« 先月の写真で申し訳ないが | Main | 腰骨にくるぜ! »

January 15, 2007

ふとした会話の中から

 オリジナルのバンドやってる人間にとって、自分の演っているものを説明するにあたって、ある程度他の人とのイメージ共通項が無いと、なかなかシンドいものがありますよね。俺は俺の音楽をやってる!って言っても、なんじゃワカランから、どれ聴いてみようかってならんし。
 ま、jazzなのかクラシックなのかポップなのか、くらいの大きなカテゴライズである程度わかって貰えますが、更にどんな感じの?って問われてロックだよと答えるとその先が難しい。
 ロックって何だよ?っていうのは、結構話題に上がることが多いんですが、明確な答えはひとりひとりがもっているものであって、今となっては共通項を見つけるのが難しくなっています。
 ロックがこの世の音楽を飲み込んじゃったのか、ロックの方が大衆に飲み込まれてしまったのかは、分かりませんが。
 先日とある席で20代の女の子なんかと話しているときに(not キャバ嬢およびホステス)、この子達はロックと言ったらどんなイメージを持つのかなぁ?と思って聞いてみたんだけど、「自分がロックだと言っていれば、それがロックです」という答え。
 はい。間違いじゃないです。やっぱり、知り合いのliveの打ち上げに来るような方ですから、その辺は分かってるんでしょうね。ロックは今や音楽というより、思想に近い。
 ワタシが知りたいのは、リアルに70年代を経験したことの無い人が、ロックという言葉で何を感じるのか?なんだよなぁ。それを聞いたところで、自分の音楽が変わるわけでも無いんですけどね。
 今年はそういうこと色々聞いてみようかな。音楽に携わって無いような人たちが、面白い答えを持っている気がする。

|

« 先月の写真で申し訳ないが | Main | 腰骨にくるぜ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/13488987

Listed below are links to weblogs that reference ふとした会話の中から:

« 先月の写真で申し訳ないが | Main | 腰骨にくるぜ! »