« 4月4日LIVEありがとうございました | Main | サーフ ブンガク カマクラ(ASIAN KUNG-FU GENERATION) »

April 11, 2010

涙のわけ

 かつて星野仙一だったと思うけど「スポーツ選手が泣いていいのは引退のときくらいで、あとは好かん」なんて言ってた記憶がありますが、まぁなかなか難しいですな。人間なんだし。
 マスターズ2回目の出場となった石川遼君も、予選落ちで泣いている場面をかなりの長回しで撮られていましたが、あんなに長回しの必要あったのかね?
 「悔し涙」なんてプレスでかかれてますが、アレ泣かしたの中嶋でしょ。
 確かに悔しかったんだろけど、あのインタビューを見ていて思ったのは、ひとりぼっちで戦っている重圧っていうのがあって、その部分をわかってくれる人が沢山いるんだと気がついた感動が涙につながったような気がします。たぶん中嶋の一言で遼君は気がついたんだな。それまでは本当にひとりでテンパっていたんだろうね。
 そういうのに思い当たって、ワタシももらい泣きしてましたよ。

|

« 4月4日LIVEありがとうございました | Main | サーフ ブンガク カマクラ(ASIAN KUNG-FU GENERATION) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/48058291

Listed below are links to weblogs that reference 涙のわけ:

« 4月4日LIVEありがとうございました | Main | サーフ ブンガク カマクラ(ASIAN KUNG-FU GENERATION) »