« October 2011 | Main | December 2011 »

November 27, 2011

正規盤ハンサムガール

Rollingstonescinema_poster 初見のときにツイートで少し感想出したのでタイトルをひねってしまいましたが、先ごろ出たローリング・ストーンズのSome Girls: Live in Texas 78というビデオ&CDセットの感想です。
 ストーンズの78年というとその名の通りアルバム「サム・ガールズ」の売り出しツアーという形でテレビには出るわラジオショーはやるはのプロモーションの半端ないものでした。それはキースがカナダで薬物所持で捕まってその後のバンド活動が危ぶまれた反動だったのか、キースの逮捕・裁判自体がプロモーションだったのか怪しいところもありますが、とにかく「俺達ゃ元気だぜ!」というメッセージをふりまいておりました。
 当時の日本では今ほど海外ネットワークが発達してませんから、リアルタイムでその状況が伝わることは少なかったと思いますが、そのツアーのラジオショー音源はNHK FMで放送され、「こりゃスゲー」とロック少年たちをうならせたものでしたね。当時エアチェック(懐かしい言葉・・)したテープをダビングしてもらったりしてね、聴いたりしてました。
Handsomegirls その後ストーンズのブートレグ収集にハマったワタシはそのラジオショー音源のブートを入手し、喜び勇んで聴いていたものでしたが、同じ78年のテレビショウの映像があることは聞き及んでいました。しかしウワサでは安心して見るには画像が荒すぎるのと曲も数曲しかやっていないということで、スルーしてたのです。
 暫くしてブートとして出てきたのがタイトルのHandsomeGirls。
 これはダラスやらヒューストンやらで録音されたラジオショー音源のマスタ(最良音質)に加えて、同じくマスタテープからおこしたと思われるこれまで出回ったことのないフォートワースのショーが入っていたことで、マニア騒然のものでした。テレビショウの録画時にラインできれいな音声も録音していたのですね。
 当然ワタシもなんとかそいつを入手して聴き込んだものです。で、映像のことはすっかり忘れていたのですが、今になってこんなちゃんとした形で、しかもフルステージの映像が発売されたことに大変おどろきました。
 これまで正規に発売しなかった理由は、ちょっと見るとなんとなく分かる気がします。演奏がパーフェクトじゃないんですね。1曲目Let it rockからヤバい。2番の始まりでミックの歌が聞き取りにくくなりますが、アレはミック歌詞を忘れたというよりもバンドメンバーが曲の何処やってるか見失ってる感じ、いわゆる崩壊寸前。ブラウンシュガーの出だしもヤバかった。キースという人はシンコペーションのフレーズを思いつきで入れるのが好きな人で、そこが魅力でもあるのですが、ブラウンシュガーの最初からシンコペ的なイントロに更に一音加えた試みにチャーリーが明らかに動揺して、へーんな感じになったり。ジャンピン・ジャックのエンディングはもうヤケクソとしか思えない。
 そう。「ヤケクソ」とか「ステバチ」というかそういう勢いが意味不明のド迫力パワーになっていて、SHINE A LIGHTの時の管理下にあるときのヘッポコさ(悪魔を憐れむ歌のキースのソロとか酷かったもんね)とは一線を越えたロックの凄味を感じました。凶暴さなんですかね。しかし、ミックの2011年のインタビューを見て合点がいくのは、とにかく新曲ばかりなので間違わないようにやろうとしたということ。勢いづいてやってるんだけど、丁寧に弾いているところも感じられる。ちょっと怪しいけど「ままよ」とステバチでステージに立ってあとは勢いでやるしかない!という感じだったんでしょうね。そういうのすごくわかる。だからステージ上で誰もニコリともしないんだもん。
 一緒についていたCDとブートを聴き比べると、ボブ・クリアマウンテンのミックスの凄さがよくわかります。元々のブートはラインそのままですが、それに会場の声援を上手くミックスしてハンパない臨場感。
 演奏とかになんだかんだとケチつけましたが、ロックってかっちょいいよなぁと再認識した作品でありましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2011

訃報 立川談志

落語家の立川談志さん死去…75歳 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 死因は「ふとした病」だったのだろうか?

 この方の高座にて教わったことが数多くあります。好きなロックバンドよりも沢山観に行ったし。
 復帰したというdvdを見る限た限りでは往年のキレもなくなっていて、それでも細く長くと、高座が駄目ならビートたけしやら何やらの所謂TVのお笑い大御所やら石原慎太郎やらに悪態ついているところをもう少し長くみたかった。残念。
 合掌

 葬式はニューオリンズ式にしたいとか言ってましたが、どうなるのでしょう。大フザケする弟子とか居たりするのでしょうか?
 弟子といえば、立川流の家元は誰が継ぐかとか色んなことがまだまだ気になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2011

ミッション:8ミニッツ

Mission8_1213x300 撮り貯めていたビデオを観られる時間がやっと出来て、BSでやっていた映画をイッキ見したのですが、何たる偶然か立て続けに観たのは「恋はデジャ・ヴ」と「エターナル・サンシャイン」。
 一つ目がビル・マーレーが主人公の同じ日を何度も繰り返すという物語で、二つ目がジム・キャリー主演の別れた恋人の記憶を消去するために過去の記憶を辿るというストーリーのもの。
 ふたつとも繰り返して経験すると気がつく「何か」、一瞬一瞬はかけがえの無い「もの」、とかそんな類似したテーマを持っていつつ、意外と意表をつく展開が面白い映画でありまして、何か心に暖かいものを被せられたようなそんな面持ちでありましたが、そんな時期にふと立ち寄った映画館で、これまたあまり前知識なく観た映画が「ミッション:8ミニッツ」でありました。
 この映画は「マトリクス」とかに近いSFスリラーの態を取っており、列車爆破事件で亡くなった人の記憶に潜入してその犯人を見つけ出すというミッションを行うヒトが主人公。
 過去の記憶に潜入し行動すると現在は変わっちゃうの?とかしっくりしないパラドクスがあって、スリラーとして観ると不満が残りそうな映画でしたが、先の二つの映画の観点でみると、ほの温かいものの残る映画でありました。事件の解決がドラマティックなカタルシスを呼ばない理由は、多分監督の本当のやりたかったことが、先の二つの映画の観点と同じものだったからなんでしょう。
 ここで終わってもいいだろう!という感涙の場面のあと、蛇足のように少しだけ物語が続き「ああ、そこまでしなくてもいいのに・・」なんて思っていると、サブミナル効果を仕掛けられていたことに気がつくラストがあります。その意味がすぐにわからず、少し変な気分になりもう一度みたくなるヤらしい映画。ちょっと考えると、まー、わかるんですけどね。
 アクション・スリラーとして観ると事故りますよ。念のため。
51yj5dzdqcl Imgca5c1befzikazj


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »