« 和風 | Main | 時代に逆行しかもしれないが »

October 15, 2009

Ocean Eyes(Owl City)

Owl_city_ocean_eyes ミソネタ州のアダム・ヤングがシコシコと作ったエレクトロなアルバム。ネットで発表していた曲が口コミで話題になりアルバムリリースしたそうな。
 テーマはジャケットからも分かるように「海・空・夢」という感じで、シンセでどこまでも気持ちの良い音を追求する姿勢が感じられる。当然メロディーラインもキャッチーだしボーカルのトーンもウケそうで、ドライブがてらダラダラ流すのによさげ。
 でも一回聴いた限りでは「おお、気持ちの良い音を出すねぇ」と記憶に残っても、曲としての記憶に残らなかったなぁ。ワタシとしては何処かに引っかかりのある(違和感のある)主張がないとのめり込めないのだろうな。全てがキレイすぎるからな。だからPrinceみたいなのは好きなんだけどね。
 こういう大多数が好みそうな音を研究して作るのが産業ロックっていうのかな?しかしアダム・ヤング君は「売ってやる」というヤマっ気よりは寧ろ、如何に生理的に気持ちの良いものをエレクトロで作るかに全身全霊をかけているように窺えて、好感度がある。

|

« 和風 | Main | 時代に逆行しかもしれないが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Ocean Eyes(Owl City):

« 和風 | Main | 時代に逆行しかもしれないが »