« 卒業(蟹江 西) | Main | 天才 青山二郎の眼力 (白洲 信哉) »

September 23, 2007

プラネット・テラー

Grind_planet_1_1 先日東北新幹線に乗って談笑しているときに、新幹線を連結しているときの先頭車両の鼻の部分(先っちょね)は、どうなっているんだろう?というハナシになった。
 「あれはね、取り外して運転席に置いているんですよ」と言ったら、ワンテンポあってから、「アタマ悪いんじゃないの?」言われてしまうワタシ・・・。

 えー、そんな意味でですねぇ、アタマ悪い映画だよなぁ。プラネット・テラー。
 ヒロインが片足無くなって悲しみにくれていると思いきや、ソコにマシンガン装着して大暴れって、ちょっとカワイソウになるくらいアタマの悪さ全開のB級映画。ロバート・ロドリゲスの悪趣味がスパークしている。
 あんまりにも悪趣味なので、笑えるヒトとそうじゃないヒトがいるだろうね。内容はよくあるゾンビ映画なんですが、洒落で架空のB級映画の予告編を冒頭にくっつけていたりして、妙にグラインドハウスであることに凝ってます。あの予告編のバカさ加減には、初っ端から吹き出してしまった。
 2本立てとして考えられていたタランティーノの「デス・プルーフ」のエピソードがチラっと出てきたりして、楽しくタラちゃんと作っている風ですね。

|

« 卒業(蟹江 西) | Main | 天才 青山二郎の眼力 (白洲 信哉) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プラネット・テラー:

« 卒業(蟹江 西) | Main | 天才 青山二郎の眼力 (白洲 信哉) »