« バブルへGO!! | Main | 解読「地獄の黙示録」(立花 隆) »

February 13, 2007

120分9000円

 「3分700円」は探偵 濱マイクの名作。今日のタイトルは関係ない。
 ちょっと腰の様子が思わしくなく、うん、元々腰痛の持病は持ってないんだけど、多分、ゴルフの練習でおかしくしたんだろうね。久しぶりに近所の温泉に行って、サウナ入ってマッサージしてもらおうとしたんですが、暫く行ってないうちに色々システムを変えているようで、玄関先にある入浴や貸しタオルのチケットの販売機が、色んなオプションでワケ分からなくなってる。それこそエステコースみたいな感じで。
 ただちょっとマッサージしてもらいたいだけなのに、どれがどれやらワカランし、「手もみ処120分」なんてのが一番近いかなと思ったけど、ナニゲにチト値が張るし、もっと短くていいから、リーズナブルなものはないか?と、受付に聞いてみる。
 聞き方がよくなかったんだろうね。「マッサージは何分からしてもらえるの?」って。だって、見たところ120分しかないんだもん。「今からですと、16時からのご案内になります」って答えられて、質問の仕方を誤った自分に気づく。
 もう少し短い時間のマッサージを頼むには、販売機のどのボタンを選べばいいのかが分からないのだ、ということを理解してもらのに、相当手こずる。
 しばしお互いの理解を深め、最終的に押したボタンは、「ボディーケア・リフレ・角質60分」。なんだそれ?そんなこと言われて、マッサージのことだってワカランだろ。何かエステと共有したチケットなんだろうなとは思うが。
 でもなんとかそれで、普通にマッサージしてもらえたよ。
 温泉もマッサージも、普通に気持ちよかった。

|

« バブルへGO!! | Main | 解読「地獄の黙示録」(立花 隆) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 120分9000円:

« バブルへGO!! | Main | 解読「地獄の黙示録」(立花 隆) »