入したらナニガシかのオマケがつくんじゃなかろうかと引っ張ってみたワタシでした。案の定サイン入りのキャビネ版写真がもらえたウレシー。
 クラブ・クワトロなんて小さいところでやってくれちゃったものですからイヤが上にも盛り上がり。ステージに登場する3人は、写真で見る限り犯罪者ギリギリの厳ついラテン系にーちゃんかとおもいきや、お兄ちゃんになるに従って横に大きく、顔つきもすんごく優しそう。ギターの末っ子がヤンチャな感じで、6弦ベースの中兄ちゃん、ドラムの大兄ちゃんがとっても大らかに何でも許してくれそうな感じ。あの笑顔だけであったまるイメージ。
 ラテン系ロックンロールに最近の作品では少しヒップホップのフレーバーが入ったボーカルラインが印象的。コーラスワークでアレンジがとても厚く聞こえるんだけど、それでも飽き足らずに爆音演奏でワタシは3回くらい意識が飛びそうになり申した次第。
 エエモン見ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »