« October 2006 | Main | December 2006 »

November 30, 2006

未知なる領域からの誘い

 行ったこともないし、どういう場所かも知らないので、こんな事を言うのは憚れるのですが、千葉にある東京ドイツ村っていうところは、首を傾げたくなるネーミングだと、常々思っていた。
 しかし先日、会社の人間2人から、「アソコは良いところだ」とトウトウと語られる。
 クルマのまま園内を走れるとか、花がキレイだとか、とにかく広いとか、家族でゆっくりするのには最適だとか。
 そんな言葉に乗せられるワタシではないのだが、何故、千葉の東京ドイツなのかには、大変興味がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2006

週末の

 人間ドックへ向けて、節制しようと思ってますが、ガンガン連ちゃんしてます。夜の田町で・・。
 これから年末に向けて、更に凄いことになりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2006

Stand your ground(Little Barrie)

C0087363_212664 ロンドンの3ピースバンド。プライマル・スクリームのギターを務めたりとかのボーカル・ギターは、女性ボーカルのような高音質で、忘れられない。
 ファンクバンドのようなタイトなビートが、かっちょいいねぇ。
 ダン・ジ・オートメイター・ナカムラのプロデュースがいいのか、楽器自体にエフェクトがかかってないのに、オサレな感じのガサガサ感音響。うぅ、so cool。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2006

Mahogany Vibe(Roy Ayers)

B0002lqwmm こいつはlast.fmのご近所radioでかかったのを聴いて購入。
 hip hopのネタでガンガン取り上げられていたjazzのビブラフォン奏者。歌も歌うけど。これがまたエッチなんだ。
 ビブラフォンは某スタジオでちょいと、知人のレコーディングのミックスを聴かせてもらったときから、気になっていたのでした。
 ま、これでシビレたのは、radioでもかかったMC SAKONIをフィーチャーしたEverybody Loves the Sunshineのhip hopバージョン。うーん!なんてcool。
 エリカ・バトゥもホットに参加。エリカといったら、ブルース・ブラザース2000で魔女の役やってた、あの人。
 2004年作品。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2006

東上線

 ワタシにとっては北の果て。東武線沿線で、ゴルフと飲み会。
 寒いかと思ってたけど、そうでもなかったな。でも、鍋の美味しい季節になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2006

ハードな曲の秘密

 CAT TOWN BABYLONっていう、バンドの中でもハードな歪系ギター・リフの曲があるんだけど、この前、「そのリフはホーンセクションをイメージしていたけど、そんなのバンドで用意できないから、ギターで代用した結果だ」と言ったら、バンドのメンバー全員が驚いていた。「きいてないよー」なんて。
 元々ハード・ロック系の曲を想定してなかったんだけど、バンドのメンバーは、そうだと信じていたみたいである。
 そういうことがよくあるんだけど、それは自分の中で整理出来てしまうので、あんまり言っていない。だって、出てきた音が、自分のイメージと違っていても、それが面白いと思ったら、それでいいからねぇ。面白くなければ、思うとおりに調整するだけなんだけど。
 それにセニョール・ココナッツのスモーク・オン・ザ・ウォーターを聴くと、パープルのあの曲だって、元々はラッパでやりたかったリフなのでは?と思ってしまう。
 ハナシはちょっとだけ逸れるが、生牡蠣が喰いたいなぁと思って、今日は間に合わないからと、プッチン・プリンを買ってきた。牡蠣の代用品のつもりである。自分の中で。味じゃなくて、あの「とるっぅ」とした食感ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2006

新しいタイア

 クルマの劣化したタイアを履き変える。
 そんだけのことだけど、何故か乗り心地とか、走りが良くなったように感じる。うれしい。
 新しいタイアって、なんか短いヒゲみたいなのがチョコチョコと生えていて、かわいい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 19, 2006

Ready for the Real Life(Fool's Garden)

Ready_for_the_real_life フールズ・ガーデンの2005年リリース盤。
 久しぶりに引っ張り出したDish of the fishってアルバム(90年代にLENON TREEで、日本でも流行ったヤツね)を聴いていて、そういえばこの人たちって、その後どうなったん?と探したら、iTune Storeにてアルバムを発見。
 ま、そうは言ってもあそこで出てるリリース年って、あそこの店に登録された年だから、最近のものかどうか怪しいと、ネットをうろうろしていて、Fool's Gardenのファンサイトを発見。これが大変ホットなもので、そーか、まだ元気にやっていたかと、嬉しく思った次第。
 ご紹介したサイトが相当詳しいので来歴の詳細は省きますが、好きですね。このバンドは。
 ロックにこだわったドイツの小田和正というか。メロディーラインとか、日本人の心を掴んで離さないと思うんだけど、あんまりメジャーじゃないのが不思議。ま、このアルバムもインディー発売って話だし、色々苦労してるのだろうか?
 レコーディング準備しているワタシも、色々ヒントもらいました。popの王道とまではいいませんが、良い曲を楽しく聴かせる仕掛けが、ニクイ感じで入っている。ドイツのバンドだけど、ビートルズをオリジンに今のイギリスの音楽シーンを上手く消化している。
 ちょっとヘビー・ローテになるかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 16, 2006

ゴッソリ取れます

 通販で見かけた耳掻き。
 ゴッソリ取れるのがウリだそうだが、ネットにアップされている評価は、「ちっともゴッソリ取れない」とある。
 ゴッソリ取れるって事を期待する人って、いつでも耳掃除してそうで、そりゃアンタの耳がきれいなだけなのでは?と、思う次第。
 世の中、そういう行き違いって多いんだよなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2006

Curtis(Curtis Mayfield)

Curtis 最近、右のtop5欄に、たまーに名前を見せている、カーティス・メイフィールド。なんか、この辺のソウルにハマってるんです。
 ファルセットのボーカルが逆にhotなんだよなぁ。声張って叫ぶより、感情の高ぶりを感じる。そういう表現方法が、勉強になるなぁと。別に勉強しようと聴いているワケでもないけどね。
 このアルバムは1970年のものですね。代表曲の「Move on Up」は、まぁ凄いワケですけど、このアルバムで、ぶったまげたのは、ジャケ写でした。正直。中身は期待通りなので、何も問題ないんですけど。
 いやホント、この写真のアングルというか構図は、かっちょいいねぇ。
 アルバムのトータルでいうと、スーパー・フライの方が好きなんだけど、このジャットには負けるわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2006

スティングレイ

Styngray2

 過去に同じベースを持った人とバンドを組んでいたことがある。
 その彼が、今でも演っている「B!」という曲のモデルなのだが、うーさんは、それを知らんだろうな。・・・言ってないからな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2006

筋肉つう

 どうもね。久しぶりにアコギ弾きまくってたら、筋肉痛みたい。
 ジャキジャキとね、リズムのせるからね。ウチのバンドは。
 最近は、長時間弾いたりしてなかったのよ。アコギ。これで筋肉痛になるなんて、どうなんだろ?

 関係ないが、PC買い替えか?なんてドギマギしてる矢先、クルマのタイアも草臥れていることが発覚。
 12月の初めには、遠乗りするつもりなので、こいつも買い替えしないとダメかぁ・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2006

よぼうちゅうしゃ

 先日、会社でインフルエンザの予防接種を受けました。会社負担。
 そんな事を話していたら、一緒に仕事をしている取引先の課長、「ワタシもしましたよ。子供を小児科に連れて行って、子供に打って貰ったついでに」と。
 「いいですよ、小児科の看護婦は。患者はみんな子供扱いで、ワタシも子供をあやすように扱われましたよ。「ほうら、痛くないですよぉー」なんて」
 なんとも羨ましいハナシである・・。ワタシもそうやって、癒されたい。
 ふと面白いと思うのは、こういう職業(看護婦)は、やっぱり相手によって言葉遣いや態度を、変えたりしないんだなぁってコトで、そりゃまぁ、場所が変わればソコはソレで変えるんだろうけど、診察室で並んでいる人のひとりひとりを見分けて、言葉遣いを変えるなんて、難しいんだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 09, 2006

土手にて晴天

Seitendote8

 今朝は寒くて明け方に目が覚めた。
 いよいよ冬の到来か。
 空が文字通り、抜けるように青い。

-LOMO LC-A 平塚にて-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2006

ボサ

 「ボサ・ノバ」のボサという言葉は、そのまま訳すと「隆起」とか「傾向」という意味があるそうで、「ノバ」が「新しい」という意味ですから、「新しい隆起」とか「新しい感覚」みたいな意味となって、フランスの映画でいう「ヌーベル・バーグ」とたいそう近いんだなぁと思ってた訳ですが、先日のジョアン・ジルベルトのパンフ(これはよく出来ていた本でした)を読んでいたら、「ボサ」という語感は、日本語でいうところの「粋」に近いんじゃないかと書いてあって、ふーんなんて思ってました。
 今日、たまたま帰宅してテレビをつけたら、SMAPの番組にセルジオ・メンデスが出てて(これって凄いよなぁ)、セッションした曲のタイトルは何にしましょうか?と聞かれたところ、「BOSSA SMAP」と答えていたのを見て、やっぱりそーなんだぁと、ひとり納得したんです。
 ま、それだけなんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 06, 2006

PCの具合

 どうもね、最近良くないのよ。
 色んなもの動かすから、スペックも厳しくなってきたのか。
 買い換えなきゃダメかねえ。他にも色々欲しいものあるけど、PCは死活問題だからなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2006

ジョアン・ジルベルト 2006.11.4 国際フォーラム

B000ij7k8801 先日言ってたイベントってのは、コレじゃないんだけどね。ただ、ゴルフに行ってただけ。背中痛をおして。
 そんな事を別に武勇伝の様に語りたいわけじゃなくて、ま、草臥れて遅めに起きた4日の午前に軽く朝飯食って、いそいそと有楽町へ。
 銀座でスーツ直して、丸の内で色々お店冷やかして、夕方に腹減ったと、レストランへ。
 料理が出てくるまでに、ビールを1杯飲んじゃって、いざ来たアンティパストを見たときに、「あっ、もう1杯飲みたいな」と、更にビール追加。
 そうこうしているうちに、クダンのコンサート会場の開場時間。どうせすぐ始まらないんだけどさ。
 国際フォーラムのロビーは、軽食にアルコールも置いてあるんだけど、なんだかさっきのレストランで調子づいちゃって、ここでもサンドウィッチとワインをいってしまう。

 コンサートは予定の開演時間を1時間ちょい過ぎた頃に無事に開始。ジョアンは一曲目からノっている時に出るという、膝をパカパカ動かす癖が出てましたね。
 しかしまあ、何と言う完璧なコンサートなんでしょう!生で聴くギターの音の良いこと。昔から全く変わらない、ジョアンの声。
 神がかりっていうと、ヒステリックな雄たけびを上げるシャーマンを連想するかも知れませんが、そうじゃない。大地や風の呼吸と交信して発されたメロディーとビートが、なんとも静かに流れる。そんな感じ。
 ギターのビートと、なんとも暖かなヴォイスの節回しの不思議な調和。生の空気感。よかったねぇ。

 帰り道すがら、最後に演ってたIsauraをずっと口ずさんでましたよ。ワタシは。至福の時でした。お腹もいっぱいだったし。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 03, 2006

明日っつーか今日の準備

 昨日はしれっと書いてましたが、痛み止めの注射とか打ってたんだ。
 あれって局部注射だったのね。「じゃ、背中出してください」とか言われて慌てたワタシ。
 だって、ちょっと押されただけで、「アッそこ痛ててて」って、シャチホコみたいになってからさ。注射とかされたら、針、折っちゃうんじゃないか?って、ヘンな心配したりして。
 ま、なんてことなく、クスリも効いたわけですが、、、、明日のイベントが何かは、また後日。
 心配かけてすまぬ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2006

大変気持ちの良い夜

 温度とか湿度がね。よい日和じゃないですか。
 こんな夜に、森とか林の中のテラスで、音楽とか聴きながらボンヤリと、ビールとか呑んでいたいですねぇ。

 そう言いながら、今朝は腰だか背中に鈍痛。医者に行ったら「疲れですね」と一言。
 クスリで結構すぐに楽になる。湿布もして。
 今週末にイベントあるんだけど、そこまでには直してしまうつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2006

いかがですかとパンダちゃん

Ikagapanda7

 秋っちゅーと、中華街なんだよな。俺。
 べつに蟹を食うでもなく。
 電動パンダが妙に可愛すぎにデフォルメされていないところが、逆に、いとおしいね。
 ここの包子は、まーまー。杏仁豆腐はスゲー旨かった。

-LOMO LC-A 横浜中華街-


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »