« June 2011 | Main | August 2011 »

July 19, 2011

地味なストーンズネタ

61249gsbwel_sl500_aa300_ どうもミック・ジャガーがソロじゃなくてバンドとして新譜を作っちゃったみたいで、話題になっておりますが、本家ストーンズのとってもとっても地味でマニアックな話題として、SACDによるリマスター版の発売がワタシ的にはヒットでありました。
 リマスター盤を優良な音質のSACD(ふつうのCDデッキでは聴けないので注意!)でってコトだけじゃなくて、今回の「It's Only Rock'n Roll」は従来とは異なる新バージョンのトラックが2曲差し替えられています。
 Time Waits For No Oneがフェードアウトしないというバージョンと、Fingerprint Fileのピッチがオリジナルのピッチでかなりビートが遅くなってるんですね。従来のピッチはかなり早かったのか、なんと25秒も長くなってます。
 このFingerprint Fileは大ヒットですよ。ダルな感じのビートがたまりません。
Mbacetates1 実はこのバージョン、ブートでは流通してたんですけどね。代表的なのはACETATESっていうボツテイク集。このブートもなかなか良かったんだけど、正規盤で出すとはねぇ。
 ミックは新バンドだけじゃなくて、ストーンズの過去のマスターとかもいろいろほじくり出しているようで、まだまだマニアとしては気が抜けません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2011

ARAKURE(矢作俊彦,司城志朗)

123967 これも映画の脚本向けに書いたのだろうか?矢作司城コンビのひっそりと出た新作。
 去年から流行りまくっている幕末モノで坂本龍馬が絡んでくるあたり相当なウケ狙い。股旅者が拳銃手に入れて「ギャング」と名乗って暴れまくる活劇で「明日に向かって撃て」の時代劇版。
 時代考証とかディテールが矢作司城ならではで面白いんだけど、軽いといえば軽い。量産体制に入ったって感じ。ペーパーバック小説を狙ってるんだろうね。良質の。
 本当にこういうの量産されたら「あの一連の作品っていいよねぇ」っていえるけど、たまーにしか出てこないなら、もうちっと重いのがいいなぁ。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2011 | Main | August 2011 »