« Boogie 4 Stu(Ben Waters) | Main | Rose, C'est Paris(Bettina Rheims) »

April 16, 2011

Little Barrie 恵比寿 LIQUIDROOM 2011.4.15

Litlbarie3
 Little Barrieはイギリスの3ピースのロックバンドですね。3ピースのギターバンドですとガレージ系に思われますが、ブラックミュージックが根底にあるのでノイジーな感じとはまた別のブルージーなロックで、向こうではモッズとして認識されているそうな。
 モッズだからとかガレージ系だからとかワタシはよくわかりませんが、ビンテージなギターの音色とシンプルでタイトなビート、上昇していくようなコード進行メロディーラインと、ユニセックスなボーカルがたまらなく好きで、近年のフェバリットであります。
 ファースト・アルバムからレコーディングの際のエフェクト効果を排除してビンテージ・アンプやギターの音をいかにそのまま録音するかにこだわって来たそうですが、その音もさることながら、やっぱりビートと曲、声質にしびれてしまいました。
 ここ最近は外タレのライブというとドームとか武道館とか大御所モノばっかりだったので、ライブハウスでみるのは久しぶり。うーんとミック・テイラーぶりかなぁ。
 やはし音へのコダワリなのか、出音がCDで聴くギターの音そのまんまなのがウレシイ。(口パクじゃないよ)
 ギターアンプはフェンダーのツイードが張られたみたいなビンテージで、それにカールコードが刺してありましたね。使用ギターはGIBSON ES-330トレモロ付とES-345、それに自作と言われているジャズマスターみたいなソリッドギターを曲ごとに使い分けていて、ギター好きにはたまらんです。
 ちょうどね、恵比寿の写真美術館でベッティナ・ランスの回顧展やってて、ちょいと覗いてきたんですけど、そこでなんとも妖艶な気持ちになっていたものですから、3ピースのロックンロールにダメ押しくらってなんかふらふらでした。かっちょよかったな。
 ここのところ公私ともども何だかなという気持ちだったけど、久しぶりにロックな気持ちになってきたよ。


|

« Boogie 4 Stu(Ben Waters) | Main | Rose, C'est Paris(Bettina Rheims) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Little Barrie 恵比寿 LIQUIDROOM 2011.4.15:

« Boogie 4 Stu(Ben Waters) | Main | Rose, C'est Paris(Bettina Rheims) »