« 土曜日は | Main | ラストスパート? »

December 19, 2006

CDは株券ではない(菊地 成孔)

4835615638 一所懸命読んだのだが、最後までタイトルの言わんとしている事が判らなかった。
 いや、当たり前のことなんですがね。はしがきでも触れられているように、株券でないことを証明するっていうんですけど、ハナからどこをとれば株券とCDがかぶる要素があるのかが、希薄なんだって。彼のいう株券のテーゼから説明してもらわないとねぇ。
 内容は、発売されたシングル盤の一ヶ月後の売れ行き枚数を予測するというもので、JPOPへの鋭い考察と毒舌がとっても面白いんですけどね。それが当たると、CDが株券に成り代わるという発想が、ワタシにはわからない。ちっとも。
 ま、当たらなくて開き直っている筆者のコメントが、すんごい面白くて笑ってしまうんですが、元々これを手に取る気になったのは、近田春夫との対談で、これは興味深かったですね。
 元来日本人は音楽が好きじゃないんじゃないか?何かを応援するのは好きなんだけど。という意見はとても同感ですね。ワタシは、ま、それは日本人に限ったことでもない気がしてるんですけどね。
 さらっとした会話の中にそんなドキっとするキーワードが出てくるんだけど、コレをそのまま、そうなんだよなぁって受け入れられる人間って、ワタシの周りにも少ないだろうなぁ。

 ヨクヨクみてたら、これって、WEBの書籍化だって?チッ。近田春夫対談が読めたからいいや。

 bounce.com

|

« 土曜日は | Main | ラストスパート? »

Comments

う、“元来日本人は音楽が好きじゃないんじゃないか?何かを応援するのは好きなんだけど。”ってのにビビっときました。菊地成孔って名前は最近よく聴くようになったけど、まだ音楽も聴いた事ないし、本も読んだことないんだ。近田さんとの対談もあるなら読んでみようかなあ…。

Posted by: Y.HAGA | December 21, 2006 10:37 PM

>HAGAさん
菊地成孔はJAZZの人ですね。今年はUAとコラボやってますが。
ま、本屋にあったら立ち読みで充分なレベルなので、気合入れなくても良いと思いますよ(笑)。本当は気の利いた人なら誰でも思っていることなだけだから。(誰も言ってないことがヘンなんだろうけど)

しかし、JPOPへの的確な批判の出来る人が、いかに少ないことか・・。

Posted by: BARI | December 22, 2006 12:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CDは株券ではない(菊地 成孔):

« 土曜日は | Main | ラストスパート? »