« 腰骨にくるぜ! | Main | 俺はツイてる! »

January 21, 2007

マリー・アントワネット

Ma_wp01s ソフィア・コッポラの描くフランス宮廷物語。
 マリー・アントワネットがどんな人物だったのかは、ちょっとは知ってますが、「ベルばら」とかも読んだ事が無いので、その詳細な物語は存じません。残虐な暴君であったのか?純真な女性だったのか?それすらのイメージも、ワタシは持ち合わせていませんでした。
 予告や宣伝から、今回の映画は、これまでの歴史モノと異なる、ガーリッシュでポップな現代感覚の映像であることは疑う余地も無く、期待されるところでもありますが、ソフィア・コッポラのことですから、それだけでない「何か」があり、それをどう感じさせてくれるのだろうという期待も大きい今作。その両方の期待が、外される事はなかったです。
 いきなりGANG OF FOURのビートに乗せて、ピストルズ風のロゴ・タイトルバックで始まるところなんぞは、かなり挑戦的で、クスッと笑ってしまいます。
 キャンディー・カラーとでも申しましょうか、お菓子とポップな色合いのドレスとNEW WAVE系のBGMで繰り広げられる宮廷の営みも、胸高鳴るものがあります。しかし、それだけではない。
 ロスト・イン・トランスレーションにも通じる疎外感・孤独感が、絶対的に心の底にこびりついている重さ。キャンディー・カラーとNEW WAVEのビートは、それをコーティングしているに過ぎない。パーティーが終わってしまう切なさ。そして、自分ではどうしようもない、女性であることの悲しさと喜び。それがヒシヒシ伝わってくる。
 全編英語でアメリカ人の演じるフランス宮廷物語を、笑い飛ばすことも出来ますが、そんなところにツッコミを入れてもしょうがないじゃないですか。
 印象に残るのは、最初から最後まで随所に出てくる、走る馬車の窓から外を眺めているキルスティン・ダンストの寂しげな顔。運命という馬車に乗っている、旅の映画なんですね。この映画の中で、彼女はいつでも、外の景色に向かって、さよならを言っていたんでしょう。

 はっきり言って、スパイダーマンに出ていたキルスティン・ダンストは好きじゃなかった。あんまし可愛いと思えなくて、どーしてスパイダーマンがあの娘に熱を上げるのか理解できなかったんですが、今回はよかったね。抱きしめてやりたくなった。向こうはイヤがるだろうが。
 やっぱり女性監督が、良いところを引き出したんだろうなぁ。
 それと関係ないけど、マリアンヌ・フェイスフルは歳いったなぁ・・・

 ポップな映像なんですが、しみじみとなる映画だったよ。

|

« 腰骨にくるぜ! | Main | 俺はツイてる! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/13605988

Listed below are links to weblogs that reference マリー・アントワネット:

« 腰骨にくるぜ! | Main | 俺はツイてる! »