« No Shame(Pepper) | Main | ギターおやじピアノおばさん(長見順&吾妻光良) »

February 28, 2007

古田織部の世界(久野 治)

488629493609_ss500_sclzzzzzzz_ 週刊モーニングに連載中のマンガ「へうげもの」が、すこぶる面白い。
 主人公である古田織部を中心に、本能寺の首謀者は秀吉であったというような、斬新な解釈を元に安土桃山を描いている作品であるが、そういった解釈は、ま、ワタシにとってどうでもよく(*本当はどうでもよくない。あの解釈は、この作品の千利休を語る上で、極めて重要なエピソードとなっている・・)、織部の並々ならぬ好奇心と物欲が、美意識へと昇華していく世界観が、マンガ的に面白おかしく描かれている所に、たまらなく心惹かれる。
 で、マンガはマンガとして、実際の織部とはどんなひとだったのか?司馬遼太郎あたりにそんな小説があったらいいんだけど、他を探しても織部に関する読み物はあまり無いんです。徳川家康との確執?があった為か、文献が少ないそうな。
406372487501_ss500_sclzzzzzzz_ 今回紹介している本は、そんな織部の研究書という位置づけの本です。
 ハナシとして面白いと思うかは人それぞれですが、かなり興味深い内容ですね。織部について諸説ある中で、本当にキリシタンであったのか?とか、切腹に至った理由とか。
 しかし、どれも確証のあるような説は、この本の中でも出てきていないのが、残念。特に、切腹に至る理由は、大きな謎だと思います。
 ますます興味が沸いてくるぞ。古田織部。
 「へうげもの」のつづきも楽しみですが、この間の金沢で旅行づいてきたので、織部をめぐる旅でもしてみようかな?
 

|

« No Shame(Pepper) | Main | ギターおやじピアノおばさん(長見順&吾妻光良) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 古田織部の世界(久野 治):

« No Shame(Pepper) | Main | ギターおやじピアノおばさん(長見順&吾妻光良) »