« 人物スナップ | Main | Maestro(Taj Mahal) »

November 26, 2008

CHINESE DEMOCRACY(GUNS N' ROSES)

Chinese_democracy ガンズン・ローゼズはワタシからするとスラッシュが離れるより前、イジー・ストラドリンが抜けた時点で終わっていると思っていて、アクセルにも思い入れが無いし、新譜が出ると言っても特に気にも留めてなかった。
 製作期間14年、費用14億円で14曲というキャッチ・コピーはまぁギャグなんだろうけど、同じ考えで言うならワタシだって小学生の時に初めてスケボーをやって、それから5回くらいしか乗ったことは無いにもかかわらず、スケート・ボード歴30年以上だと言うコトができるぞ。
 ゲフィンが偉かったのは、そうしたお金と月日を捨ててしまわなかったコトだ。そのままお蔵入りさせたら単なる捨て金で終わってしまう。
 どっこい暇なのも手伝ってかこの新譜、試聴してみたら結構イイ。で、買ってみて通しで聴いたらめちゃくちゃイイじゃん。ゲフィンのアクセル・ローズへの信頼はサププライムローンとは比べ物にならなくらい強固なものだったのかな。そりゃ捨てるわけがない。
 ギターやピアノの音が凄く良い。バラエティーに富んだアレンジの楽曲が並んで、ホント好き放題やった感じ。
 今こういうアルバムを創れるのは、ヒップ・ホップの人か少女アイドル歌手のプロジェクトくらいだろうと思っていたが、やりましたねぇ。
 もそっと聴きこんでみます。

|

« 人物スナップ | Main | Maestro(Taj Mahal) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CHINESE DEMOCRACY(GUNS N' ROSES):

« 人物スナップ | Main | Maestro(Taj Mahal) »