« 時計の営み | Main | Tanz Walzer(Quruli) »

July 30, 2007

The Traveling Wilburys Collection(Traveling Wilburys)

51pekoxpzcl_ss500_ 三年ほど前か、友人のDaddy Blues氏らとコラボでバンドをやったんだけど、その前準備として話し合っていたとき、トラベリング・ウィルビリーズの話がでた。
 存在は知っていた。まさしくリアルタイムのときは1988年で、その頃ワタシのバンドは渋谷のBYGってカフェ(あの頃はそんな言葉はなかったろうし、今もそんな洒落た店構えじゃないんだけど)の地下スタジオでリハをやるのが常で、そのBYGでよくかかっていただろうことを覚えていた。どんな曲かは忘れたけど。
 ボブ・ディランとジョージ・ハリスン、ロイ・オービソン、トム・ペティー、ジェフ・リンなんて超大物が集まってるけど、誰かを救済するための企画モノなんだろってイメージが自分の中で先行していたので、あんまり真剣に聞いていなかったし、2枚もアルバム出していたことすら、知らなかった。
 それが2004年になって、音楽仲間から、良いので是非機会があったら聴くようにと、言われたものだったのだ。そのときのコラボ・バンドの名前は、トラベリン・グレイハウンドという名前として、トラベリング・ウィルビリーズにあやかったものとなったのです。
 そこまでされると、ワタシだって探して真面目に聴きなおしてみるかとなるんですが、3年前のその頃は、廃盤だったんですねぇ。なんと。結局そのまま借りることもせずに、忘れちゃってたんですが。
 そのいわくつきの音源が先日まとめて発売になりました。1枚目と2枚目に加え、PVやドキュメンタリー映像のDVDを含めた3枚組セット。こら凄い。
 聴いてみて、観てみても、こら凄いという言葉しか出なかった。かっちょイイじゃないですか。舐めてました、ワタシは。
 ドキュメンタリー見てこれまた驚いたのが、歌詞も曲も全部5人で集まって、みんなで意見出しながら作ってたんだってこと。なんども言うけど、こら凄い。完全に民主主義。まあジョージ・ハリスンがまとめてたって話ですけど。
 もともとジョージのCloud NineのシングルB面のために、スペシャルな曲を作ろうってのが発端だったから、ジョージ主導だったんだろうけど、単に仲の良い仲間が良い機会を得て集まった集団だったんだね。スタジオ・ワークの風景とか、とても楽しそうだし。
 誰が抜けてもあのサウンドにはならないだろうという楽曲は、やはり5人でワイワイ作った感触そのまま。
 ロイ・オービソンが残念ながら他界した後のセカンドも、悪くないですけど。
 ファースト・アルバムの名前がVolume 1 で、セカンド・アルバムの名前は何故かVolume 3。諸説あるようですが、そういった洒落っ気が好きです。ウチのバンド名もそんな感じだし。
 今回のセットも、1枚目にVolume 1が。2枚目はVolume 2としてDVDが。3枚目にVolume 3というセカンド・アルバムが配置されてます。
 持っていなかったロックファンはこのタイミングで是非。日本版は限定だという話ですので。
 

|

« 時計の営み | Main | Tanz Walzer(Quruli) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Traveling Wilburys Collection(Traveling Wilburys):

« 時計の営み | Main | Tanz Walzer(Quruli) »