« 新しいタイア | Main | 東上線 »

November 21, 2006

ハードな曲の秘密

 CAT TOWN BABYLONっていう、バンドの中でもハードな歪系ギター・リフの曲があるんだけど、この前、「そのリフはホーンセクションをイメージしていたけど、そんなのバンドで用意できないから、ギターで代用した結果だ」と言ったら、バンドのメンバー全員が驚いていた。「きいてないよー」なんて。
 元々ハード・ロック系の曲を想定してなかったんだけど、バンドのメンバーは、そうだと信じていたみたいである。
 そういうことがよくあるんだけど、それは自分の中で整理出来てしまうので、あんまり言っていない。だって、出てきた音が、自分のイメージと違っていても、それが面白いと思ったら、それでいいからねぇ。面白くなければ、思うとおりに調整するだけなんだけど。
 それにセニョール・ココナッツのスモーク・オン・ザ・ウォーターを聴くと、パープルのあの曲だって、元々はラッパでやりたかったリフなのでは?と思ってしまう。
 ハナシはちょっとだけ逸れるが、生牡蠣が喰いたいなぁと思って、今日は間に合わないからと、プッチン・プリンを買ってきた。牡蠣の代用品のつもりである。自分の中で。味じゃなくて、あの「とるっぅ」とした食感ね。

|

« 新しいタイア | Main | 東上線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハードな曲の秘密:

« 新しいタイア | Main | 東上線 »