« February 2007 | Main | April 2007 »

March 29, 2007

ロング・グッドバイ (村上 春樹(訳))

4152088001 チャンドラーと清水俊二が居なければ、ワタシの詩は言うに及ばず、人格形成とかも変わっていたんではなかろうか。それほど大きく影響を受けた作品です。清水俊二翻訳版は、何度も読みました。
 ライ麦畑も驚きましたが、今回のこれを村上春樹がってのは、もう見逃せないですね。「ええっ、それをやってもいいの?」って。もう清水俊二版がマスターピースだったから。躊躇したところもあったんじゃないだろうか、この仕事。
 そんな風に感じていたんで、結構長い「あとがき・解説」がついていたんで、先にそっちから読み始めましたが、この本、あとがきだけでも面白い。珍しい本です。
 時代を経るにあたって翻訳に手を入れ、ある時期が来たら全面リフォームかけるって考え方は、間違ってないと思います。言葉は生きているからね。

 内容は変わるべくもないですが、言葉遣い・文体が大きく変わっていることもなかったです。でもひたすら読みやすくなったのは何故だろう?しかも、読了後の心地良いやるせなさが、前よりひとしおだった。ワタシが年食ってオトナになったからなのだろうか?ま、そういうの上手いヒトなんだよなぁ、村上春樹。
 しかし訳者が、この作品の名作たる所以は、テリー・レノックスの存在だと豪語するのには、懐疑的ですね、ワタシは。あんまりテリーに思い入れできなかったし。やっぱり、ヒロインのアイリーンだのリンダだのに心動くマーロウが居たから、名作と言われるようになったんじゃないかと思うんだけどな。
 アメリカ映画の友情モノをみても、なんだかピンとこないことがあるので、ワタシ自身に欠陥があるのだろうか?でも、日本の友情ドラマだと泣けたりしてるゾ。アメリカ人の友情表現を、ワタシが理解しづらいだけなんだろう。
 そうは言っても、先に言った「読了後の心地良いやるせなさ」は、理屈抜きの友情を二人のオトコの間に感じとっていなければ、出てこないものなので、どこかで感情移入してたんでしょうね。ワタシは。うーん、不思議だ。
 こういった感情にさせられたのは、あとがきで書かれていた「ある日手が3本になった男の話」に代表される、小説の書き方の勝利なのかも知れません。

 名作です。読むべし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 28, 2007

Good Morning Revival(Good Charlotte)

Good_charlotte_ ギター・ヴォーカルが双子のパンクバンドという触れ込みだったが、今作はものすごくダンサブル。すげぇキャッチー。
 好きなんだよね。こういうの。でも、なんじゃかんじゃとケチつけたいんだよ。ケチつけるとしたら、そーだなぁ、最近のこの手のバンドって、みんなヴォーカルの声が似てるよなとか。
 声も流行り廃りがあるのでしょうが、何か感じるのは、80年代ぽいってところなのか。
 もう少し泥臭い何かがあったら、星五つ出したくなるんですが、何だか出しづらいのは、イケイケでヒット狙ってるのがハナについてしまうからかも。実際そうなのかはよくワカランけど。
 でもウケまくるでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2007

音入れ終了

 レコーディングも、なんとか全ての音を入れ終わった。2曲だけなんだけどね。
 今日中にミックスダウンまで持って行きたかったが、それは贅沢というものなのだろう。
 4月にミックスダウンして、CD焼いたら、6月には配布Liveを敢行の予定・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2007

Soft Machine(Teddybears)

Teddybearz01 ワタシの大好きなCD屋さん「TAHARA厚木店」の一言レビューに、「クマー!」と書いてるのを見て、いろいろツッコミを独りで入れながらも、結局そのインパクトに負けて購入。
 ストックホルムの3人組バンド。エレクトロニカ・ミクスチャーってぇんですか?電子音ピコピコ系なんですが、イギー・ポップが参加して、一曲歌ってる。おれはパンクロッカーだぁ!って。
 ポップでキャッチーで、すごく最先端いっているような音楽なんだけど、70年代終わりから80年代の香りがするのは、やはりそれが最先端の流行だからなんだろうと理解する。
 おもしろい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2007

プロフェッショナル

070217kenro8

 自分が気になって撮ったものを、忘れた頃に見たとき、なんでもない「しょーもないモノだなぁ」と思ったりしてるんですけど、こうやってモノクロに置き換えた時に、撮った時の自分が何を感じてそれを撮っていたのかが、ふと分かるコトがあります。
 撮っているときのコトを忘れているのではなくて、ただセンスとか直感で撮っているので、自分でも分からないことがあるんですね。
 ワタシの場合、詩作でも普通に文章を書くときでもそうなんですが、自分の直感だけでやりすごすようなトコロがよくあります。ただ自分のリズムだけで書いていたりとか。
 しかし、そういった創作というのは、極めてアマチユアリズムに近い行為なんだろうなぁと、思うわけです。プロは何故良いと感じているのかを、分かっている確信犯的な気持ちがないと、駄目なんだろうと。
 プロにも観念的なヒトは居ますが、それは人の言葉で表現しきれないだけであって、自分の感覚・センスの何たるかをわかっている。それがプロフェッショナルたる所以ではないでしょうか。
 観念的といえば、岡本太郎も石原真理子にしても、プロなんですね。だからブレない。長嶋茂雄だってそうだ。
 自分の感覚ってなんだろう?ということを、分析することが、自分のセンスを極めていく道なんでしょうね。

-T3 まだまだ金沢の写真-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2007

そんなコトを言っていたら、こんなことに!

