« 北大路魯山人展 平塚市美術館 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »

May 22, 2011

Vices & Virtues(Panic at the Disco)

Panicatthediscovicesvirtues もうどうしても無視できないというか、ワタシの最近のヘビロテになってしまったパニック・アット・ザ・ディスコの新譜。
 エモというカテゴライズで宣伝されているように、キャッチーな歌メロと分厚いギターサウンドからなってますが、たとえばバンドネオンみたいな音であったりオルゴールの音であったりとか、歪んだギターサウンドとは異質な音が練りこまれている工夫が楽しい。
 そしてなんといっても歌メロのキャッチーさがキラー・フレーズの応酬で、ワタシの心はヤられてしまっています。
 しかし、そうしたフレーズをてんこ盛りにしたり、異種な音を組み込んだりするにあたっては、やっぱりサウンドがツギハキのコラージュみたいになってしまうところがあって、それがもっともっと自然な流れに感じられればパーフェクトなんですけどね。

|

« 北大路魯山人展 平塚市美術館 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/51738753

Listed below are links to weblogs that reference Vices & Virtues(Panic at the Disco):

« 北大路魯山人展 平塚市美術館 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »