« September 2008 | Main | November 2008 »

October 25, 2008

オフィーリア!

 アートな季節ということで、仏像特集やってたジイさん雑誌のバックナンバー(といっても8月に発売されたサライね)買って来て、「そういえば来年は東京に興福寺の阿修羅が来るんだよなぁ。行きたいなぁ」なんてのんびり読んでたら、目にとまったのはBnkamuraでやっているというミレイの回顧展。「オフィーリア」が来ているという。なんと10月26日まで!!これはイカン!行かんとイカン!のんびりしている場合ではない。
 雑誌やら何やらで予てから目が吸い寄せられていた絵画。イギリスのテート美術館のオフィーリアである。
 やっぱり凄い。人だかりも凄かったけど、それは皆そこで足を止めたら動けなくなってしまったからかも知れない。
 不吉なほど美しい。
 発狂して泉で死んだクダンのヒロインであり、死のイメージは当たり前の様に持っているが、死を連想させる他者のものとは違う。死した事による美が勝っている。なによりそれが不吉なのだが。
 まさしくガードルード曰く、人魚のように・・・水に生い水になずんだ生き物さながら。
 夏目漱石は単に、溺死した人をモチーフにして如何に美しいものを表現したかという捉え方でこの作品を語っているが、発想が逆である。死した瞬間が美しいのだ。
 他者の死を連想させるモノは、エロ・グロだったり何か漠然たる恐怖が存在するが、何故かここにはそれがない。死が恐怖を超えて美に昇華している。それがワタシのいう不吉たる所以である。それでもオフィーリアの表情には何とも言えぬ気持ちにさせるものがありますが。あれは恍惚なのか?

 堪能させていただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 22, 2008

信長の棺(加藤 廣)

51spoa22xfl_ss500_ 新たな解釈を基にした歴史小説。テレビでドラマ化されたそうだが、それは見てない。
 「信長公記」を書いた太田和泉守を主人公にして、信長の遺体は何処に行ったか?を探るミステリーという形式の小説である。
 ワタシがこれまで読んできた日本の歴史小説は、主人公が戦国武将だったり剣豪だったり忍者だったりなので、この主人公の設定は極めて地味な印象。しかも中盤まで謎解きの展開は遅く、慣れぬ人はタルいと思うかも知れませんが、ちょっとづつ分かる真相のカケラにワタシの読書スピードはアップしました。
 しかしなんと、最後は全てを知る者が現れそこで全て真相が語られるというオチは、ちょっとガッカリ。
 中盤くらいからの、主人公の物書きとしての葛藤が描かれてくるトコロは、面白かったんだけどね。
 本能寺の事件については、色々な考察でいろんな読み物が出ている中、この本の解釈も驚く程のものはないですが、色々調べ上げられている点と、主人公が謎解きをしていくというプロットは見るべき点があると思います。
 でもエンタメとしてはもうひとつだったな。なんか新しい解釈の時代モノが読みたいとおもうなら、意外性とかエンタメ性を追求して尚且つ本当なんじゃないだろうか?と思わせる隆 慶一郎を断然オススメいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2008

日本丸

Ykohamanihon

 だいたい仕事が落ち着き、のんびり出来ることが多くなりました。
 夏休みも取らなかったので、なんだか知らぬ間に秋であります。
 こんな季節、ワタシはアート系のモードに走るのですが、写真の出来はまだまだですね。

 関係ないですが先日、知人の還暦ライブを渋谷に観に行きました。
 「老いて益々盛ん」というより、歳とってないよあの方は。どうなっているんだろう?
 ステージはゲストも含めて4つあって、ジャズからパンクまで・・AS TIME GOES BYから始まって、ランナウェイズのチェリー・ボンブで締めくくるという彼の全てを堪能した日でありました。
 70歳になったら又やると申されておりましたが、流石にガードル・網タイツはもうやらないとのこと。それは残念。
 いつまでもパワフルにいて頂きたいです。いまおかさん。奥さんもお大事に

-ROLLIE 35S 横浜-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 14, 2008

ゲット スマート

Getsmart メル・ブルックスが原作の「それいけスマート」
 喜劇は昔から主人公・笑わせる人が笑わないのが基本。スティーブ・カレルはハマリ役。普通に面白い。
 オースティン・パワーズとかがもうひとつだと思うのは、笑わせる人が自分で笑うからなんだと思うな。ま、個人的な意見ですが。
 笑う喜劇俳優というと植木等がいましたが、無責任シリーズの映画で彼はヒーローとして描かれていて、笑わす役回りの人は、彼に振り回される人たちなんだよね。ソコが違う。エディー・マーフィーとかもその系列。
 そうは言っても今回のスマートはヒーローなんですね。誠実な人だと描かれているから感情移入もできる。
 ミスター・ビーンよりは好き。あれは誠実じゃないから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2008

Way to Normal(Ben Folds)

Waytonormal_2 ソロ名義の新作でありますが、前作よりバンドっぽくてビートがあってお気に入り。良いですね。バンドの頃みたいにベースのソロもあったりして。とにかくビートが堪らないし、すっとぼけた感じで歌う声がいい。
 ベン・フォールズは一時期パンクみたいないわれ方をしておりましたが、歌詞がホントに等身大のなんでもないコト言ってるからなのかな。日本でやったらコミックバンドっぽく言われるんだろうか。むかーしの爆風スランプみたいに。
 タイトルはなんて訳すのかね?普通のやり方?普通の生き方?
 その実、このタイトルナンバーは、等身大のこと言っているようでいて、痛烈な批判がある。
 普通にその日その日を生きて、そのことを噛み締めることで、メッセージは伝わるんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2008

使い方を忘れて・・

35cosmos1
 やっと戻ってきたローライ35で写真を撮ってみる。
 曇り空だったので、ハイキーな感じでどうだろうと思って色々やったが、出来上がったモノを見てみて、「ツァイスは絞れば絞るほど良い色が出るんだった」ということに気がつく。
 ガツガツ撮るんじゃなくて、天気の良いのんびりした日に使うのが、一番ということだ。

-ROOLEI 35S 平塚-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2008

ACTIVITY CENTER(TAHITI 80)

Activity_center おフランスのバンドタヒチ80の4枚目のアルバム。
 英語で歌っているロックバンドでありますが、短調の使い方の加減やたまに入るラテンのリズムのバランスが日本人の感覚にフィットしていて、とーてもPOPでオサレ。
 ワタシ好みのロックバンドっちゅったら、もちっとヒリヒリした緊張感のあるサウンドなんですが、たまにはこういうのもアリかな。
 ふーん、こういうやり方もあるのか・・と、勉強がてら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »