« 100 Miles From Memphis(Sheryl Crow) | Main | 近況 »

October 24, 2010

百発百中 狼は走れ豚は食え、人は昼から夢を見ろ(司城 志朗,矢作 俊彦)

51ut2ydvpql 矢作俊彦と司城志朗の新作。
 前回の「犬なら普通のこと」は人が死にまくるハードな悪漢小説でしたが、今回は知能戦が主体となった犯罪小説。
 司城志朗は「爺さん探偵」とか「幼稚園生探偵」みたいな正攻法でない、どちらかというとパロディーみたいな設定が多く、今回もそんな感じで老人ホームの老人たちが立ち上がるみたいな内容。
 あいかわらずのオタッキーな知能戦は面白かったけど、あんまり感慨は涌かず。理屈っぽいエンターティメント。いくつかある伏線はそのままになっちゃって、終わってしまうし、なーんかアイデア一発のやっつけぽいぞ。
 でも、面白ければいいじゃんという姿勢とオタッキーな理屈っぽいトコロが愛すべきところで、もっとバンバンいろんなの読ませてほしいな。

|

« 100 Miles From Memphis(Sheryl Crow) | Main | 近況 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 百発百中 狼は走れ豚は食え、人は昼から夢を見ろ(司城 志朗,矢作 俊彦):

« 100 Miles From Memphis(Sheryl Crow) | Main | 近況 »