« December 2006 | Main | February 2007 »

January 30, 2007

STAND UP(BLUE KING BROWN)

Stand_up もうこうなって来ると、なりふり構わない感じだな、俺は。
 少し前からよく行くcd屋さんの、とあるコーナーに置いてあったのが気になっていた、メルボルン出身というバンド。
 ダウン・アンダーって言ったら、最近だとジョン・バトラーとかを思い出して、置いてあるコーナーからもジャケットの感じからも、渋いアコースティックのイメージを醸し出していて、聴いてみたいなぁと思っていたら、日本盤も出たし、ITUNES STOREからも出たぞと。
 聴いて驚き。メチャメチャにキャッチーでフアンキーなサウンド。ラテンとリズム&ブルーズとレゲエと何やらとが渾然一体となって、ちょいと舌っ足らずのオネーチャンが歌ってる。あー好きだわ。ここんトコ、クラウドベリー・ジャムとかも聴きまくってたから、ノリのよいポップには小躍りせずにいられない。
 で、我にかえると、こういうのって、実は日本のポップスにも通じているものがあるよなぁ、いや世界中のポップスってみんなこうなんだよなと、思うわけです。なにげに。上手くいえないけど。
 だから、エポックメイキングかっていうと、そういうものでもなく、得体の知れない独自のオーラを出しているバンドとも言えないとは思う。ただ、なんか勢いが凄くあるんだ。にぎやかなパーカッションと、元気な女性ボーカル。
 気になるのは、こうしたキャッチーな楽曲のジャケットが、こんな渋い色合いの、ボール紙みたいなのを選んでいるってコトだよな。オーストラリア特有のセンスなのかな?バンド自体のセンスの底深さを感じるな。
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 28, 2007

永久保存版でしょう

 あからさまに広告貼ってますが、本当に待ちに待っていたdvdが日本でリリースになるってことで、予約が開始されているということが、言いたいのよ。
 すでに海外ではリリースされているんだけど、日本版でのリリースを待っていたんだよ。ビデオでは持っていたんだけどさ。だって永久保存版映像じゃないですか。
 チャック・ベリー60周年のコンサートを中心に、多彩な大物ゲストのインタビューと、演奏の豪華映像。キース・リチャーズのプロデュースってのもミソ。生きている伝説を観られる、伝説の映画。
 お金もらってるわけでも、儲けたいわけでもなく、みんなに教えたいだけなんですが。
 ボーナス・トラックも盛りだくさんのようなので、リリース後に、じっくりdvd版の所感を述べたいと思います。
 あー、楽しみ。2007.3.21発売予定。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2007

俺はツイてる!

 キツネとかではありません。
 仕事多忙で怒涛の一週間なのですが、なんかの占いで読んだ「1月のあなたはメチャメチャにツキがある」なんてぇのを馬鹿みたいに信じていたら、意味不明の自信のもと、まったくツラくない。
 多分、ツキから見放されているって書いてあったら、忙しいのはそのせいだと思っているだろうね。
 ま、そんなもんなんだよなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2007

マリー・アントワネット

Ma_wp01s ソフィア・コッポラの描くフランス宮廷物語。
 マリー・アントワネットがどんな人物だったのかは、ちょっとは知ってますが、「ベルばら」とかも読んだ事が無いので、その詳細な物語は存じません。残虐な暴君であったのか?純真な女性だったのか?それすらのイメージも、ワタシは持ち合わせていませんでした。
 予告や宣伝から、今回の映画は、これまでの歴史モノと異なる、ガーリッシュでポップな現代感覚の映像であることは疑う余地も無く、期待されるところでもありますが、ソフィア・コッポラのことですから、それだけでない「何か」があり、それをどう感じさせてくれるのだろうという期待も大きい今作。その両方の期待が、外される事はなかったです。
 いきなりGANG OF FOURのビートに乗せて、ピストルズ風のロゴ・タイトルバックで始まるところなんぞは、かなり挑戦的で、クスッと笑ってしまいます。
 キャンディー・カラーとでも申しましょうか、お菓子とポップな色合いのドレスとNEW WAVE系のBGMで繰り広げられる宮廷の営みも、胸高鳴るものがあります。しかし、それだけではない。
 ロスト・イン・トランスレーションにも通じる疎外感・孤独感が、絶対的に心の底にこびりついている重さ。キャンディー・カラーとNEW WAVEのビートは、それをコーティングしているに過ぎない。パーティーが終わってしまう切なさ。そして、自分ではどうしようもない、女性であることの悲しさと喜び。それがヒシヒシ伝わってくる。
 全編英語でアメリカ人の演じるフランス宮廷物語を、笑い飛ばすことも出来ますが、そんなところにツッコミを入れてもしょうがないじゃないですか。
 印象に残るのは、最初から最後まで随所に出てくる、走る馬車の窓から外を眺めているキルスティン・ダンストの寂しげな顔。運命という馬車に乗っている、旅の映画なんですね。この映画の中で、彼女はいつでも、外の景色に向かって、さよならを言っていたんでしょう。

