« 遺伝子のスイッチをオンに・・・ | Main | 本覚坊遺文 (井上 靖) »

May 27, 2007

カリブの海賊 3番目

 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンドって奴です。
 出演者全員、信用出来ないヤツら(笑)。ここまで信用できないと、監督まで信用出来なくなる。
 ヤンキー娘丸出しのキーラ・ナイトレイは、なんだかヤだけど、今回のジャック・スパローはいいねぇ。自由な感じが。
 ラストの(エンドロール前ね)独りで大海原に向かって行くところとか、胸打たれますね。自由って、何の束縛も無い代わりに、安心・安らぎもない。それと対照的なシーンが、エンドロールの後なんだよ。
 キース・リチャーズ御大も出演しておりますが、その存在感たるや恐るべし。ギターまで弾いちゃったりして。
 メイク無しでもイケたんじゃないの?カッコ良いのは、声だったりするんだよなー。

 そんなこんな言ってますが、物語は前々作・前作から色々伏線作りすぎ。もうワケ分からなくなる。
 堪え性の無いお子ちゃまが、席の周りでワサワサし始めちゃって、困るよ。
 理屈抜きでスカッとする映画が観たいなら、足を向けなくてよいでしょう。1作目だけで十分。
 でも今回は、皆の悲しさが良く出てたよ。上手くエンターティメントとして纏めきれなかったんだろうね。
 ジョニデと御大に免じて、今回は星みっつ。

|

« 遺伝子のスイッチをオンに・・・ | Main | 本覚坊遺文 (井上 靖) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カリブの海賊 3番目:

« 遺伝子のスイッチをオンに・・・ | Main | 本覚坊遺文 (井上 靖) »