« シャンブル(ユニコーン) | Main | GW鎌倉 »

May 03, 2009

君を呼んだのに

 バイクを飛ばしても
 どこへも帰れない
 バイクを飛ばしても
 帰り続けるだけのぼくらは
 寄り道をしてるんだ
           -君を呼んだのに-


 彼のロックは反逆だった
 彼は今ここに居る事への違和感と
 それに抗いつつ見つけた
 小さな幸せについて
 歌い続けていた
 どこへ帰るというのか
 どこへ帰っていったのか
 寄り道は楽しかったろうか
 ぼくらは置いてけぼりをくったのか

 アルバムBEAT POPSに収められている名曲「君を呼んだのに」に呼応するように、彼の僚友である仲井戸麗市が「ああ、早く帰りてぇ」と歌っている。でも、ここで生きていくしかないんだ!というパワフルなメッセージが聴こえてくるようだった。
 そう、ぼくらはぼくらの道を帰りつづけるしかない。
 大好きな歌をうたいながら。


 離れて分かったことがある
 ・・・
 忘れるなんてできっこない
 誰にも
           -SUMMER TOUR-

 忌野清志郎氏のご冥福をお祈りいたします


|

« シャンブル(ユニコーン) | Main | GW鎌倉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/44882513

Listed below are links to weblogs that reference 君を呼んだのに:

« シャンブル(ユニコーン) | Main | GW鎌倉 »