 はっきり言って、スパイダーマンに出ていたキルスティン・ダンストは好きじゃなかった。あんまし可愛いと思えなくて、どーしてスパイダーマンがあの娘に熱を上げるのか理解できなかったんですが、今回はよかったね。抱きしめてやりたくなった。向こうはイヤがるだろうが。
 やっぱり女性監督が、良いところを引き出したんだろうなぁ。
 それと関係ないけど、マリアンヌ・フェイスフルは歳いったなぁ・・・

 ポップな映像なんですが、しみじみとなる映画だったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2007

腰骨にくるぜ!

 なつかしーな。パンタ。
 ま、それは置いておいて、連日忙しいというか、年末の続きみたいに呑んでいて、腰に来た。
 腰が抜けたのではなくて、痛くなってきたよ。どういうコトなんだろうね?
 ちと休肝日設けて、汗を流したいねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2007

ふとした会話の中から

 オリジナルのバンドやってる人間にとって、自分の演っているものを説明するにあたって、ある程度他の人とのイメージ共通項が無いと、なかなかシンドいものがありますよね。俺は俺の音楽をやってる!って言っても、なんじゃワカランから、どれ聴いてみようかってならんし。
 ま、jazzなのかクラシックなのかポップなのか、くらいの大きなカテゴライズである程度わかって貰えますが、更にどんな感じの?って問われてロックだよと答えるとその先が難しい。
 ロックって何だよ?っていうのは、結構話題に上がることが多いんですが、明確な答えはひとりひとりがもっているものであって、今となっては共通項を見つけるのが難しくなっています。
 ロックがこの世の音楽を飲み込んじゃったのか、ロックの方が大衆に飲み込まれてしまったのかは、分かりませんが。
 先日とある席で20代の女の子なんかと話しているときに(not キャバ嬢およびホステス)、この子達はロックと言ったらどんなイメージを持つのかなぁ?と思って聞いてみたんだけど、「自分がロックだと言っていれば、それがロックです」という答え。
 はい。間違いじゃないです。やっぱり、知り合いのliveの打ち上げに来るような方ですから、その辺は分かってるんでしょうね。ロックは今や音楽というより、思想に近い。
 ワタシが知りたいのは、リアルに70年代を経験したことの無い人が、ロックという言葉で何を感じるのか?なんだよなぁ。それを聞いたところで、自分の音楽が変わるわけでも無いんですけどね。
 今年はそういうこと色々聞いてみようかな。音楽に携わって無いような人たちが、面白い答えを持っている気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2007

先月の写真で申し訳ないが

Nikkoudouro0

 先月の旅行のときの写真だな。日光。
 12月に入ったばかりの頃だったけど、宇都宮から日光までの有料道路は、美しい風景だった。
 こんときはまだ明け方だったしね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2007

初詣

070108_11190001

 思うところあって、七草過ぎてから初詣へ。
 初めて訪れた土地だったのですが、美しい田園風景に囲まれた神社に行ってきました。家から30分もかからない所だけど。
 写真は手水場。解説の絵が気合の入った漫画だったので、しばし固まるワタシでした。なんというかアキバ系に近いものが・・・。

 美しい田園風景は、銀盤カメラでの出来が良ければ、そのうちアップします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2007

新年会

新年会


酔っ払ってます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

週間予報

 いやさ、ホントは6日はゴルフの予定入れていたんだけど、週間予報を見ていたら、大荒れの天気だっていうんで、キャンセルしていたのよ。4日前。
 ズバリ的中。すんげえ雨だったねぇ。
 これだけ降ってくれると、嬉しくなるなぁ。止めておいて本当によかったと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2007

その時、歴史が動いた!

