« 結局観ずに終わりそうなダ・ヴィンチ・コード | Main | 蜷川映画 »

May 30, 2006

PLAYS YMO(Senor Coconut)

Playsymo イエロー・マジック・オーケストラのラテン・カバー。単刀直入に。
 セニョール・ココナッツという名前からして、アヤシさ満載。
 日本人の企画モノなのかと思ってしらべたら、その正体はアトム・ハートというチリ在住のドイツ人。
 このアルバムの2枚前に、Kraftwerkの曲をチャチャチャでカバーしたアルバムを出しているっていうから、これはもう変わりダネだねぇ。ま、お国の人だけど、まず最初にあのKraftwerkをやってるんだからねぇ。すげえなぁ。聴いてみたいな。
 1枚前はSmoke on the WaterとかBeat Itとかで、これはなんだか想像つきます。
 今作ですが、元々が細野のワールドミュージックへ向けた「泰安洋行」「トロピカルダンディー」「はらいそ」の延長線上にあるものがYMOだったから、ラテンが合わないわけがない。一回わざとひっくり返して見せたものを、もどして見たら新鮮だった、というのが真相だと思うのですが、それにしてもズッパまりで、面白いです。いやホントに。YMOのカバーの中では、これがピカイチでしょう。
 ワールド・ミュージック、ラテンにカテゴリされてるけど、実際はエレクトロニカなんでしょ。素直にキレイにパッケージすればいいのに、ワザとインチキ臭く猥雑に、色んな音を曲間に入れたりしている。こういったものを入れるセンスは、アトム・ハートのクラブ・ミュージックをやっていた経歴から来てるんでしょうが、ワタシは好きですね。インチキ臭さを出すことで、お高くとまっている風でないものを演出している。
 面白いものに貴賎はないんだよね。このアルバムに、そのままYMOの3人が協力しているのが、その確固たる証だと思います。みんな面白がってやってたんだろうな。
 

|

« 結局観ずに終わりそうなダ・ヴィンチ・コード | Main | 蜷川映画 »

Comments

これ、面白い!ここ見た後iTMSで試聴して買っちまった!
MADMENとかPURE JAMとか、曲の中のキモになる
コード感をきっちり再現していてなおかつラテン
というのは新鮮ですわ。

Posted by: くにっち | May 30, 2006 10:35 PM

>くにっちさん
iTMSに一枚前のSmoke on the Waterもあったけど、そっちもオリジナルは実はラテンだったのでは?と思うほどハマっていて、笑ったよ。

Posted by: BARI | May 31, 2006 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference PLAYS YMO(Senor Coconut):

« 結局観ずに終わりそうなダ・ヴィンチ・コード | Main | 蜷川映画 »