« 森の影 | Main | お正月の過ごし方 »

January 03, 2008

細野晴臣イエローマジックショー

51dxkgmc5sl_ss500_ お正月は初っ端から「ゲームセンターCX」のDVDとか見てたんだけど、アレはムカーシに紹介しているので、こっち。NHKのBSだかで放映していたホソノさんのTVバラエティーのDVDです。ついに発売されましたね。
 完全に昭和のお茶の間バラエティーの体裁で、マニアックなゲストが登場してくるという、オタッキーなV。冒頭から東京ボーイズがテクノポリスのネタで始まるのが、心地よし。
 お茶の間のセットから演目から凝りに凝った趣向なんですが、コントははっきり言ってぐだぐだ・・。もうユルイを大きく超えてます。ライナーブックレットでは絶賛・賞賛の嵐の様にコミカルなコンセプトを讃えておりましたが、本当にグダグダなんだもん。
 広田レオナ(金閣寺マリモ)がお母さん役で、佐野史郎、大塚寧々が子供役。ホソノさんがお父さん、ユキヒロがおじいちゃん(このキャスティングが絶妙だね)の家族コントが中心なんですが、力の抜け具合ったらないねえ。ま、面白いんだけどさ、凄くへんな間が。
 緊張し過ぎている役者陣とホソノさんのアドリブが絶妙の変な間を生む。ゲストで松本隆と鈴木茂が出てきて、「お父さんとこの人たちは、レースクイーン仲間だったんだ」ってホソノさんのアドリブが入ると、広田レオナが本気でツボに入っちゃったみたいで、笑って喋れなくなってるし・・。
 はっぴいえんど、小坂忠、あがた森魚等めったにTVで見られないセッションが貴重ですが、度肝を抜かれたのは、YMOの3人がドテラ姿でライディーンの生演奏というシーン。ユキヒロは子供用のドラムセット、ホソノさんはジャズベだかなんだかを持って、せーのでやったのライディーンは多分、あの番組一番の物凄い演奏だったです。あれだけでも見る価値あり。かっちょよかったなぁ。

|

« 森の影 | Main | お正月の過ごし方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/17564364

Listed below are links to weblogs that reference 細野晴臣イエローマジックショー:

« 森の影 | Main | お正月の過ごし方 »