070318_14500001
 寒い寒いと言っていたゴルフの帰り、辻堂のいつもの焼肉屋さんで友人と反省会。というよりも、他愛のない話と愚痴みたいないつもの会話。
 そんな中でも、その日のプレイについて、アソコが悪かったとかいうアドバイスをもらったりして、翌日、練習場で確認したりすると、「なるほど・・」などと思う。
 そんな風に、特にお金出して習いも行かずにやっとるわけですが、今回の話題はソコじゃない。
 今日も今日とて、そういった復習をしに練習場に行って、帰り間際、駐車場を囲む桜並木に、一本だけ咲き誇っている木を発見!そう、一本だけ。ま、彼岸桜なんでしょうが。
 帰って来てニュースを見たら、靖国神社でも開花したという。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 18, 2007

寒の戻り

春の訪れを感じたと思ったら、寒い日が戻る事が必ずある。油断はイカン。
小雪舞う千葉にて、フーゴル敢行(涙)。
皆様におかれましても、風邪など召されません様。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2007

フェアに見比べる

Tombraider101_1Unfair

 いやね、ずっと気になって居たんだよ、このポージング。
 二丁拳銃の定番なんでしょうか?なりきってますね。ふたりとも。
 口径のデカさでアンジーの勝ちは言うまでもないですが、華奢な感じもクールだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2007

YES (中島美嘉)

B000m7xsuu このヒト、当たりハズレが大きいねぇ。楽曲もパフォーマンスも。まだスタンスが定まってないんだろうか?
 ゴスペル風に挑戦しているかと思えば、普通にアイドルっぽい歌い方したり。どっちももうひとつ・・。
 アルバムの冒頭から2曲が珠玉ですかね。最近はこんな風に、聴いて欲しい順に並べていくのかなぁ?
 ビデオはどれも絵心があっていいねえ。あっ蘭丸!
 って、参加アーティスト見てたら、チャボがスライド弾いてるのを発見して驚く。
 このコは今でも売れてるんだろうけど、もう一皮むける気がしますね。でっかく。
 ワタシにとってはいつまでも、テレビ版濱君の妹なんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 12, 2007

論文

 仕事関係で論文みたいなの書いているんだけど、つくづく自分の文章の拙さに、あきれ果てている。
 文体は仕事用とその他用のどちらにも対応できるように、訓練しないと駄目だねぇ。その他用って言ってるのは、こういう記事や、作詞などを指すんだけどさ。
 いつの頃からか、歌詞はビートだという信念が出来て、音を発したときのビートや語感が上手くいけば、厳密に正しい日本語で無くてもいいやって心が出来てしまったからねぇ。
 語尾の統一とかそういったものが適当になってしまったわけです。「てにをは」は、流石に意味が通じなくなるから、ちゃんとしようとしてるんですが。
 色んな文章を沢山書かないとダメダネェ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2007

春のにほい

 この間まで梅が満開になっていて、「ああ、春の匂いだな」なんて思っていたら、先日の嵐で全部散ってしまった。
 それでも春の匂いが消えないのは、沈丁花の蕾が膨らみ始めたからで、ワタシ、あの匂いも好きなのです。
 で、なんだか、風街ろまんを聴きかえしているという、そおゆうことであります。
 はるらんまんだああねぇ、と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2007

観たい来日アーティスト



 ちっと前にニュースになってたらしいけど、ポリスが再結成だってぇ。5月末のバンクーバーから、ワールドツアー。知らんかった。
 日本に来て欲しいねぇ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 06, 2007

苔生す

Kokemusu
 雪のない兼六園で目を惹いたのは、苔でしたね。
 雪の水分をしたためて、苔生していったんでしょうね。

-CONTAX T3 金沢-


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2007

さくらん

Sakuranbt1 楽しみにしていた映画。動くLiquid Dreams
 安野モヨコの原作も良いが、土屋アンナの啖呵も、笑いも、号泣も心動かされる。
 「咲かぬ桜はない」と、自分の膝の上で息を引き取った老人へこぼす涙は、どんな涙だったんでしょうか。
 遊郭はまさしくLiquid Dreamsで、監督の蜷川実花の世界なのでしょうが、原作・出演者・音楽など等、色んな才能が集まって作りえた、エンターティメントだったと思います。よかったよ。
 
 そいえば、チョロっとだけキヨシローも出てたな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2007

ギターおやじピアノおばさん(長見順&吾妻光良)

Guiteroyaji ファンに朗報。マダムギター長見順と吾妻光良の書き下ろし。アナログEP限定発売だそうです。渋谷タワレコでは、サイン入りが売られているとか。
 「みんなのうた」とかで流れたら、ウタダみたいに大ヒットの予感なんですが、歌詞が歌詞だけにNHKではかけられないでしょうね。まさに吾妻節。
 アナログ限定というものの、iTuneストアでは発売しておりました。
 星五つ!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« February 2007 | Main | April 2007 »