« 崖の上のポニョ | Main | 土曜日のアレを観て(ほぼ私信) »

July 22, 2008

バットマンを観なおす

Img1297d6b5zikazj 3連休はゆっくり映画もみたし、dvdを借りたり本を読んだりでした。dvdは観ていなかったバットマンビギンズ。(本は今度書きます)
 「またバットマンなのかよ」とバカにして公開当時足を向けなかったのですが、予告編で観たダークナイトのヒース・レジャーの気合入りっぷりに衝撃をうけたのがきっかけ。
 ヒース・レジャーといえばアカデミー賞候補にまでなって、これから凄いことになっていくのかと思いきや、先日若くして他界と、すでに松田優作のような伝説となっており、「まぁ話題豊富だから売れるだろうな」くらいの斜に構えた見方しかしなかったワタシですが、予告編だけでノック・アウトされた次第。このポスターも凄いよねぇ。
 これは8月の公開に観に行かなきゃならんわと思いつつ、前作のビギンズを観ておこうとなったわけです。
 結果、ビギンズは良かったですね。よく言っている「アメリカの正義」をどう思うかという苦悩に満ちていて、荒唐無稽なコミックでありつつも、訴えかけるものを持っている。泣けはしなかったけど。
 そういう苦悩が逆に健康的だなぁと感じたものでした。
 そのまた前シリーズのティム・バートン物は結局おとぎばなしに帰結してるところがあって、当然おとぎばなしにだって訴えかけるものはあるんだけど、今シリーズのように真摯に訴えはしていなかったのではないでしょうか。
 次回作ヒース・レジャーのジョーカー登場で、さらにシリアスになりそう。そのくせキャッチフレーズが「WHY SO SERIOUS?」なんだよな。

 まったくハナシは別にそれて、ヒースといえば吉田秋生の「カリフォルニア物語」を連想してしまうのですが、ヒース・レジャーのヒースという名前も「嵐が丘」から取られたんだそうな。

|

« 崖の上のポニョ | Main | 土曜日のアレを観て(ほぼ私信) »

Comments

ヒースといえば吉田秋生の「カリフォルニア物語」ですが、吉田秋生といえば「夢見る頃を過ぎても」ですよね~。だからどうというわけではないですけど…。

Posted by: 菊川鈴音 | July 25, 2008 12:31 PM

>菊川鈴音さん
ミルクハウスの方でしょうかw
楽園のあっちもこっちもいいですが、
川よりも長くゆるやかに
がいいなぁ

Posted by: BARI | July 25, 2008 11:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バットマンを観なおす:

» ダークナイト [PresidentGas_blog]
凄まじいまでの評判の高さにつられて先日見てきました、映画「ダークナイト」。 20時15分からの最終回で、外は雷雨。 この映画を見る絶好のシチュエーション(実は「暗黒の夜」ではなくて「暗黒の騎士」だったんだが)。 まず脚本がイイ。 バットマンと熱血検事(←のちにモンスター化)とヒロインの三角関係の物語だと、暗くて陰鬱。 バットマン対ジョーカーの物語だけだと薄っぺらくなりそう。 この2つをうまく融合さ... [Read More]

Tracked on August 31, 2008 09:12 PM

« 崖の上のポニョ | Main | 土曜日のアレを観て(ほぼ私信) »