« March 2010 | Main | May 2010 »

April 29, 2010

パンの缶詰

パンの缶詰

実はずっとずっと前から気になっていた駅のホームにあるパンの缶詰の自販機。
焼きたてがそのままと言うキャッチフレーズに何か心惹かれ、話題のタネに買ってみようかと毎回足を止めてしまうが、380円はやっぱり高いだろ、駅のホームで。
駅でパン食べたくなったら、もっと色んな選択肢があるし、もっと安く出来るもんなぁ。山小屋にあるなら別なんだけど。
それでも毎回、好奇心と380円という価格との戦いを、小さく行っておるのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 24, 2010

The Fall(Norah Jones)

Norahjones_thefall もう言わずと知れたノラのアルバムですね。
 かれた声でしっとり聴かせるアルバムが爆発的に売れて一躍スターダムにのし上がったわけですが、色々音楽的に野心家なようで、覆面バンドで3ピースのガレージ・ロックみたいなEl Madmoってのを立ち上げてギター弾いてたり、けっこうオチャメな人だったんだな。そういったところの発想から今回のアルバムの形が出来上がってきたんでしょう。ギターの使い方が面白いし、ドラムの印象的なIt's Gonna Beとか大好き。結局ブルースが好きなだけかも知れませんが、、ワタシ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2010

サーフ ブンガク カマクラ(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

Surf_kamakura ああ4月だというのにすんごく寒いなぁ。皆さん風邪などひきませんように。
 さて、ずいぶん前にツタヤで借りてきて聴いていたんだけど書いていなかったネタです。アジカンのサーフブンガクカマクラ。そのままスルーしちゃおうかと思っていたんだけど、どうにも無視できなくなってしまうほど、繰り返し聴くようになってしまったんでね。
 タイトルとテーマが学生時代に暮らしていた地元なものですから、興味本位で借りてきただけだったんですけどね。最近の湘南サウンドとなりうべきものなのか?あんまり考えがまとまらなかったからスルーしてきたワケです。
 湘南サウンドってなんだろうね?そんな定義は人それぞれなわけで、どうでもいいんです。結局。
 湘南サウンドという言葉から連想するのは、古くは加山雄三のナンバーであったり、いまだに大きく君臨しているサザンオールスターズのイメージだったりするのですが、ワタシとしては現役の学生時代に仲の良かったサーファーたちが聞いていた西海岸のAORなんか聴くと、あの頃の思い出とともに134号の海岸線が脳裏に沸いてきたりするものです。
 今回のこの作品は江ノ電の駅名がそれぞれの曲についていて、藤沢から鎌倉までの上りのラインでアルバムを構成しています。地元の人間としてはワクワクしますね。
 曲調はエモと呼んでよいのでしょうか?ラウドなガサガサ感のサウンドと叙情的な詩。このラウドさがはたして湘南とマッチしているのだろうか?というのがワタシのすぐ解答を出せなかった違和感でありました。
 しかしながらラストの「鎌倉グッドバイ」はもう絶対鎌倉という土地をそのまま髣髴させるナンバーで、あの地に住んでいたワタシとしては身もだえしてしまったのでありました。なんなんだろこの感触は?いつでもそばに海がある生活感。
 そんなふうに何回も聴いているうちに、その他の楽曲のラウドなガサガサ感も、高校時代にクラスメイトがシコシコと作っていた8ミリ映画のガサガサ感に近いなぁと思うようになって、やっぱりそこに海の匂いがあるんだと気がつくようになった次第であります。
 なんかね、じんわりとそういった若かりし日の手触りを思い出してしまった作品なのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2010

涙のわけ

 かつて星野仙一だったと思うけど「スポーツ選手が泣いていいのは引退のときくらいで、あとは好かん」なんて言ってた記憶がありますが、まぁなかなか難しいですな。人間なんだし。
 マスターズ2回目の出場となった石川遼君も、予選落ちで泣いている場面をかなりの長回しで撮られていましたが、あんなに長回しの必要あったのかね?
 「悔し涙」なんてプレスでかかれてますが、アレ泣かしたの中嶋でしょ。
 確かに悔しかったんだろけど、あのインタビューを見ていて思ったのは、ひとりぼっちで戦っている重圧っていうのがあって、その部分をわかってくれる人が沢山いるんだと気がついた感動が涙につながったような気がします。たぶん中嶋の一言で遼君は気がついたんだな。それまでは本当にひとりでテンパっていたんだろうね。
 そういうのに思い当たって、ワタシももらい泣きしてましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2010

4月4日LIVEありがとうございました

 4月4日TAKE OFF 7のLIVEご来場の皆様、ありがとうございました。
 今回写真がほとんどないので、なかなか様子をお伝えできないのが残念ですが、いろいろ工夫してライブレポートをアップしたいと思います。
 ボーカルに専念した3曲とアコギ入れた3曲という構成でありましたが、今後もう少しバリエーションを増やしていけそうだなと思っております。
 今後とも宜しくお願いいたします。

 それにしても季節の変わり目で扁桃腺を再びヤってしまって、熱こそ出てないのですが、やばいムード。しばしゆっくり養生いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »