« プラネット・テラー | Main | 衝動買い »

September 25, 2007

天才 青山二郎の眼力 (白洲 信哉)

51xa09w776l_ss500_ 青山二郎というヒトがどんな肩書きを持つ人かというのは、大変言い表しにくい。作家でもないし、評論家とでも呼べばよいのか?本の装丁もやったりしているが、どうやらそれも趣味の領域で、例えば昨今はPCの普及でお手軽になってしまったが、自分でお気に入りの自作CDジャケットを凝った風に作っているのと変わりない延長線上だと思う。思えば魯山人も得体の知れないヒトだった。
 カラー写真満載の本で、ワタシはコレに載っている骨董品が眺めたくて手に取った。骨董はこのヒト以前は茶道具が中心だったようだが、蕎麦猪口のような生活品も価値の対象となっていったという。
 表紙の写真の目が凄いですね。まさしく眼力を持っている目。中身の茶碗や壷の写真もしみじみ素晴らしい。

|

« プラネット・テラー | Main | 衝動買い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/16562518

Listed below are links to weblogs that reference 天才 青山二郎の眼力 (白洲 信哉):

« プラネット・テラー | Main | 衝動買い »