 ボンヤリとTVを見ていたら、今の日本史の教科書は、鎌倉幕府の発足年は1192年ではなく、1185年に変更されていると言っていた。がーん。
 ちょっと驚きました。そんなことになっているとは!時間軸とか変わっちゃったのか?どうなってるんだ?イイクニで覚えておきたいじゃない。覚えていても、ワタシにとっては豆知識でしかないんですが。
 別に固執することもないんですが、何がどのようになって、そうなったのかが知りたくて、ま、色々調べてみたわけですが、鎌倉幕府の発足をいつと捉えるかには、むかーしから諸説あって色々と論争がなされてきたんだそうで。
 諸説については、こんなページなどで勉強してもらうとして、ようするに、1192年の頼朝が征夷大将軍に任命されたときじゃなく、守護・地頭が置かれた1185年が発足年に相応しいと論破され、まー、まさしくこのときに、歴史が動いたということなんでしょう。ふーん。
 よくよく考えると、人の生き死にだの、建物の出来たものと違って、鎌倉幕府ってものの捉え方は何某かの定義が必要で、その定義がブレれば、当然発足された年もブレるんだよな。
 もっとも、紹介したHPでは、「幕府」という機関の概念は、江戸時代に出来たものなので、当時の人間は「鎌倉幕府」とは呼んでなかったというから、やっぱり後付けでつけたの意味合いのものだというし。
 社会の勉強として、どのくらい昔にどんな要素でどんなことが起こったか?ということを学ぶのは、有意義だと思いますが、何が何年にという年号を記憶するだけの教育っていうのは、もう終わりなんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2007

で、どうやって過しているかというと

 お正月恒例の駅伝大会が家の近くを通るもので、クルマ渋滞。
 家でおとなしくしてました。ビデオみたりとか。ゲームセンターCXの新しいやつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2007

正月に麻雀番組重なりすぎ

 ええ、ご存知の方のあると思いますが、ここの記事、あまりリアルタイムに書いてません。書き溜めしたりしてるのね。
 年末年始、飄々と更新しておりましたが、実は30日から寝込んでおりまして、なんとか起き上がって活動し始めたのが、元旦の夜。ま、単なる風邪なんですけど。
 疲れがたまったのと、ちとビタミン不足かな。ミカンとか沢山食べないと駄目ですねぇ。現在はすこぶる快調。
 そんななので、正月に見たテレビは、マージャン番組だけ。麻雀新撰組はたまに良いこと言うんだけど、うるさ過ぎ。タカや井出の方が品があったよなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 02, 2007

「空が黒くなるとね、シロ悲しい気持ちになるのね」

Tetsukon55_2 このタイトルと全く同じ意味のことを言った友人が、最近いたよ。もう40過ぎのオッサンだったが。
 多分どこに出ても恥ずかしくない大人の男なんだけど、そういうピュアなセリフがすっと出てきたのを覚えていて、それがここにきて、同じ意味のことを映画で反芻されたので、ドキっとした。

 鳴り物入りで公開されたアニメ「鉄コン筋クリート」ですが、なんか評判よくなさげ。で、確認しに行ってみたけど、これがどうして悪くない。何がマズイのか?ワタシにはそれがわからない。良いじゃん。素直に。
 松本太洋の描く、カオスの中にあるピュアでイノセントな心に触れるだけで、心熱くなると思うのだが。
 各所でも言われておりますが、蒼井優が凄かったです。まさしくイノセントな部分が良く出ていて、ビリビリ来ました。
 そうねぇ、ひとつ何か言わせてもらうとするなら、もうひとつブチ抜けたものが欲しかったけどね。映像作品として、アニメという表現を超えてしまう何か。それが、何か分かっているなら、みんなやってるのかもしれないですが。
 だから、広告で言われているほど、革新的な作品では無いかもしれないです。革新的なのは、松本太洋の原作であって、それを映像作品としたときに、「おっ、今までとちょっと違うぞ」的なものが出来上がったという。

 暗黒舞踏家の田中泯がネズミの声をやっていたのが、へぇと思う。
 ちょっとした広告に書いてあったPUFFYアミユミのコメントで、自分たちがクロとシロの声を狙っていたと、あったが、多分マジだったろうな。蒼井優とどっちが勝つかな?ま、蒼井優が今ノってるからな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

2007年明けましておめでとうございます

Pig2007

 なんでもない日々の繰り返しなんですが、区切りをつけて気持ちの入れ替えをすることも、いいじゃぁありませんか。
 あけましておめでとうございます
 今年はなんとかかんとか、レコーディングをやっつけて、新曲作ってって、ことを予定しております。
 今年も宜しくお願いいたします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »