« ぬまづくわづ | Main | 横須賀のくらげ »

June 24, 2007

大ハード4.0

 ええ、ブルース・ウイルスの演じるジョン・マクレーンの大ファンです。先行上映されたのを見てきました。
 サイバー・テロと戦うアナログ・デカ。満身創痍になりながらも、何故か骨折だけはせず、丸腰で戦闘機とまで戦うタフガイ。ツッコミどころ満載なんだけど、大笑いしながら見るもよし。マクレーン刑事は、最初から最後まで絶体絶命なんだもん。
 アレを思いだしっちゃったよ。アレ。えーっと、確かジャン・ポール・ベルモンドの出ていたドタバタ・アクション活劇コメディー「リオの男」だっけ。(どっかでレンタルして、もう一度観てみよっと)
 あの作品の中で、やっぱりベルモンドが、宙吊りにされて炭まみれになったり、消火器だかなんだかで真っ白になったりと体当たりの演技で、劇中に「どうしてそんな事になったんですか?冗談かと思いましたよ」と言われ、「冗談で真っ黒くなったり真っ白になったりできるか!」とボヤく場面に大笑いしたことがあったけど、そういう楽しみ方。
 サイバー・テロとの戦いということで、米国のオタクっぽいハッカーとか、いかにも映画的に演出された設計のコンピュータシステムの操作モニタ画面とかに、食傷しそうだなー?と思ってたのですが、そんなコトはなかったですね。
 逆に、手持ちカメラっぽく映像が揺れてる場面の多用とか、全体的に彩度の落ちたカラー(「銀残し」というヤツでしょうか?北野武が「座頭市」でやっていた色合いのプリントね)とかの演出が、リアルにサイバーな気持ちを醸し出していて、見事。
 そんな細かい見方をしながらも、かなり映画にのめり込んで観てしまって、エンドシーンでCCRの曲がかかったときに、ワタシはとうとうポロポロと泣いてしまったのよ。この映画で泣く人なんて、あんまりいないんだろうけど。「いやー、凄いアクションだったねぇ」なんて人は言っても、泣くほど感動するだろうか?ってね。
 思うに、4作続いているダイ・ハードの魅力というのは、ぼやきながらも「このヤロー!てめぇなんかに負けるもんかぁ」と、おっさんが単身で戦って、どうにかこうにか勝っていくところにカタルシスがあるんだよな。
 この映画のジョン・マクレーンは多分、野心もなにもなく、家族と何事もなく暮らしていくような、そんな小さな幸せを求めたいだけなんだろうけど、人への心遣いを忘れてシステム化されたマニュアル文化・社会に憤りを感じ、そうした社会と上手く折り合いを付けられるほど器用でもなく、結局、組織社会から疎んじられることで、肝心の家族とも摩擦を起こしている。そうした逆境をバネにして、「バカヤロー!負けるかよ!」って頑張ってる背景。妄想でしかないのでしょうが、ワタシの琴線に触れたんでしょうね。そうしたトコロが。
 「あんたは凄い。あんたみたいなヒーローにはなれない」と言われて、「やりたくてやってるわけではない。でも、俺しかやる奴がいないから・・・」と語るシーンは、何だかブルース・ウイルス自身がマクレーン刑事役について語っているみたいで、少しニヤリ。
 面白かったです。星五つ出したら、皆に笑われるでしょうか?

|

« ぬまづくわづ | Main | 横須賀のくらげ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大ハード4.0:

» ダイハード4.0見ました。 [Dive in the Sky]
ダイハード最新作。4.0の先行上映見に行ってきました。ダイハードは、自分のなかで [Read More]

Tracked on June 24, 2007 09:10 AM

« ぬまづくわづ | Main | 横須賀のくらげ »