« January 2009 | Main | March 2009 »

February 22, 2009

J・ベック/E・クラプトン さいたまスーパーアリーナ 2009.2.21

 それぞれのソロは今回行きたいと思ってなかったけど、お祭り好きのサガです。しょうがないですね。遥々さいたままで足を延ばしました。遠かったよ、ウチから。。
 ベック1時間、クラプトン1時間、セッションで30分くらいだったか。入れ替え休憩入れて17時から始まって20時終演というプログラムでした。各々のバンドでてんでにやって、最後にファーザー・オン・アップ・ザ・ロード1曲で済まされるんじゃないかと勘ぐっていたので、セッションでそこそこ曲やってくれたのは嬉しかったですね。
 ベックは肩の力が抜けている感じで良い音でした。期待の小柄で華奢な若いベースのおねーちゃん(TAL WILKENFELD)は、ベックより歓声を浴びていたぞ。なかなかのテクニシャン。
 ベックバンドは今回のツアーでもやっているらしいA DAY IN THE LIFEで大喝采であったけど、全体的になんだか手数は多いがグルーヴはもうひとつだった印象ですね。エイトとかの曲は悪くないんだけど。。タイコとベースの相性が悪いんじゃないだろか?
 クラプトン・バンドは流石の風格。一曲目はクラプトンがひとりでアコギ引き語り、続けてレイラのアコバージョン。ベックがギンギンに弾いた後でのそんなセットを、風格と言わずになんというか。
 タイコのABE LABORIEL JRって人が凄かった。コカインのキーボードソロのバックで大した手数でないんだけど、物凄いグルーヴが出てて、あれは今日の見ものだったと思います。
 そういう流れで観てきたので、セッションのメンバーはクラプトン・バンド+ベックという構成に納得。みんな前を向かずにお互いを見ながら演奏している感じに笑みがこぼれる。当日リハのみだったのかなぁと。
 ベックもクラプトンもガンガンせめぎ合っておりましたね。こうやって同時に二人のギターを聴き比べると、クラプトンのギターの方が歪んでるのね。音色はベックの方が好き。
 悲しみの恋人達もレイラもクロスロードもそれぞれのバンドでやっちゃってるので、アンコールはどんなので来るのかと思っていたら、スライ・アンド・ザ・ファミリーストーンのI WANT TO TAKE YOU HIGHER。これも凄いグルーヴ出てたねぇ。欲を言えばきりがないけど、やっとセッションが暖まった頃に終了はもったいない。まぁそれでも、最初に言ったように、1曲で済まされなかったのを良しとするべし。
 さてこうして最後まで観て、ベックはギター職人であるという万人の認識があるけど、クラプトンはエンターティナーという側面を大事にしようとしているんだなぁと思ったのでありました。
 バンドやセットの構成はクラプトンの方が考え抜かれていたように思ったんですけど、共演に関して言えば、どういうわけだか今回、クラプトンの方が肩に力が入っちゃっていたような気がします。ベックの方が楽しそうに演ってたんじゃないだろか?緊張してたのかな?エリックさん。
 二人の共演はもう一回あります。あしたは、どんなことになるんでしょうね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2009

Already Free(The Derek Trucks Band)

51ut7qo8evl_ss500_ デレク・トラックスって若いヤツがとにかく凄いんだというハナシを聞いたのはウチのバンドのギターからで、それから程なくしてクラプトンの来日メンバーとして来てからは、もうワタシの周り中「ありゃ凄い」の嵐となりました、そのデレク・トラックスです。
 来日公演観てないんだよなぁ。観ておけばよかった。。これを聴いてホントにそう思うわ。
 子供の頃にディアン・オールマンからスライドの教えを受けたといってますが、そのまんまデレク・アンド・ドミノスから名前をもらっているそうです。オールマン・ブラザースの家系なんですね。
 で、楽曲は期待通りのサウンド。今回意外とキャッチーで大好きですね。そんなに土臭くないblues。ゴスペルっぽいのかな。
 いっこだけ難点を言うなら、ボーカルがこういうバンドにしては腹から声を出してないように聴こえて、あんまりだなぁ。でも慣れてきたけど。
 必聴盤でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2009

GET STONED(土屋公平)

Get_stoned タイトルに偽りなしの蘭丸色全開アルバム。サイケにファンキーにキメてます。
 こういうサウンドを作る人って今の日本に居そうで居ないねぇ。だからこそなのか、大御所っぽい雰囲気が出てきてますね。多数のゲストは賛同者ということなのでしょう。
 くしくもタイトルチューンのGET STONEDはチャボとのコラボだけど、麗蘭と比べると土屋公平色を100%にしてあっておもしろい。
 チャーも楽しそうに歌ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2009

サドル猫

Bikecat
 日の当たるバイクのサドルは暖かいんでしょうね。
 江ノ島は猫アイランド。猫はこの島に捨てられているんだそうだ。困った現状である。
 また、観光客が餌をやるものだから、太ったやつらが多い。

 写真は一ヶ月くらい前に初詣に来たときのもので直接関係ないのですが、11日は友人集めてこの島で大宴会を行いました。
 お店のロケーションも料理も評判が良かったので、うれしかったです。魚見亭さんありがとう。
 それにしても呑んだなぁ。

-ROLLIE35S 江ノ島-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2009

Twelve

12_image

 タイトルそのままですが、団地の壁の質感が異次元ぽくみえたので・・・

-ROLLIE 35S 平塚-


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2009

オットセイの首振り人形

Chappiekun お店で見かけたオットセイの首振り人形を大変気に入って購入。
 箱から取り出すと、エアパッキンに包まれた姿がこれまたラブリーだったので携帯でパチリ。
 あんまり可愛いので女の子に見せたら、首の振り方があまりにもリアルなので、大変気味悪がっていた。。。。
Ca390127


| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 01, 2009

ねこじゃらしで空に落書き

Koharubiyori2

 ローライ35を久しぶりに使う。
 逆光気味で冬のねこじゃらし。見事に空の青がグラデーションを作る。

 プリントの方が更に綺麗なのに残念。もっと良いスキャナが欲しいが、最近色んなものが壊れてそれどころじゃない。スーツは擦り切れて破れるわ、CDデッキはCDを読み込めなくなるわ・・・。

-ROLLEI35S 平塚-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »