« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

今年のまとめ

 今年の大きな出来事ってのはiPodの影響で、音楽を以前よりも沢山聴くようになった事かもしれないなぁ。小さな生活習慣かもしれないけど。
 新しいものを沢山仕入れるってより、同じものを聴きこむっていう癖もついてきた。ま、そのくせ曲名とか覚えてないんだけどね。
 右欄のlast.FMのランキングは置いておいて、iTunesでの今年一年一番多く聞いた曲は、SUPER BADのWe Are So Fineが大きく水をあけてトップだった。
 邦楽セッションに臨むためのものだったけど、後にも先にもあれだけ同じ曲を聴きこむことはないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2006

年末しごと

 仕事納めを経て、今年中にやりたいことがいくつもあって、そんなのを忙しくやっている。
 ま、それは大掃除だとか、年賀状だのなんだけど、一番ヤバイなぁと思っていたのは、新しいPCを買ったので、コレの移行だった。
 データだけじゃなく、しょっちゅう使うソフトとか、メールの移行、プリンタ、スキャナもろもろ。
 その中でも泣きそうだったのが、iTunesのデータ移行で、元々pcのハードディスクじゃなくて、外付けディスクとか使って変則的にやってたので、大丈夫かな?と。
 結果、苦労もなく、なんでもなく出来ちゃったんだけどね。
 年賀状も終わったので、あとは大掃除。掃除っていうより、ガラクタの片付けみたいなものだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2006

やまぬ雨は無いとはいえ

 朝からひどい雨。
 年末で、色々外回り的なことをしたりとかしていた今日は、酷い雨がなかなか止まないのを、ぶつくさ言いつつ、びしょ濡れになりながら、歩いたものでしたが、一番酷くなったのが、帰り道の午前1時過ぎだもんなあ・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2006

生涯現役

 Yahoo!ニュース - notrax - ゴッドファーザー・オブ・ソウルことジェイムス・ブラウン、73歳で逝去!

 結構イキナリなニュースだったような気がしますね。この人とジャイアント馬場は、ホント生涯現役で戦ったと思います。
 合掌

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 25, 2006

新しいイヤフォン

B000kt7qo BOSEから出たイヤフォンタイプのイヤフォン(ヘンな言い方・・)。
 どっかのショウ・ルームでBOSEのヘッドフォンを試した時に、その装着感の良さにとても驚いた事があって、音はまぁBOSEなんですが嫌いではなく、買っちゃおうかなぁ・でも小さいとはいえこんなんして出歩くの恥ずかしいかなぁ、と思ってた矢先に出たのがコレ。
 発売前から予約殺到したのか、なかなか手に入らず、やっと届いた。凄い人気。
 少し前に、5万円台のイヤフォンがヤケに売れているのが話題になっていて、「へぇ、どんなもんなんだろうねぇ」とは、思っていましたが、この位の価格設定になると、手が届きそうだと、皆も待ってたんだろうね。
 さっそく装着。耳栓式とは異なるんだけど、独特の装着部分とフィット感。音は、イコライジングされてる感じですが、BOSEの音。っつーかイコライジングしてBOSEの音にしてる?
 まぁ、高級感があっていいじゃないですか。音も商品の造りも。
 いただけないのは、パッケージだよ。みんな言ってるけど。やたらでっかいし透明プラスチックのパック。しかも簡単に開かねぇんだ。どうすんだよ、ゴミは出るし、無理に開けようとしたら、ケガするぜコレ。
 どうしてこういう所には、気を使えないのかネェ。関係者は剃髪して謝って欲しいよ。会社がBOSEなだけに・・・・・

 駄洒落で落としてすいません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2006

ハッピー・クリスマス


 クリスマスなので、映像のプレゼント。

 しかし、懐かしいね。メリー・クリスマス・ショウ。もう、こういう番組はなかなか作られないだろうなぁ。
 桑田・ユーミンのコラボ曲「キッシン・クリスマス」は名曲だったが、一般リリースはされなかった。ファンからは是非発売してもらいたいという動きが、今もあるという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2006

ザ・ベスト・オブ・ザ・ブルースブラザーズ

Bobbdvd76 さぁ、ご紹介しましょう!ジェイク アンド エルウッド率いる、ブルース・ブラザース・バンドの登場です。
 大好きなんですけど、なんで今出てるんだろう?スペシャル・パッケージは箱がデカイだけ。こんな箱要りません。
 狂言回し的に、ダン・エイクロイド出てますが、ハウス・オブ・ブルーズのスタジャンが何だかヤボったい。クールにエルウッドだけで良いのだが、結成秘話みたいなハナシは、ダン・エイクロイドでないと話せないのだろう。
 内容は、そういった話を交えながらのライブ映像で60分。彼らはやはり神ですから、当然見入ります。ずるいです。
 しかし、バンド立ち上げ時は、いかにbluesぽくないものにするか考えたとか、ジョン・ベルーシはそれまでヘビメタばっかりで、bluesなんて知らなかったという話は、へぇーと思いました。
 安くなった頃に買うがよいでしょう。箱がデカくて高いのはいただけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2006

ラストスパート?

