« まだまだハード | Main | ああ、こんなところに出来たんだ »

September 12, 2006

ラテンの国のおとぎ話

 先日の記事でリンクしたイトイ氏の文章を読んで思い出した、友人から聞いた話。

 彼が仕事で止むに止まれず、ひとりでブラジルに渡航していた折、夜寂しく聴いていたラジオの音楽に感銘を受けたんだそうな。ま、よくあることだけど。
 それまで彼は南米の音楽をあまり知らなかったので、国を知るよい機会だし、まだまだ一人で滞在しなければならなくて退屈だから、街のCD屋(レコード屋さんだったか?)へ行ってその曲のCDを買ってこようと思ったわけです。
 でも悲しいかな曲名がわからない。歌詞だかメロディーは鮮烈に覚えているので、試しに店員に「こんな曲だったんだけどわかる?」なんて唄ってみた。
 ある程度有名な曲だったといいます。
 「ああ、知ってる!でも誰の曲だったかな?」とか言って、他の店員に「こんな曲だったけど、誰だっけ?」と歌いだす。
 そんなことをしていたら、周りの人が皆その曲を歌いだして、店内の他の客もつられての大合唱。その大合唱の中、求めていたCDが見つかり「お客さん、ありましたよ!」と手渡されたときに、今度は店内をあげて拍手喝采がおきたそうです。
 異国の地で寂しい思いをしていた彼はその時、泣けてくるのをガマンするのに必死だったという。

 おとぎ話みたいなハナシでしょ。好きなんだよなぁ、そういうの。誰のなんていう曲かは、聞いたけど忘れました。すいません。

|

« まだまだハード | Main | ああ、こんなところに出来たんだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラテンの国のおとぎ話:

« まだまだハード | Main | ああ、こんなところに出来たんだ »