« 「ミック・ジャガー。お前は何者だ?」 映画 SHINE A LIGHT | Main | I Started Out with Nothin and I Still Got Most of It Left(Seasick Steve) »

December 25, 2008

立川談志「落語のピン」セレクション Vol.1

51mkocyzml_ss500__2 随分更新を空けてしまいました。
 神経をすり減らす様なことはないのですが、公私ともども師走という具合でありまして、メンバーの私的な都合により、バンドも一休止なんですが、休みの日でもなんやかやと夜が遅いと。
 ま、それでもストレス溜めてないのです。PCに向かわずに、DVDなんか見たりして。
 
 談志師匠のDVDはラッシュという感じでいくつか出ましたが、これは必見。落語のピン。ついに出た!
 天才・異端児の名前を欲しいままとし、正しく怖いものがなくなってしまっているこの時期の映像。しかもテレビ番組で野心的なコトに挑戦しております。
 実は、テレビでやっていたこの番組はビデオに全部録ってあったんだよな。オレ。ちょっと編集ミスでオチのところだけ切れたりしてたんだけど、完全版で出てますね。
 この番組は小朝や三枝、志らく、志の輔なんかがレギュラーで出ていて、そっちも大変面白かったのを覚えています。
 今まとめて観ると、「ああ、そういうことだったんだ!」と談志師匠の狙っていたことが、改めてわかる気がしますね。
 この番組での実験のひとつに、落語を映像化する上でのカメラ配置というのがあるのですが、初回は全く機能していなかったのが、だんだんカメラワークと息があってくるのが、連続で見ているとわかってきて、大変興味深いです。
 まくらだけでも、まとめてみると、談志師匠の主張や感情が突き刺さって来る感じが良いです。
 これまで出ていた「ひとり会」の映像より、談志を知る上ではよい作品ではないでしょうか?
 マニアックな客ばかりの回と、それほど談志を知らない客が多いときの回、それぞれでの空気のつかみ方、演じ方。そういったものが、体感できると思うんです。
 是非見てもらいたいですね。

|

« 「ミック・ジャガー。お前は何者だ?」 映画 SHINE A LIGHT | Main | I Started Out with Nothin and I Still Got Most of It Left(Seasick Steve) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/43528877

Listed below are links to weblogs that reference 立川談志「落語のピン」セレクション Vol.1:

« 「ミック・ジャガー。お前は何者だ?」 映画 SHINE A LIGHT | Main | I Started Out with Nothin and I Still Got Most of It Left(Seasick Steve) »