 ええ。グダグダやってるうちに、今週終わりました。
 はい。ワタシの今週はもう終わりです。飲み疲れ。
 とか言ってたら、明日もあるじゃん。フーゴルと忘年会・・・。
 
 楽しみなのは、M1グランプリ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2006

CDは株券ではない(菊地 成孔)

4835615638 一所懸命読んだのだが、最後までタイトルの言わんとしている事が判らなかった。
 いや、当たり前のことなんですがね。はしがきでも触れられているように、株券でないことを証明するっていうんですけど、ハナからどこをとれば株券とCDがかぶる要素があるのかが、希薄なんだって。彼のいう株券のテーゼから説明してもらわないとねぇ。
 内容は、発売されたシングル盤の一ヶ月後の売れ行き枚数を予測するというもので、JPOPへの鋭い考察と毒舌がとっても面白いんですけどね。それが当たると、CDが株券に成り代わるという発想が、ワタシにはわからない。ちっとも。
 ま、当たらなくて開き直っている筆者のコメントが、すんごい面白くて笑ってしまうんですが、元々これを手に取る気になったのは、近田春夫との対談で、これは興味深かったですね。
 元来日本人は音楽が好きじゃないんじゃないか?何かを応援するのは好きなんだけど。という意見はとても同感ですね。ワタシは、ま、それは日本人に限ったことでもない気がしてるんですけどね。
 さらっとした会話の中にそんなドキっとするキーワードが出てくるんだけど、コレをそのまま、そうなんだよなぁって受け入れられる人間って、ワタシの周りにも少ないだろうなぁ。

 ヨクヨクみてたら、これって、WEBの書籍化だって?チッ。近田春夫対談が読めたからいいや。

 bounce.com

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 18, 2006

土曜日は

 恒例の納会セッション。ウコンの粒錠で乗り切る。
 意外と沢山お酒を飲んだきがする。
 セッション終了後、上京しているという知人に会いに、新宿某所へ。
 その知人とは別に、久しぶりの旧友にもバッタリ。
 更にそこでも酒加速。

 翌日は、バンドリハ。内容はイイ線きてると思うのだが、いい加減、レコに入りたい。が、なかなか予定合わず。
 やっぱりウコンのちからでなんとか持っているが、飲み疲れ感ぬぐえず。このまま年末まで走りきるしかないのだがぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 15, 2006

ひまつぶし

 夜にひとりで飯でも喰おうと、とあるお店に入る。オモテに出ていた「ひつまぶし」(タイトルと違うじゃん、すまぬ)の文字に誘われ。
 入ったところで、まずビールを注文する。グラスとジョッキとどちらか?と聞かれ、早々に飲み干して、もう一杯行くかどうしようか悩む自分の姿が浮かんだので、ジョッキで。
 ま、当然の如く、ビールが一番最初に来るわけですが、でかい・・。大ジョッキ。このあとに、鰻ご飯とお茶漬けセットとか来るのに、ハラいっぱいになっちゃうなぁと思いつつ、飲みます。旨いです。
 すぐさま例のセットの登場。やっぱり盛りがよいです。そのまま食って、最後の一膳は土瓶に入ったお出汁でお茶漬けにするからなんでしょうが。それに、茶碗蒸しと吸い物、刺身の皿まである。
 刺身でビールをやっつけにかかっていると、うっかり、お膳が来るのは遅いだろうとタカをくくって、ビールのアテに頼んでいた、炙り明太子がやってくる。2本(ふたはら?)・・・。
 うん。ナメてました。安かったから、数切れだけだと思ってたのよ。一人でささやかに、しゅっと終わらそうとした食事が、なんだか世をはかなんで、ヤケ食いしている人みたいになってしまった。
 この間、人間ドック終わったからあれだけど、一人でこんな食事してるって、栄養士に言って自慢してやりたいよ。大ジョッキと鰻ご飯は定食だからいいとしても、明太子2本だぜ。ピザまん2個でボヤいている場合ではないね。
 そうそう、言っておきますが、いつもは粗食です。明太子半分あったら、それでご飯1杯。以上。どのみち健康的でないねぇ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 14, 2006

ピザまんハシゴ

 年末のお酒攻勢逃れ、久しぶりに早い帰宅。
 もうさぁ、一回飲むと終電だったりしてしまうので。疲れ溜まり始める。
 しかしアレだね。恒例の、駅前タクシー待ち行列が加速すると、やっぱり年末を感じますなぁ。
 この間も、大行列を尻目に歩いて帰りましたが、酔っ払っているものですから、帰り道々コンビニで飲み物とピザまんとか買っちゃって、ソレ喰ったら旨くて更にその先のコンビニでも買うという、ピザまんハシゴ状態を、久しぶりにやってしまう。
 お酒じゃなくて、そういう行為が毒なんだよなぁ。歩くこと自体は健康そうなんですが・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2006

ボーリングとか

 久しぶりにやってしまう。何年ぶりだろ?
 筋肉痛がきそうだったけど、いまのところヘーキ。年いったから、くるのが遅いのか?
 スコアはなんとかかんとか100越える程度だったが、昔はもう少し行ってたと思うので、なんだかくやしい。
 
 しかしなんだな、今はボーリング場も禁煙なんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2006

ローライ君故障

Loveroolie ちっと年代物だったから、やさしく扱っていたんだけど、ROLLEI35Sのフィルム巻上げレバーが回らなくなる。
 こいつはレンズ沈胴式のコンパクト・カメラで、巻き上げ切ってシャッターチャージされると、レンズが沈胴できる仕組みになっているので、レンズが仕舞えない。当然、チャージさてないので、シャッターも切れない。シャッター押しても、スカッ、スカッといった感触。
 ムリにレバー回そうとすると、カチリ・カチリといった嫌な音をたてて回るんだけど、フィルムを巻き取りする芯は、回らないし、なんかネジ山を擦り切れさせそうなんで、あんまり回したくない。
 うーんショック。近くの優しいカメラ屋さんは、「ちょっと専門のお店に回してもらった方がいいねぇ。ウチはこの手の奴、よく分からないのよ。ごめんねぇ」
 ネットで調べたトコロは電話繋がらず。うーん、土日は休みか?
 なにより修理代、どのくらいかかるんだろ?

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 08, 2006

ま、年中なんだけど

 いよいよ忘年会シーズン到来。
 酒呑む機会がめちゃめちゃ増えて、大変だわ。キライじゃないんだけど。

 どこで聞いたか忘れましたが、お酒呑んだ後は、グレープ・フルーツが良いというので、毎日、ジュースを飲むか、そのまんまを食べるかしております。
 ワタシのグレープ・フルーツの食べ方は、夏みかんのように皮むいて、ひと房づつ剥いて食べるの。
 この食べ方が一番キレイで、余さず食べられて良いわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2006

もひとつオミヤゲ

061203_08200001

 旅行で泊まった旅館の朝食についていた、納豆のパッケージ。
 何気ない図案の中にも、違和感を感じる。五月女 ケイ子がコッソリバイトで描いてるんじゃないだろうか?と、思うような何か。
 川下りの人々が全員カメラ目線なのが、凄く気になるし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2006

帰ってきました

 社員旅行だったのよ。
 楽しかったけど、ヘトヘト。
 オミヤゲは通りがかった市場で買った、大きく育ったナメコとシメジ。
 早速ナメコは醤油で煮て、ナメコおろしに。これが旨かった。
 今日は、とっとと寝ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2006

鬼怒川に来ています

鬼怒川に来ています

ゴルフもやっちゃったし、ゴキゲン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2006

今年の人間ドック

 ま、目が悪くなっているのと、体脂肪率が上がっているくらいで、基本的に健康そのものなんですが、根がオマヌケなものですから、胃のレントゲン撮るときに、バリウム飲みながらムセ返りまして、一時中断。
 「バリウムが気管に入りましたねぇ。こりゃイカンです。出さないと!」なんて、他の医者が何人か来て、背中叩かれたりと、大騒ぎに。
 結局、バリウムは出たらしいんですが、胃のレントゲン、今年は中止。慌て者のワタシが悪いと思ってるのですが、皆がワタシに謝るものだから、更にうしろめたくなる。
 最後の総合診断で、色んな数値や写真を見ながら解説を貰うんですが、「いやぁ、どこも悪いところなく、健康そのものですねぇ」とかやりながら、クダンの胃のレントゲンの写真にさしかかる。何某かの写真が撮られていて、「なんだコレ?」と思っていたら、「これが気管に入ったバリウムですね。ほら、この筋がそうです。結構深く行ってますね。で、次の写真がセキ出して、取れた写真です。ほら、もう白い筋が無いでしょ。無事取れたってことです。よかったですね。」
 そんな説明、写真見せてもらってまで、いらねぇよぉと、思ったけど、ま、丁寧なのはいいかぁ。マスマス間抜けな気持ちになったのは確か。とほほ・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« November 2006 | Main | January 2007 »