« 永久保存版でしょう | Main | レコ »

January 30, 2007

STAND UP(BLUE KING BROWN)

Stand_up もうこうなって来ると、なりふり構わない感じだな、俺は。
 少し前からよく行くcd屋さんの、とあるコーナーに置いてあったのが気になっていた、メルボルン出身というバンド。
 ダウン・アンダーって言ったら、最近だとジョン・バトラーとかを思い出して、置いてあるコーナーからもジャケットの感じからも、渋いアコースティックのイメージを醸し出していて、聴いてみたいなぁと思っていたら、日本盤も出たし、ITUNES STOREからも出たぞと。
 聴いて驚き。メチャメチャにキャッチーでフアンキーなサウンド。ラテンとリズム&ブルーズとレゲエと何やらとが渾然一体となって、ちょいと舌っ足らずのオネーチャンが歌ってる。あー好きだわ。ここんトコ、クラウドベリー・ジャムとかも聴きまくってたから、ノリのよいポップには小躍りせずにいられない。
 で、我にかえると、こういうのって、実は日本のポップスにも通じているものがあるよなぁ、いや世界中のポップスってみんなこうなんだよなと、思うわけです。なにげに。上手くいえないけど。
 だから、エポックメイキングかっていうと、そういうものでもなく、得体の知れない独自のオーラを出しているバンドとも言えないとは思う。ただ、なんか勢いが凄くあるんだ。にぎやかなパーカッションと、元気な女性ボーカル。
 気になるのは、こうしたキャッチーな楽曲のジャケットが、こんな渋い色合いの、ボール紙みたいなのを選んでいるってコトだよな。オーストラリア特有のセンスなのかな?バンド自体のセンスの底深さを感じるな。
 

|

« 永久保存版でしょう | Main | レコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference STAND UP(BLUE KING BROWN):

» 『Stand Up』 Blue King Brown [c.t.c mini]
やっと外付けのDVDドライブを手に入れたので、いざタワレコへ! Norah jonesの新作やら、安藤裕子の新作やら聴きたいのはあるんだけど、買う程ではないかなとスルーヽ(´ー`)ノ そんなこんなで、店内を30分ほど視聴しながら徘徊していると、ありました、オレ好みのオ....... [Read More]

Tracked on February 18, 2007 11:44 PM

« 永久保存版でしょう | Main | レコ »