« 民宿雪国(樋口毅宏) | Main | Boogie 4 Stu(Ben Waters) »

April 10, 2011

またもや意に反して

 SOMEWHEREを観に行ったつもりだったんだけど、どういうわけかラプンツェルを観てしまう。
 「塔の上のラプンツェル」ってタイトルがジブリ的で嫌。ジブリだってもう「~の~」ってタイトルから脱却してるのにね。と思っていたら、アメリカ本国では「Tangled」ってタイトルだって。もともとグリムの原作はもうちっと性的な話だったらしいが、冒険活劇風にストーリーがいじられて、そういうタイトルにしたそうな。
 活劇もプロットも面白かったけど、赤ん坊の頃から育てた母と思っていた人が実は誘拐犯で自分はプリンセスだったって分かったときに、ラプンツェルが葛藤しないのがドラマとしてもうひとつだったな。それでも製作側は予防線を張って、誘拐犯に「ワタシは悪者になるよぉ」なんて言わせてこれは勧善懲悪ドラマなんですよって但し書きみたいにしているのがちょっと面白い。

|

« 民宿雪国(樋口毅宏) | Main | Boogie 4 Stu(Ben Waters) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/51346251

Listed below are links to weblogs that reference またもや意に反して:

« 民宿雪国(樋口毅宏) | Main | Boogie 4 Stu(Ben Waters) »