« June 2006 | Main | August 2006 »

July 30, 2006

唄には魔法がある ゲド戦記

20060515002fl00002viewrsz150x 美しいアニメーションと美しい音楽。
 何故か宮崎駿の「シュナの旅」を彷彿とさせるなぁと思っていたら、原案はそのもの「シュナの旅」だったのね。
 確かにアニメーションの美しさは老練なものがあるけど、息子はオヤジにもうひとつ追いつかずって感を禁じえないねぇ。
 テーマにしたいそのコトずばりを箇条書きにして、順番にキャラクターに言わせてるような展開。伝えたいことは易しく判りますが、もうひとつ感動が出来なかったよ。最近涙腺のゆるいワタシが、泣けなかったんだから。
 でもね、唄にも魔法があることは、わかった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 27, 2006

ハードウェア・マニア

 先日、会社の部下と呑みに行って世間話をしていたら、「僕、APPLEマニアなんです」という。
 なんでも、マックを11台持っていて、それが全て異なるOSで動くのだと。
 「ついこの間もG4キューブみつけて、買っちゃいましたよ」
 「なにぃ?このあいだって今年の3月?電気用品安全法で買えなくなりそうだったからって?ああそう・・(何故か泣くワタシ)。それで、そいつらどうしてるの?」
 「立ち上げて、おお動く動く!って確認して楽しんでます」
 彼はすでにインテルマックを持っていて、通常はそれを使っているとのコト。ちなみに、まだ20代だよ、彼。
 ワタシも好事家で、大概のものには理解を示しますが、これには舌を巻きました。PCの新しいのを持っていて、古いのを買い揃えていくなんて・・。
 ワタシの好きなものといえば、ギターとかカメラで、それらは古いものを揃えても、奏でる音とか写真の出来上がりとか、OUTPUTがあるのが大きな違い。ま、工芸品として、それ自身の姿の美しさもありますが、過去のPCにそれを求める人がいたとは。しかもコレクションとして。
 「僕、オカシイですかね?」
 こういう人は「オカシイ」と言われると、妙に嬉しそうにしたりするんだよね。俺がそうだからよく判る。

 APPLEのファンであるなら、たとえば、iPodの5Gを初めて手に入れて、これは素晴らしい!と感動し、古い機種を買いあさって、全部ちゃんと音楽が聴けるんです!って喜んでいるイメージなんだけど。
 「ああ、なんでヘンな目で見られているか、理解しました。それってヘンですよねぇ」
 でも、そういうiPodファンも、いないとは限らないんだよなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 26, 2006

臨済録(入矢 義高 (訳))

 禅の思想というのは、欧米社会においてショッキングなものだったに違いなく、それをcoolと称したかどうかは知らんが、新しいコミュニティーの基盤とした人たちは少なくなかったろう。例えばヒッピーとか。
 日本の中に在っては、ある種、抹香臭く思われがちの禅も、キリスト教主流の社会では、衝撃的な思想に違いない。サルトルより早く、論理的に神の不在を説こうとしているのだから。
 アメリカ映画を観ていても、「ああ、これって禅宗の影響なんだろうな」と思しきものが見受けられて、面白いです。「マトリクス」なんかそうだったんじゃなかろうか。うん。あれの1は、そういった意味で面白かった。

 そういったわけで、禅を再び読み返してみましょうよと。
 この本は所謂、禅問答といわれる禅の説話集ですが、そんなにヘンテコリンに難しいものだと思わなかったです。正直に面白い。
 しかしさ、自力本願とはいえ、禅宗の坊主って、どうしていじわるな言い方ばっかりするのかねぇ。「判ったつもりになるな!ワタシも判らないんだから。」ってことですか?そんな事を言ったら、またすんごく怒られますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2006

怪物君の涙

 日曜の夜は全英オープン最終日見てました。
 圧倒的とまでは言えないが、タイガーの完勝。
 ホントこいつはスゲー奴だなぁと、感心していたのもつかの間、号泣とも言える怪物の涙に、もらい泣き。最近ワタシ、そういうの多いね。
 さらに父の日のスペシャルCMとしてナイキが流していたビデオを見直して、更に涙。
YouTube - Tiger & Earl Woods Tribute Video
 勝ちたかったんだよね、お父さんのために。
 怪物が当然勝っているわけではなかったのだ。

父の死乗り越えウッズ連覇!/全英OP - ゴルフニュース : nikkansports.com

 そういえば、去年もTHE OPENではジャック・ニクラウスに泣かされたなぁ・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 24, 2006

更に色

Sibusibu2

 もう、なんじゃかワカラナイですね。この写真。
 壁を接写したんだけどさ。拙者、ケッコウ好きです。壁の接写。抽象画みたいでさ。
Sakamimi1 ちなみに場所は右の写真。渋谷シスコレコードんとこの坂。
 来週の侍黒伍のliveは、このすぐ近く。東急ハンズ前のtake off 7でーす。気合入ってますから、みなさん見にきて頂けるとうれしいです。って宣伝。

-minolta tc-1 渋谷-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2006

色々パラダイス

Iropara

 何気ない風の写真ですが、噴出してしまった。
 これでもかという赤色の洪水と情報量。凄いネェ、コンビニの店先って。アタマ痛くなりそう。
 当然写っている男性は知人ですが、店から出てきたところをいきなり撮ったので、カメラ目線だけど浮かない顔。
 よく見ると、何故か店員まで全員カメラ目線・・・。
 三浦海岸の研修帰り道のヒトコマ。

-MINOLTA TC-1 三浦海岸-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2006

松が峰教会

Church6

 昨日の教会。
 有名らしいです。立派だもんね。大谷石を使った現在の日本最大の建築物だそうで。
 大谷石というと、フランク・ロイド・ライトの旧帝国ホテルとかがそうだったとか。ふーん。

-MINOLTA TC-1 宇都宮-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2006

教会への道

Kyoukaihe2

 先日宇都宮へ行ったときのモノ。
 街歩きは好きなので、なにか良い被写体は無いかとふらふらしているところでたどり着いたこの道。
 がらんと広い道路と、古くてバタ臭い街並み。向こうには教会。老夫婦。
 カラーだとピンとこなかったけど、モノクロで物語っぽくなったかな?

-MINOLTA TC-1 宇都宮-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 18, 2006

両さんと歩く下町(秋本 治 )

Jin_56 もう国民的マンガとなってしまった「こち亀」の作者「秋本 治」の書く、東京下町案内というふれこみ。
 単刀直入に言わせて貰えば、下町ガイドブックと思って読むと、かなりつらい。土地勘の無い人が読んだら、まったく役に立たないでしょう。もともとコレはそういう本じゃないんです。
 作者が書いたマンガの「扉絵」についての思い入れをコメントしたく、作った本だとの事。そういえば、気合の入った扉絵の数々だもんね。
 扉絵の説明として、その場所(下町)がどんなところだったかを語り、それが「こち亀」への解説に通じていくという内容。「超神田寿司」の設定までの解説は、秋本治の思考を垣間見ることが出来て、ホントに興味深く読みました。
 週間マンガ誌の中にあって、日本最長記録。実は、1巻から続けていまだに新刊を買い続けている人間を、ワタシは2人知っている。むーん、書き続けているのも凄いが、買っているヤツも凄い。
 ここまで続く秘訣を、「日本人の心の琴線に触れる、下町の心があるから」なんて言われつつもありますが、そりゃ違うだろうね。なんでも飲み込めるギャグマンガの中にあって、その興味となる許容範囲が圧倒的に大きく、作者がそれに真面目に面白がって対応できていることが、全てなんだと思います。下町の描写はその興味の一部に過ぎない。
 要するに、フェラーリの新車情報も、三社祭の神輿の宮出しの様子も、同じレベルで捉えている好奇心の大きさと、バランス感覚。この凄味に尽きるでしょう。
 両さんについては今後も、色んなところで語られていくでしょうからこの辺にしますが、秋本治の懐の深さを垣間見れた(あくまで垣間見れただけですよ)この本は、面白かったですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 17, 2006

あっ、コレいいね(BlogPet)

シートとか、ギターのサイトも輸入モノだけど高いモノって、困るよね
ちょっと欲しいな

 思うに、センスなどをチトすればよかった?
日本で日本をiPodSKINsheetしたかった
今、気に入っているレザーケースがあるので暫しガマンか
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2006

デッドマンズ・チェスト

Potc2_pocali カリブの海賊の2作目、観て来ました。
 特撮効果グンバツ。ジョニー・デップのキャラ作りよし。登場人物の全員が素直でないのも悪くない。マンガみたいなギャグにクスリとくる。
 悪くなかろうはずのないお膳立て。それでも退屈な映画になってしまった。なぜか。3部作の2作目だからか?うーん、それだけじゃない。
 だって海賊映画にもかかわらず、出てくる人のほとんどが、自分の保身に奔走するというストーリーなんだもん。
 海賊映画っていったら普通は、冒険の旅に胸躍らせるべきだろう。海賊でなくても、ルパン3世ならそういうモチベーションで動くし、だからこそあれは面白かった。だけど、今回のコレは、全員が全員、まだ見ぬ冒険の旅を目指していない。
 自由を謳歌してのびのびと冒険しているのは、人間以外の登場人物だけであったのが悲しい。オウムと猿と犬。贔屓目にみても、蛸親分くらいのものであった。どういうこっちゃ、コレは。
 僕達は、世間のしがらみを気にせず自由に海を行くジャック・スパロウに憧れるのよ。今回は自分の命に関わるコトだというので、まぁ同情はするけどさ。
 3部作の2作目で、続きがあるコトありありなので、今回はその前哨戦としてガマンせいということか。ガマンしてやろう。
 ぐうの音も出ない次回作を期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2006

