« December 2011 | Main | February 2012 »

January 22, 2012

発掘映像 1985 国立リバプール わけー

 いろいろ片付けをしておりましたら、ゾロッと昔のVHSが発掘されました。。

 サードってバンド名でした。してるカッコとかサウンドが80年の空気感。なつかしー。でも根本はあんまり変わってないかな。
 若い頃の方が社会的メッセージを入れていたような気がする。あの頃は「恋のピーナツ人形」なんて茶化したような曲の方がインパクトがあったので、この「しんちゃん」って曲は心のバリアフリーを訴える曲だったけど同じように茶化した曲だ認識されていて、過激なバンドと思われていたようだ。

 ついでなので比較的最近の映像も貼っておく。

 今年はね、またやろうかなという気持ちを盛り上げて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2012

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル 王道の正月映画・デートムービーだな

 テレビ版スパイ大作戦の面白かったところは「あっ」と驚くタネ明かしとか、実はチープなトリックなんだけどそれをバレないように遂行させるハラハラ感にあって、飛んだり転んだり大爆発は最初から期待していなかったから、気合入りまくりのトム君扮するイーサン・ハントは1作目から馴染めなかったんだけど今回から許してやることにした。ジェームス・ボンドはあんなに(太陽にほえろに抜擢された新人俳優みたいに)一生懸命走らないだろうしね。あれがあるからこれがあるでいいんじゃないかって。
 それに今回はチープ(とも違うけど)なトリックをばれないようにっていうクスグリが程よく散りばめられいたし、なんと言ってもイーサン・ハントのモチベーションは単なる破れかぶれ生死ギリギリフェチとは違うものであったという心の拠り所を大どんでん返しのようにラストに持ってきた部分に心打たれた次第。
 前に書いたちんちんの話(以降タンタンって書くね)では、タンタンのモチベーションが不在と言ったように、単に冒険心だけでなく何か心に影落とすものが主人公になければ共感出来ないんだよね。スーパー8はきれいにまとめたのに(ホントにきちんとしたお手本のような映画)映画を教えているほどのスピルバーグがあの素晴らしい映像で肝心のそれをしてなかったのは酷評に値すると思うんだけど、ハリウッドの王道・爆発ハッピーエンドというテンプレートで作られればそういったことも忘れさられているだろうと期待していなかったミッション・インポッシブルは持ち合わせていたんですね。良い映画だったと思います。
 関係ないけど、そういえばスーパー8のブルーレイ特典映像・撮影時の舞台裏みたいな映像に何の説明もなく、まるで関係者のように、トム君映ってましたね。ありゃなんなんですかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2012

明けましておめでとうございます 新年の1曲目はストーンズDANCE(PT.1)

Bari2011
 あめおめことよろ
 写真は某音楽集団の納会の写真。昨年のステージと呼べるものはコレ一個だけだったんで、今年はなんとか立ち上げたいなと。
 新しい年の初めはのんびりと家で過ごし、ステレオなんかで音楽流しちゃうんですが、新年最初にかけるのは、エモーショナル・レスキューのDANCE(PT.1)が気分。「なんか新しいことおっぱじめようぜ」というテーマが実にピッタリではないですか。
 そんな流れでストーンズだらだらと流していて、ステッキー・フィンガーズのSACDを改めてスピーカーで鳴らすとその臨場感に今更ながら感動。オーディオ・スピーカーっていいね。っていうかSACD凄いな。そうそう、そう言えば先ごろ出たサム・ガールズのスーパー・デラックス・エディションの話。
 サム・ガールズはリリース時に初めて自分で買ったストーンズのアルバムで、思い入れがあるんです。たぶん一番好きなアルバム。
 リマスター盤は既に出ていましたが、小狡い事に今回おまけ付で再び出すなんてアコギなマネしくさって。しかもオマケはたっぷりCD一枚分の未リリース音源。スーパー・デラックス・エディションは更にDVDが付いているというもの。興味のある人は食指が動きますよね。
 初めに結論を申し上げますと、マニア以外は買わなくていいんじゃないですかね。未リリースは所詮ボツ曲。DVDはPVとテキサスの映像で、これまた先日出たテキサス78で事足りるしね。
 ストーンズはサム・ガールズ、エモーショナル・レスキューの作成時セッションで沢山曲を作っていて、これがブートでもよく出回っていました。おまけ一曲目のクロディーヌなんかは出来がよかったし高音質のものが流出したときは驚いたものでしたが、よく聴くとフック(聴いてて「おぅ」って思う感情的なひっかかり)がいまひとつ。
 今回も(前回はメインストリートのならず者セッションの音源ね)そうした足りないフックの部分や、途中で投げ出してちゃんと演奏してなかった部分をオーバーダビングして作品化したのは偉いと思うけど、曲はバンドで何度も演奏して練り上げて良いフックを獲得するものだろうから(これ一昨年から昨年のワタシの実感)、今回の録音は付け焼刃感が否めない。 そうした中にあって安心して興味深く聴けたのはカバーのWE HAD ALL ITとシングルB面を獲得していたSO YOUNGかな。SO YOUNGは最後のピアノ・バージョンがいいな。
 そういうキースのバーラードであるWE HAD ALL ITもブートで聴いたときは感動したけど、今回のミキシングでいじってあっるところが少しハナについて(もしかしたらミックがハープ入れなおしたか?)期待したわりには・・という感想。そうは言ってもキースファンならWE HAD ALL ITが正規盤で聴けるのはありがたいこと。未聴の方は聴いてみるべきかもしれません。
 新年から辛いコメントでしたが、サム・ガールズは今月またSACDでも出ちゃうんですわ。ワタシバカだからこれも買っちゃうでしょうね。今日聴いたステッキーの音があまりにも素敵だったから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »