« バルコニーの風景 | Main | Police 東京ドーム2月14日 »

February 08, 2008

国のない男(カート・ヴォネガット)

A_man_without_a_country カート・ヴォネガットの正しく遺書と思って良いのではないだろうか。アメリカでベストセラーになったことを喜んでいるに違いない。何処で?「天国」で。HAHAHA。

 まったく不勉強で、この本を読んだことを太田光がどこかNHKか何かの番組で言っていたのを、うろ覚えに意識していたが、出ていたと知らなかったのです。
 たまさかの散歩で本屋で見かけて手にとり、サテンでペラリと読んで、なんとも得をした気持ちになったものでした。

 実のところワタシは、彼のスプラスティックというか妙に大げさな修飾・比喩の多用とか、破壊的にも思える逆説というか皮肉の連続する文章は苦手なのです。ま、それがないとヴォネガットじゃないんですけど。
 しかしそうした混沌の中に、川の中に見つける石英みたいに光る、素直でチャーミングなフレーズがあって、心を打ってしまうんですね。すごい本になると、小説の最後の一文だけだったり、「あとがき」みたいなものだけにしかそうしたフレーズをみつけられない可能性もありますが。それが読みたくてワタシは読んでます。で、そのフレーズは読むたびに違う箇所に現れたりするんですけどね。

 遺作となってしまったエッセイ集は、読み足りないくらいの分量で、もっともっと読んでいたいという気持ちになりました。

|

« バルコニーの風景 | Main | Police 東京ドーム2月14日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/40019430

Listed below are links to weblogs that reference 国のない男(カート・ヴォネガット):

« バルコニーの風景 | Main | Police 東京ドーム2月14日 »