ぼんやりと

Nandemonai3

 ぼんやりとしてないなぁ。最近はガツガツとやっている。休みの日も。
 なんでもない海の写真を見て、そう思った。
 しっかし、曇天で蒸し暑い日が続くのにまいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2006

PADLOCK(Gwen Guthrie)

B00009q13j09lzzzzzzz_1 ここのところiPod効果で、CDをあんまり買っていない。
 いえね、iTMSで買ってるとか、覚えなきゃいけない曲を、繰り返し聴いていたりとかっていうのもあるしで、新しい楽曲情報を仕入にと、CD屋さんに行く機会が減っていたんだね。
 CDはかさばるから、iTMSで見てみりゃいいじゃんって気持ちも出たし。お店で見つけると、「今買わないと、もう手に入らないかも」なんて気持ちもあってさ。よく考えると、いいように操られている客ではあったが、最近自重されてきたのよ。
 久しぶりに買ったのが、こういうヤツだもん。グェン・ガスリー。
 ああ。やっぱり、「今買わないとなくなるかも」現象にヤられました。80年代のガラージサウンド。ミックスはラリー・レヴァンで、リズム隊がスライ&ロビー。
 今じゃクルマの中ではこういうのばっかり聴いてるのよ。以外でしょ。この俺が。
 ブラック・ミュージックも、アーシーなやつブッチギって、ここまで聴くことになるとは、自分でも思ってなかったよ。
 でも最近、聴いてスカッとした気持ちになるのは、ヒューイ・ルイスだったりする。
 なんでも満遍なく聴くのが、健康に良いのだろうな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 07, 2006

あっ、コレいいね

 iPod用のスキンシールの購入サイト。

アートサーフがipodケース、アクセサリーを米国東海岸よりお届けいたします

GelaSkins | Protect your iPod with Style. Not Bulk.

 日本版のサイトも輸入モノだけど、海外サイトの奴の方が、よいセンスだね。ちょっと欲しいな。
 でもチト高め。円安だから?
 思うに、こういうシートとか、ギターのピックとか、原価が安そうなんだけど高いモノって、困るよね。
 iPodSKINsheetは、今、気に入っているレザーケースがあるので暫しガマンか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2006

三菱ジープの似合う男

 ワールド・カップ大本命のドイツと、守りの堅いイタリア戦。
 同点でPKにもつれ込みドイツ勝利と予測はしていたんですが、まさかあそこでテポドンが発射されるとは・・。
 ドイツ戦と北のミサイル、どちらが重要なんだ?と。ま、ミサイルなんですけど。日本海にバンバン落とされるのは、ちょっとね。怒っていいんだけどさ。
 サッカー、ビデオ録って見ようとしたら、そんなこんなで最後まで入ってないし、NHKのハイライトで小島の解説をお供に見るのもよし。あの笑顔。
 ベルマーレ現役の頃から、人格者って感じでした。フジタでサラリー貰いつつ、ゴール守ってた人。
 天皇杯優勝して凄いメンバーだったベルマーレが、バブルはじけてフジタが降りるっていうとき、スター選手が流出する中、ケッコウな浪花節を唸ったそうです。この人。当時の愛車は三菱ジープ。
 いや、現役の時は、ワタシと友人で、「サード・レディー」って呼んでたんだけどね。だって、似てるじゃん。
 それはまぁ置いといて、ヒデに何か語って、泣かしてやってください。小島さん。

 そんなことをダラダラ書けるのも、ミサイルがなんとなく、日本海を越えてこなそうな、ヘンな意識があるからだよなぁ。平和ボケなのか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 03, 2006

LIVEお知らせ TAKE OFF 7 7月30日

Sumbla1 をを!仕事に遊びに忙しいのに、liveのお知らせだ。
 ワタシのバンド「侍黒伍」のliveがあります。

日にち:2006.07.30(日)
OPEN 18:00 START 18:30
前売 \2000 当日 \2300 1DRINK付
場所:東京・渋谷 TAKE OFF 7

 サムライは2バンド目、19:20くらいから。
 ついに渋谷ど真ん中へ進出。
 今回はちょっとハードなロケンローliveになるかも。
 是非、見に来てちよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2006

今日も三浦

今日も三浦


夜まで研修続きます。
海開きだったんだって、三浦。
遊びで来てればなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

三浦

三浦


昨日の酒が抜けきれぬまま。三浦海岸。
研修施設で一泊予定。
********
BARI
古関
********

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »