« March 2009 | Main | May 2009 »

April 30, 2009

シャンブル(ユニコーン)

7andy_r0394832 悪かろうはずがない作品なのであんまりコメントも出ないのですが、奥田民夫のなんともルートに戻そうとしないメロディーは、ちょいとあざとい感じがして、ワタシ元々あんまり好まないトコロなのです。
 しかしまぁジャケットとかブックレットとかの少しハズした写真の感じが、彼らの生き方なんでしょうね。全員横山やすしには笑ってしまうのでした。
 「水の戯れ」っていう曲は良いですね。詩が凄くエンプティーで、想像力が掻き立てられます。何も主張してない浮遊感があの詩に感じられて、クセになっております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2009

青春ってなんだ

 このCM好き。
 最後の「ガキィーッ!」ってのが良いね。そうそうそれが青春って感じ。
 多分あの言葉は相手の男の子だけじゃなくて、自分にも言ってるんだよな。
 オトナになりたくて、それでもまだまだ自分は子供だっていうジレンマにいらついたりすることこそが「青春」だって思うのです。
 異性に恋焦がれたり、夕陽に向かって叫んだりするのは、こんなオッサンでも出来るのよ。
 「俺なんかまだまだ青春だよ」なんて本当の本気で言ってるオッサンは勘違いも甚だしくてヤだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2009

スラムドッグ$ミリオネア

99c5597e ご存知、本年度アカデミー賞のインド映画。
 冒頭のスラム街を駆け回る少年達の映像と音楽がすごく良くって、観に来てよかったと思いました。
 原作は前にこのblogで五つ星をつけた「 ぼくと1ルピーの神様」。面白いコトはわかってるから、映像化されてどんなか楽しみだったのです。
 結果、映像作品として面白かったけど、期待しすぎてた自分がいて、ちょっと物足りない感じ。
 ストーリーが原作と少し変えてあるからね。何故クイズ番組に出たのかという動機が原作ではもっと衝撃的なもので、それがカタルシスを生んだんですが、映画のストーリーは少し弱かったなぁ。初めて観た人はどう思ったか聞いてみたいです。
 映画を観て面白かったと思った方は、是非原作も読んでみて下さい。
 原作を映画が越えるってのは、大昔から大変なコトなんだけどね。これはこれで頑張っていたと思います。

 しかし、インドの映画は必ず出演者みんなが踊りだすってのは、本当だったんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2009

この間からこんなんばっかですが

Ca390148

 先日の国立博物館での阿修羅展で注文していたフィギュアが届く。
 初日で完売していたんだけど、一人一個限定で注文してくれたのです。
 身長12センチの素晴らしい出来。大満足。携帯のカメラなので写真は今ひとつですが。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2009

ハワイアンズ

Ca390147

 先日、ワタシが幹事をやって福島のハワイアンズへ行ってきました。
 写っているのは行った時の仲間。ニヤけた顔つきに見えるのは、照れているんでしょうね。
 こうした車椅子のヒトと行動していると、何気なく行動している街や施設の中でも、如何に段差がそこかしこにあって、苦労するんだということに、あらためて気がつきます。
 けど、ハワイアンズは立派にバリアフリーの作りになっていて、助かりましたね。
 また行きたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2009

写真集 鎌倉の森 台峯(関戸 勇)

Coverdaimine 1964年、鎌倉の鶴岡八幡宮の裏山である「御谷(おやつ)の森」に宅地開発がもち上がった際、大佛次郎が中心となって市民が募金活動に取り組み、寄付金900万円を集めて環境をそのまま残したというハナシがある。これが日本で初めて実現したナショナルトラスト運動(貴重な歴史的自然環境を市民が買い上げる)だそうである。
 64年といえば東京オリンピックが行われ、新幹線、首都高が整備される高度成長期。今のようにエコとかそんなこと微塵もない時代かと思っていたのですが、いつの時代も人の心の帰る所は同じなのかも知れないと思います。
 さて1998年、再び鎌倉の地でナショナルトラスト運動が起こりました。それがこの写真集の「台峯」という土地。保護が決まったそうです。
 写真は絶景であったりすることも無く、なーんでもない山の風景でありますが、社会人になるまで鎌倉の街で過ごしたワタシの原風景なんです。コレ。ああ懐かしいなぁ。カワセミはワタシの家の近くでは見かけませんでしたが・・。
 コレ見て一個びっくりしたのは、多分人もあまり訪れることの無いような山の上の池が写っているのですが、その水面に巨大なブラックバスの魚影が沢山映っていたことです。
 あんな外来種、だれかが放流しないとこんなところにいないはずなんだけどね。しかも本当にでっかい。
 なんだかそっちの生命力の方が恐ろしく神秘的に思えて、考え込んでしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2009

Unplugged...and Seated(Rod Stewart)

Rod_stewartunplugged_and_seatedfron このアルバムも、もうかれこれ10年経っちゃってるのか。ロッドのアンプラグドですね。名盤だと思います。演奏はCDで聴くとちょっと荒いかな?
 ご存知MTVで放映されビデオとCD同時発売と言われていたのですが、どういうわけだかCDのみの発売になってしまったんだよね。当時は。どうしても観たくって結局、西新宿でビデオ入手してしまっていたワタシでしたが。
 それが今年のロッドのアルバム再発に合わせて、なんとDVDとカップリングでリリースされたと。初DVD化で日本語字幕だってついている正規盤。
 ロニーとの共演がいいよねぇ。良いギターを弾いている。ロニーは。
 その当時はストーンズのライブ演奏でも良い所の無かったロニーだったので、この映像見てワタシの友人達も「ロニーってギター上手かったんじゃん」とゆっておりました。
 なんにせよ良いライブだったと思います。観てなかった人は必見。
 ちなみにワタシの持っていたビデオでラストの「HAVING PARTY」は、エンドロールのバックミュージックとしてかかっていただけでしたが、このDVDはしっかり最後まで映像がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 07, 2009

九条館の瓦屋根

Sakura_kawara

 東京国立博物館には季節限定で開放する庭園があります。
 この庭園に茶室が点在していて、申し込みをすれば使わせてくれると、お茶をやっている知り合いに聞きました。ふーん。
 写真は先日の阿修羅展に行ったときに撮った、庭園の風景。九条館の屋根と桜。
 瓦が静謐なムードを醸し出しておりますが、実は見学のおっさんおばちゃんがゾロゾロ。

-CONTAX T3 上野-


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2009

国宝 阿修羅展

Ca390141 花咲く上野のお山に阿修羅像のご尊顔を拝見しに行って参りました。
 随分前から楽しみにしていたのですが、ファンクラブが出来ているのは入会締め切ってから知ったので、残念ながら入会出来なかったよ。開館時間外に会員だけで見学出来るっていう特典がなんともうらやましい。
 朝から行って40分待ちという行列でしたが、そんなにストレスは感じなかったな。それにしても阿修羅含めそれ以外の八部衆も、表情のなんと素晴らしいことか。
 散々あちこちで語られているでしょうが、この興福寺の阿修羅像は異形の仏像でありながら、なんとも人間臭い表情をもっているところが堪りませんね。仏像というとアルカイック・スマイルや憤怒の仁王像に代表されるように、記号的に表情をデフォルメされているのが一般的だと思うのですが、このヒトの憂いを含んだこの表情たるやどうしちゃったコトなんでしょうね。正面の顔は涙ためているように見えるし、向かって左側の顔なんて唇噛んでるのよ。凄いねぇ。天平人おそるべし。
 阿修羅像は他の八部衆とは別の部屋に一人で展示されていたのですが、その部屋の緊張感もハンパなかったですわ。あのヒトひとりで正しく部屋の空気を制圧してしまっているのでした。やぁ、ビンビンきた。
 上野のお山は桜満開で、ごった返す人を尻目に、みはしのあんみつをお土産に買ってそそくさと帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »