« May 2008 | Main | July 2008 »

June 30, 2008

侍黒伍live 7/13 高円寺CLUB ROOTS

Peanutsdoll2 少し前のLIVEに来ていただいた方に、「BARIさんの曲って意外と硬派な曲が多いんですね」と言われて、なんというか虚を突かれた想いの様なものを感じた。
 酒呑んで馬鹿馬鹿しいことで笑ったり、ボヤいて笑われたりという、普段の生活を等身大に描くような曲は確かに数少なかったね。
 昔は「恋のピーナッツ人形」なんて、若さ故の勢いだけのパワーでコミカルな曲を作り演ったものだったが、そういえば最近そんなの作ってないねぇ。
 決してキライでないんです。でもね、きっと笑ってもらったりする自信がないんだね。最近。ペーソスに欠けてしまったんでしょうか?ああいうの面白くやるのって、カッコイイよねぇ。羨ましいんです。
 自分で上手く出来ないけど「お笑い」とコラボとかやってみたいんだよなぁ。いつか。

 さてボヤキはこのくらいにして前々から告知していたLIVEのお知らせです。

 7/13(日曜日) 高円寺CLUB ROOTS
 PM8時過ぎくらいから登場の予定

 残念ながら今回も硬派でいきます。よろしくね。


 写真は遠い昔。ピーナッツダンサーズ(笑)とのステージ写真。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2008

PS3の毎日

Mtagslid4 ブルーレイとかdvd観るのに使おうと買ったPS3ですが、お試しで買ってみようと思ったゲームが文字通りのキラー・チューンで殺られたワケですよ、ワタシ。「龍が如く 見参」と「メタルギアソリッド4」ね。
 ハイビジョンTVに繋げると鮮明な画像にショックを受けました。で、まさしく自分が参加している映画となるワケですね。
 「メタルギアソリッド4」なんてブルーレイですからねぇ。その映像と音とシステムのアイデアに感心しまくり、戦場に放り込まれながら人をいかに殺さないかというゲーム目的も面白く、ハマっていたのです。
 任天堂が純粋にゲームを楽しむのに特化するものだとすると、PS3は映像を楽しみ参加するエンターティメントに特化してるんでしょうね。
 しかし映画手法で練られた「メタルギアソリッド4」が本当の映画だったら、ワタシは寝てるでしょう。まるで押井守のような理屈っぽさは我慢できるんだけど、登場人物のセリフのトーンが全部同じなんだもん。明らかに一人の人が書いた論旨をそれぞれの人が読んでいるようにしか聞こえない。セリフ回しや思想がキャラ毎に創られてないから、なーんかハナにつくんだよなぁ。ゲーム自体は面白いのに。
20080302_337430 そこへいくと「龍が如く 見参」は荒唐無稽にして突き抜けた感があって、エンディングを迎えたときは感動がありましたね。宮本武蔵が色街で御用聞きみたいな事をやるって設定だけでも面白かったもん。

 ふたつのでっかいタイトルを終わられて、やっとワタシにも日常が戻ってきたと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2008

The Very Best of Supertramp

B00000749209lzzzzzzz SHM-CDのリマスターベストアルバムがバンバン出てますね。マニアックなヒトをターゲットにしてるというよりは、多くの人に手にとって貰いたいという意図からか、リリースは名盤というより、ベストアルバムに絞られているようです。そうなると、ワタシの方としては、逆に手が出しづらいんだよなぁ。聴いたことがないものを買うってんならいいんだけど、どちらかというと、あの名盤をもっと良い音で聴いてみたいという気持ちでSHM-CD買うからねぇ。
 色々聴いてみたけど、いまのところのオススメはスタイル・カウンシルのベストとボブ・マーリーのベストかな。

 で、今回はスーパートランプを持ち出してみました。好きでしたね。キャッチーでポップなメロディーラインが印象的な英国プログレバンドなのですが、一発屋的な印象で日本ではほとんど評価されてなかったのではないでしょうか?
 たしかにブレックファースト・イン・アメリカのスマッシュ・ヒットだけが印象的なんですが、インテリジェンス漂う歌とメロディーは深いモノを感じたもので、「危機への招待」というアルバムはワタシの10本の指に入るフェバリット・アルバムでありました。
 このベストアルバムのジャケットとか酷いよねぇ。ユーモアですらないもん。彼らの印象的なジャケットの部分を組み合わせただけのヤッツケデザイン。ださださ。
 またライナーが酷いんだ。年表みたいなものが書いてあるだけ。愛情のカケラもない。どうしてこんなに評価が低いのかも理解できないので、ワタシもただただ憤るばかりですが、1曲でも良い音で聴いてみたくて買いました。
 色々調べていたら、8月辺りに紙ジャケ仕様のオリジナル・アルバムが再発されるようで、それがSHM-CDであることを祈りつつ、楽しみに待ちたいと思います。
 そういえば、ツェッペリンも大々的にSHM-CDにてオリジナル・アルバムを再発というニュースがあり、予約をいれていたんだけど、先日、発売中止になったと連絡がありました。なんで??オトナの事情?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2008

