« 北大路魯山人展 平塚市美術館 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »

May 22, 2011

Vices & Virtues(Panic at the Disco)

Panicatthediscovicesvirtues もうどうしても無視できないというか、ワタシの最近のヘビロテになってしまったパニック・アット・ザ・ディスコの新譜。
 エモというカテゴライズで宣伝されているように、キャッチーな歌メロと分厚いギターサウンドからなってますが、たとえばバンドネオンみたいな音であったりオルゴールの音であったりとか、歪んだギターサウンドとは異質な音が練りこまれている工夫が楽しい。
 そしてなんといっても歌メロのキャッチーさがキラー・フレーズの応酬で、ワタシの心はヤられてしまっています。
 しかし、そうしたフレーズをてんこ盛りにしたり、異種な音を組み込んだりするにあたっては、やっぱりサウンドがツギハキのコラージュみたいになってしまうところがあって、それがもっともっと自然な流れに感じられればパーフェクトなんですけどね。

|

« 北大路魯山人展 平塚市美術館 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Vices & Virtues(Panic at the Disco):

« 北大路魯山人展 平塚市美術館 | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »