« 臨済録(入矢 義高 (訳)) | Main | 唄には魔法がある ゲド戦記 »

July 27, 2006

ハードウェア・マニア

 先日、会社の部下と呑みに行って世間話をしていたら、「僕、APPLEマニアなんです」という。
 なんでも、マックを11台持っていて、それが全て異なるOSで動くのだと。
 「ついこの間もG4キューブみつけて、買っちゃいましたよ」
 「なにぃ?このあいだって今年の3月?電気用品安全法で買えなくなりそうだったからって?ああそう・・(何故か泣くワタシ)。それで、そいつらどうしてるの?」
 「立ち上げて、おお動く動く!って確認して楽しんでます」
 彼はすでにインテルマックを持っていて、通常はそれを使っているとのコト。ちなみに、まだ20代だよ、彼。
 ワタシも好事家で、大概のものには理解を示しますが、これには舌を巻きました。PCの新しいのを持っていて、古いのを買い揃えていくなんて・・。
 ワタシの好きなものといえば、ギターとかカメラで、それらは古いものを揃えても、奏でる音とか写真の出来上がりとか、OUTPUTがあるのが大きな違い。ま、工芸品として、それ自身の姿の美しさもありますが、過去のPCにそれを求める人がいたとは。しかもコレクションとして。
 「僕、オカシイですかね?」
 こういう人は「オカシイ」と言われると、妙に嬉しそうにしたりするんだよね。俺がそうだからよく判る。

 APPLEのファンであるなら、たとえば、iPodの5Gを初めて手に入れて、これは素晴らしい!と感動し、古い機種を買いあさって、全部ちゃんと音楽が聴けるんです!って喜んでいるイメージなんだけど。
 「ああ、なんでヘンな目で見られているか、理解しました。それってヘンですよねぇ」
 でも、そういうiPodファンも、いないとは限らないんだよなぁ。

|

« 臨済録(入矢 義高 (訳)) | Main | 唄には魔法がある ゲド戦記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハードウェア・マニア:

» インテル・マック [北海道特産品・北海道のお土産]
先日、ビックカメラでインテルの入ったiBookを触ってきました。インテル・マックと言えばウィンドウズが起動できるのですが、いや~、速いですね。おらが家にも今年の春に購入したウィンドウズがあるのですが、比べ物にならないぐらい速いのでびっくりしました。といっても我が家になるのはとりあえず最低限のことができればいいということで非力ではあるのですが。... [Read More]

Tracked on October 31, 2006 04:29 PM

« 臨済録(入矢 義高 (訳)) | Main | 唄には魔法がある ゲド戦記 »