特製エアギター

Ca390082_2 当たり年である。
 入院したり、骨にヒビが入ったりと良くないこともあったが、いくつか懸賞が当たったりする。人生捨てたモンじゃない。
 これは濃い味で有名なプリングルズ(最後は「ズ」と濁るのが正式名称だそうだ)のプレゼントが当たったもの。本日届いた。
 じつは応募したのも忘れていたのだが、先日当選の旨のメールがあり賞品は「特製エアギター」って書いてあったのを見て、小粋なジョークなんだと理解していたのだ(だって「エアギター」って言われたら実体が無いと思うじゃん)。本当に送られてくるとは・・。
 ネックのボタンがコードになっていて、赤外線で右手のピッキングを感知して音を出します。
 なんだか実際に楽器として使えそうじゃんと思ったんですが、弦に実体がないので思ったタイミングで音を出すのにコツがいるのと、コードボタンがCから順番に縦に並んでいるんで、運指がメチャクチャ難しいよぉ。せめてトニック・ドミナント・サブドミナントが3個づつ並んでくれてればなぁ。しっかりOUTPUTのジャックもついているから、次回のLIVEに使ったのに・・・なんてココロにも無いことを言ってみたりして・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 14, 2008

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

Indianaj 朝のはよからドクター・ジョーンズの最新作先行上映を観に行く。
 みんな待ってたカラっと楽しい娯楽大作。ジェット・コースター・ムービーは確かに楽しかったけど、ジェット・コースターなだけで、考古学の謎解きの楽しさが薄れているのが残念。
 シリーズでは一番最初のが一番面白かったと思うな。
 そういえば今回ちょこっとだけ出てきてたね、初回の「聖櫃」。そういった遊びは今回も満載だった。

 さて、ドクター・ジョーンズはその冒険を若い世代に託してこれで引退か?と思いきや、まだまだあの帽子を譲らないあたり、これからも冒険を続ける気満々なのでしょうね。でも原子爆弾で生きているってぇのは、日本ではシャレにならん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2008

へうげ十作 今焼が届く

Hakosugata

 モーニング連載中のマンガ「へうげもの」が好きだと予てから書いていましたが、先日単行本についていた応募券での懸賞に当選し、今焼が届きました。どしぇー、嬉しい!!この箱、ワクワクしますね。

Timeaftertime 中から現れたのは、眩しい白の椀。ケータイのカメラ写真じゃしょぼいので、詳細はリンク先を参照ください。
へうげもの official blog : vol.333 〈へうげ十作〉ロダンなうつわ・横山拓也の白皹碗
 確かに、使うには均整のとれていない形でありますが、なんとも朴訥な姿と白地に美しい貫入(釉薬に入っているヒビ)が気に入りました。
 大事にしたいと思います。

 連載中の「へうげもの」も利休の晩年期でまたひとつの山場を迎えており、目が離せないよぉ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2008

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館

51adqumlkal_ss500_ すごいですね、キョーシロー。「完全復活」ってオーバー目に言ってるのかと思ってましたが、往年の彼そのまま。年だっていってるのに、なんとまぁ。
 ドキュメント仕立ての映像かと思ってましたが、特典映像をも含めてliveに特化した内容に見ごたえアリ。
 オープニングは自分で撮影したとされるスナップが、病床の坊主アタマの頃から連続して流れ、どんどんロックン・ローラーになっていくというイメージ画像。そして武道館のライブ。
 MCで「椅子にすわったまま静かな歌をうたうだけかと思っていたけど、バンドに戻ってこれてうれしい!」なんて言ってましたが、その完全復活の嬉しさを感じるよりワタシはむしろ、「このヒトはどんな状況であっても、生きている限り歌をうたうんだという姿勢にゆるぎないものがあるんだ!」ということに感動しました。でもホントによかったですね。完全復活。
 LIVEはやっぱりチャボのギターがとどめをさしますね。良いプレイだよなぁ。
 それと今回「おぉ」と思ったのは新井田耕造のプレイ。これまでのRCであんまり注目してなかったんだけど、ナニゲによかったですね。
 キョーシローをとりまくプレイヤー達の熱さを感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2008

6月に入り

 「衣替え」ってことで、スーツだの何だのを引っ張り出したけど、サイズが合わなくなってるのでは?という恐ろしい予感が走り、恐る恐る穿いたりしてみる。
 ・・・セーフ! 
 
 ハナシは変わりますが、ヒビ入った骨もなんとかくっついていたけど「まだ違和感があるなぁ、ギター弾けるかなぁ?」なんて言いつつバンドの練習に入ったけど、ギター弾いてから手の感覚が戻ってきたね。今まで動かさないようにかばっていたから凝り固まっていたようで、動かした方がいいってことなんだね。リハビリの大切さが良く分かりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »