« かも | Main | 夏の写真の残り »

August 31, 2006

かつて…(ヴィム ヴェンダース)

4891943963 家の本棚から発掘。
 買った覚えはあったが、読んだ記憶が全く無い。多分、時間のあるときにゆっくり見ようと思って、そのまましまいこまれた可能性大。
 見てみて、大変面白かった。ヴェンダースの写真集であり、写真論。装丁も凄くイカしてる。コンパクトだし。
 彼が小津安二郎に傾倒しているのは周知の事実であり、その小津はハンパでなく構図に拘った人であったので、こうした写真集の外郭は固まっていたといってよい。
 そして、構図のハナシはおくびにも出さず、精神的な写真論を展開している。原題は「Once」で、「かつて」と「一度きり」の意味を併せ持つ。写真論を展開するにあたって、そうした意味の言葉をタイトルにしているところが、生真面目なドイツ人ぽくて、ニヤリとしてしまう。
 写真が好きな方にも、映画が好きな方にも、詩が好きな方にも手にとってもらいたいが、絶版。でも、色々さがすと古本として適価で入手可能のようだ。

 ちなみにこの本は、小津映画のカメラマンだった厚田雄春氏に捧げられている。
 しかし我が家にこんな本が眠っていたとは・・

|

« かも | Main | 夏の写真の残り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference かつて…(ヴィム ヴェンダース):

« かも | Main | 夏の写真の残り »