« April 2006 | Main | June 2006 »

May 30, 2006

PLAYS YMO(Senor Coconut)

Playsymo イエロー・マジック・オーケストラのラテン・カバー。単刀直入に。
 セニョール・ココナッツという名前からして、アヤシさ満載。
 日本人の企画モノなのかと思ってしらべたら、その正体はアトム・ハートというチリ在住のドイツ人。
 このアルバムの2枚前に、Kraftwerkの曲をチャチャチャでカバーしたアルバムを出しているっていうから、これはもう変わりダネだねぇ。ま、お国の人だけど、まず最初にあのKraftwerkをやってるんだからねぇ。すげえなぁ。聴いてみたいな。
 1枚前はSmoke on the WaterとかBeat Itとかで、これはなんだか想像つきます。
 今作ですが、元々が細野のワールドミュージックへ向けた「泰安洋行」「トロピカルダンディー」「はらいそ」の延長線上にあるものがYMOだったから、ラテンが合わないわけがない。一回わざとひっくり返して見せたものを、もどして見たら新鮮だった、というのが真相だと思うのですが、それにしてもズッパまりで、面白いです。いやホントに。YMOのカバーの中では、これがピカイチでしょう。
 ワールド・ミュージック、ラテンにカテゴリされてるけど、実際はエレクトロニカなんでしょ。素直にキレイにパッケージすればいいのに、ワザとインチキ臭く猥雑に、色んな音を曲間に入れたりしている。こういったものを入れるセンスは、アトム・ハートのクラブ・ミュージックをやっていた経歴から来てるんでしょうが、ワタシは好きですね。インチキ臭さを出すことで、お高くとまっている風でないものを演出している。
 面白いものに貴賎はないんだよね。このアルバムに、そのままYMOの3人が協力しているのが、その確固たる証だと思います。みんな面白がってやってたんだろうな。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 29, 2006

結局観ずに終わりそうなダ・ヴィンチ・コード

 クランクアップ前から予告編したよね。アレ。みたいなぁと思っていた。
 原作に食指が動いていたけど、映画よりも当然面白いだろうから、映画を先に観て、それまで読まずにいようと。
 TVでの宣伝攻勢・特番なんかガンガンやってるのを見てたら、お腹いっぱいになっちゃって、もういいかなぁと。
 それでなくても、6月7月は休日の予定が立て込んできたよ。どおしよ。本、読んじゃうかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 28, 2006

クリームパン

 朝からバンドのリハだったけど、首都高3号線の工事で遅刻。朝飯をちょいと喰いっぱぐれる。
 リハ中に「ああ、クリームパンとか食いたいな」とか考えている。疲れているのかね?甘いパンが欲しかった。
 クリームパンといえばファミマで売ってる、トロトロのクリームのヤツが好きなんですが、自分のところで焼いているお店の、焼いて固まったようなカスタードのヤツも捨てがたいです。
 結局お昼は「鴨せいろ」とか喰っちゃったんですが、帰りにパンを買おうと海老名のパーキングに寄る。
 海老名下りのパーキングといえば、「ぽるとがる」のメロンパンですな。一回しか喰ったことがないけど。
 ちょいと覗くと、クリームメロンパンなるものを売っていて足を止めるが、よくみると(生クリーム)って書いてあって躊躇する。
 クリームパンで生クリーム(白)は違うんだよな。俺の感覚からして。メロンパンには合うのかな。合うんだろうな。
 で結局、実演販売での揚げたてに釣られて、揚げかまを買って帰る。小田原名産とかいって売っているやつ・・。
 コレ旨かったです。
 首尾一貫してないっすね。でもいつもこんなこと考えてる。食い物のコトをほとんど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2006

あらためてUndercover

B000000w6801lzzzzzzz 最近ではオルタネ系か、古いbluesとかかを、聴いていたんだけど、たまには何か変わった路線のものはないかな?と、聞き返したのがUNDERCOVER。
 面白いねぇ。コレは。
 特に興味深いのが、ベースライン。キースが弾いてたりする曲もあるけど、いかにもビル・ワイマンという、なんともいえないベースライン。あんまりバスドラとシンクロしてなくて、ハンマリングとかスライドを多用しているスタイル。
 「ストーンズみたいな、ストレートなロックンロール」なんて表現がよくされて、そういう曲のイメージって、ベースが8分を刻んだりする曲だったりするんだけど、ストーンズでそんな曲って、あんまりないんだよな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

癒されに海の底へ

 ゲームついでということで。
 Orisinal.com - The Bottom Of The Sea
 なんでもないルールのなんでもないゲームですが、なんだか癒されたので、ご紹介。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2006

「一機やらせてくれませんか?」 ゲームセンターCX

 「よゐこ」の有野がボヤキながら、過去の難しいと言われたファミコンゲームを攻略していくという、dvd。
 ゲームセンターCX
 衛星放送かどこかでやっていた番組の編集版ですね。観たことないですが、ワタシは。
 ユルい、有野というキャクターと環境にもかかわらず、ゲームは熱いバトルです。有野がまた、上手くないんだ。そこが熱い。
 見入ってしまったよ。最後までたのしく。スーパーマリオとかやりたくなったね。「「一機やらせて」なんて久しぶり言った」という有野発言に爆笑。でも、これ見てると自分も言いたくなる。
 ま、dvd買ってまで見るものじゃないかもしれないけどね。ユルさと熱さの同居している、極めて珍しい映像。

 ファミコン懐かしいね。スーパーマリオ3なんて現役でやってたなぁ。今のバンドのドラマーと一緒に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2006

昨日のつづき

 いやさ、レッチリの新しいPVも面白くてさ、コスプレっていうか、モノマネっていうか。
 Dani California
 ブーツィーとかも面白いけど、やっぱ冒頭のエルビスで掴んでるよなぁ。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 21, 2006

Stadium Arcadium(Red Hot Chili Peppers)

B000emgaoy01lzzzzzzz レッチリですね。今回はファンク色が強く、ワタシは凄く気に入ってます。
 ファンクやるバンドって、ホント上手いねぇ。っつーか上手くないとファンクは出来ないのか・・。
 注文があるとすれば、2枚組みで曲多すぎ。なんかもったいない。どの曲もいいんです。だから。超大作すぎ。一枚一枚分けて聴かないともったいない感じって、わかります?
 それとカバージャケがジョークなのか何なのか、安っぽい。これまでの一筋縄でいかなそうな感じの、香りたつデザインとは違うよね。デジパックの中身は、なかなか凝った造りなんだけど。
 内容は、二重丸です。ヨロシ。お勧め。
 言うことなしなので、今回は短いわ。記事が。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 20, 2006

何気なくあった観音堂

Kannnondo1

 多分、そんなに古くない建立だと思います。雨にやられて古びて見えますが、昭和とかか。
 それでも、朱塗りの社に鮮烈な青が未だに残って見えますね。出来たときはさぞかし目に映える色彩だったろうと。
 できれば、ご尊顔を拝ませて頂きたいですね。どんな観音様なんでしょう。

-MINOLTA TC-1 HIRATUKA-

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 19, 2006

ローラー作戦

 まぁ最近、更新が滞っているのは、仕事の付き合いとかなんとか飲むことも多くて、帰りが遅かったり、酔っ払ってたりすることも多くてってことなんですが、今日なんかも引き上げたのは早かったんですが、酒呑んでて、最寄の駅からタクシーで帰宅。
 タクシー降りて、もらった釣りを財布に入れようとしたら、その財布が無い。さっきソコから札を出したばっかりだったので、明らかにタクシーの中に落としたんですが、当のクルマは行っちゃったし、領収書も貰ってないし、何て会社かも覚えてない・・・。
 ソッコー家に帰って、最寄の駅に乗り入れてるタクシー会社に電話かけまくりのローラー作戦。8社もあったね。
 最後にかけた会社が当たり。正直、うれしかった。クルマ降りてから1時間でなんとか手元に戻ってきました。ヤバかったよ~。
 お礼なんかも用意して、ちょいと出費が嵩みましたが、勉強代。本当に助かりましたというのが本音です。善意で世の中回っているって思わないとやっていけないし。
 それよりなにより、忙しさとかにかまけて、隙を作らないようにしないとねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2006

ピンクパンサー

2032445 楽しみにしていた映画でした。
 子供の頃にピーター・セラーズの「ピンクパンサー2」を観て、強い印象を残しています。あのドタバタ加減。
 掃除機とかでホテルの部屋をぐちゃぐちゃにしちゃって、額に飾られた高そうな絵画もビリビリ。それをごまかすのに、額に生花を差したりするギャグが忘れられない。
 今回、2代目クルーゾー警部はスティーブ・マーチン。悪くないと思います。ギャクの切れも良いでしょう。アクセントの練習をするギャグは爆笑。でも、トレンチ・コートはもうひとつだなぁ。ヘンにお洒落な人だから、カッコ良くなりすぎちゃって、ピーター・セラーズの時の垢抜けなさが出てない。それなら、もうトレンチはやめて、お洒落路線でいいのにねぇ。あそこにこだわる必要は、もうないと思うのよ。
 それと、ジャン・レノは完全にミスキャスト。とぼけた感じを一所懸命出してたんだろうけど、やらせた奴が悪いな。
 ジャン・レノが全身タイツで踊るってのは、話題としては面白いんだけど、芸として面白くなかった。もっと老練なコメディアンを使った方が、格段に面白くなったと思うんだけどな。
 ま、そういうヘンな所が気になって、もうひとつ楽しめなかった。残念。ギャグは面白かったんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2006

アンジェラ(BlogPet)

BARIが
登場ホテル物(パーティーを組むホテルたち)はそれぞれ物語を持っていて、ストーリーが進むにつれ、それを解決していくんですが、プレイヤーの分身としてのキャラクターは冒頭でもう解決済みで、最後まで傍観者。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バンビィ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファイナルファンタジーXII

B0000b3oxy09lzzzzzzz やっと終わりましたよ、FF12。
 発売日に買って今までだから、ずいぶんかかったネェ。ゲームとしての難しさがあって、まぁ面白かったけど、今までかかったのは、忙しい毎日だったのもあるけど、そんなに夢中にまでならなかったからなのか・・。
 登場人物(パーティーを組む人たち)はそれぞれ物語を持っていて、ストーリーが進むにつれ、それを解決していくんですが、プレイヤーの分身としてのキャラクターは冒頭でもう解決済みで、最後まで傍観者。しかも後から出てきたキャラクターに「主人公は俺だ」と、メインであることを否定され、小僧呼ばわり。そういった疎外感がありながらも、お調子者路線でついていくって感じ。
 今までに無いパターンだね。これまでだとプレイヤーは主人公であり、自分の物語を解決させていくっていうモチベーションが、必ずあったもの。RPGでは。
 まぁ、悪いとは言い切れないけどね。そういう設定も。その方が自由度が効くってことなのかなぁ。
 フィールドからシームレスにバトルとなるシステムは、面白いです。アクションゲームに近い。しっかし、グリグリと回るアングルは酔いそうだね。
 ストーリーも、もうひとつ泣かせて貰えなかったなぁ。X2の時なんかは最後、ユウナの「もっと早く!もっと高く!」で号泣だったんだけどなぁ・・。
 ちょっと大人びてる風もあるんだよね。小粋ではあるんだ、今回のは。人間同士・国家同士のストーリーだからね。それも、あんまり無いパターンだったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2006

アンジェラ

Angel_a_final 映画を観るならフランス映画と、甲斐よしひろも言っているが、昨今のリュック・ベッソンはすっかりハリウッド的な人になってましたね。
 それがフランス映画に新風を起こしたきっかけだったんでしょうが、心中苦しかったんじゃなかろうか。「ニキータ」の胸が焦がれるようなラストシーンを最後に、「レオン」ですらワタシには二流のハリウッドごっこにしか思えなかった。「ジャンヌ」に至っては、痛々しかったもんなぁ。
 自分でメガホンを取るのは、これが最後と噂されてました、「アンジェラ」。今までのリュック・ベッソンの心中を見たような気がします。自分に嘘をついてきたと。
 オーソドックスなパリと、オーソドックスなモノクロ表現と、オーソドックスなフランス的男女の会話。それでも何処かアメリカナイズされてるんだけどね。そこが本来の彼だと思ってる。そこに戻ってみました、という感じ。
 昔のような勢いはないですが、優しく創った佳作だと思います。

 アンジェラはその名の示すとおり、天使そのもので、主人公はバカな駄目男。
 この駄目さ加減に見てるこっちも辛くなってきた頃合で、天使の逆襲というか、調教が始まって、男は目を見開くという、よくありそうなストーリーですが、この愛を知るシーンは素晴らしい演技だったと思います。
 更に、使命を全うした天使は別れがヘタクソというオチがあるんですが、これが今までにないパターンで、ウケる理由なんだろうな。こうやってボカして判りにくく書いているのは、ネタバレしないように務めているからなんだけど。

 優しい映画で、観終わった後に、誰かと一緒に居たくなるデート・ムービー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2006

トム・ヤム・クン!

Tygoon 「とむやんくん」じゃなくて、「とむやむくん」なのね。ちなみにタイ映画にちなんで、邦題をそうしたのかと思ってたら、原題もそうだった。うひょー。
 負代をしはらったわけですよ。知人に。それがこの映画。ウチの近所でやってなかったからね。「取り戻したい愛がある。取り戻したい象がいる」ってコピーに、胸躍らされましたよ。マジですよ。
 まー、細かいところを突付くと不可解な事象が沢山ある映画なんですけど、そんなことは、終わったあとの飲み屋で、ゲラゲラ笑いながらツッコミ入れるのが面白いので許すのですが、トニー・ジャーのアクションは兎に角圧倒だね。身体能力の凄味とともに、ミエを切るスタイルが、もうカッコいいのなんの。
 レストランとなっている塔をザコキャラ倒しながら上がっていくシーンなんて、玄関から最上階までノーカットの長回し。すんげぇ。
 金色の仏像の前、炎に囲まれて対戦するカポエラとムエタイって構図も決まりまくり。
 子供の象を窓ガラスに投げ飛ばす悪党とか、やってることもケタ外れ。
 いやぁ、面白かったですわ。あとあとから考えると、トニー・ジャー殆ど喋ってないんだよな。ただ、悪党の骨を次から次に、ボキボキ折っているのが、目に焼き付いているだけ。言ってた台詞って、「象をかえせー!」だけだったんじゃないか?って。そういうのも、笑える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2006

カバー曲について

 ウチのバンドのベースも書いてましたが、ちょいとカバーに取り組んでます。
 このバンドの立ち上げからオリジナルでやってきて、メンバもパターンに慣れてきたし、なんといいますか手癖指癖のマンネリぽい雰囲気を取り払い、もう少し引き出しを増やす意味でも、ちょっと意外な曲を演ろうと。
 で、延々とやってんですが、難しいねぇ。コピーするのも難しかったけど、普通に我々の曲にするのが難しい。
 あとで聴き返してみると、自分達のオリジナルの方が今までに無かったノリが出てきてたりして、それはそれで成功なんだけど、カバーはなんとかモノにしたいです。
 どんな曲かは、次回LIVEのお楽しみってコトで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2006

小田扉三昧

487233689509lzzzzzzz 連休中は映画も見に行かず、内に籠もって音楽とマンガ。FF12とかもやってるけど、驚いたことに(本当に驚いているが)クリアしていない。ま、FF12のことはクリアしてから書くとして、今回はハマっていたマンガについて。
 前にも書いたけど、スピリッツ連載の「団地ともお」が好きで、連休中はこの作者、小田扉の本を買いあさり読みまくる。最高に面白い。
 「団地ともお」の感想として、「ほのぼの」「子供の時代の懐古」といったキーワードが出てきてますが、やはりそれって作品の主題としては的外れで、味わい深いのは、日常とほんの少しズレた、ある意味シュールと表現してもいい落差が産む笑いなのだと、再認識しました。

 昔、寺山修二の文章で、「私は笑いが嫌いだ。何故なら笑いは差別だからである。」というのにショックを受け、目を見開かされた気持ちになった事があります。笑いというのは、自分の持っている基準規範と、対象物を比べた落差の上で、何処か自分が優位であるというスタンスに立っているという意味があるというのですが、落差という観念は同意出来て成る程と思ったけど、優位に立ちたいという気持ちには、今にして思うと同意できないなぁ。
 ワタシは笑いに関して、差別だとはちっとも思わないのだけど、その人の持っている日常とか規範と対象となるものの落差から湧くものだと思います。この落差の加減で、その人の面白がり加減が決まってくるのですが、小田扉の作品は、その加減が絶妙なんです。
 これは、ワタシに限ったことなのか判らないですが。

 ちなみに色々読んで、一番笑ったのが、冒頭写真の「そっと好かれる」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

喉の調子

 連休前からあんまり調子よくなくて、大体毎年このくらいに扁桃腺とか腫らすし、3年前はそれが膿んで入院までしたから、今年もやべぇなぁって思ってたのです。とにかくなんかヒリヒリする。
 食欲はバリバリなんだけどねぇ。
 と、知人が「今年のこれは花粉じゃない?」という。その人も何だか喉から鼻にかけての粘膜質が、ヒリヒリするという。
 そういえば、ウガイとかすると、結構すっきりするなぁ。ってことで、イソジンかかさぬ日々。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2006

すっかり初夏かぁ

 5日は、汗ばむ陽気。
 GWも後半戦で、そんな日にヤボ用あり、真昼間の渋谷に。
 渋谷っつーといつもは、人通り避けたところにいくんだけど、この日の用事はそうもいかないPARCO近くなんで、あの人混みには久々に参った。
 若いコ達は群集で、しかも歩くのも遅せぇし、どぉなってんだ!と、いらつくワタシでしたが、よくよく考えると、自分だって学生時代は、女の子なんかと渋谷を歩くときは、そんなもんだったかも知れません。目的は、そのコと一緒にいるだけなんだもんね。何処に向かおうとしてるワケじゃないんですよ。ただ街に居ることを楽しんでる。
 そんならもっと皆ばらばらな街へ行けよぉ、なんつって毒づきながら、大汗かきかき用事終了し、一服するにも通りは人だらけだし、サテンも人で溢れてる。
 色々裏道通りながら、なんとかかんとか百軒店のBYGへ。よく来てました。ココ、夜遅いんだけど、昼だってやってるんだもんね。地下のスタジオで週一リハやってたのよ。
 入ったら、客ひとりも居ないんでやんの。さながら別世界。
 生ビールとか頼んじゃって一服。生き返る。もうツナを具にしたピザトーストはやってないの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2006

あの映像がやっとdvdで出るらしい

 ええ、キース・リチャーズがプロデュースしたチャック・ベリーの映画「Hail Hail Rock N' Roll 」ですよ。アメリカ盤ですけどね。日本のデッキじゃ見られないです。
 今年中には字幕入りで日本で発売してもらえませんかねぇ。まちがっても吹き替えは無いでしょうが。
 心待ちにしたいと思います。ロックファン必携の映像なんですよ。これは。
 それより、キースさんどうなんですかね?正式発表はイッコも無し。ヤシの木から落ちたってのは、話として面白いんですけど。
 先日からミックがブッシュにホテルの部屋をゆずらなかったとか、タブロイド誌のヘンテコな記事が色々出てる矢先なので、又、宣伝なのかと踏んでいるんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2006

花おどる

Yukiyanagy

 ゆきやなぎおどる。

-minolta tc-1 平塚-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2006

Set the Tone(Nate James)

B000csuyh401lzzzzzzz イギリスのアフロ君は27歳。近年アールアンドビーと言われている音楽とはチョイ違いますね。もうちっとビートとメロが古い感じで、クールにビート決めてるってよりは、エンタメに走っている。育ちが良さそうと言ったら、怒られてしまうか・・。
 声質とノリが、スティービー・ワンダーとジャミロクワイを足して2で割った感じ。70年代80年代の雰囲気のキャッチーな楽曲。
 日本では口コミで人気が出たっていうよ。新しいとは思わないんだけど、今の若い人には新鮮なんだろうか?オッサンにはズッパまりだね。くやしいけど、なんというかサガなんだろうか。買ってすぐ、ヘビロテ。
 星の数に悩むなぁ。なんだか試されてるみたいで。でも、ワタシのサガなんだからしょうがなし、5をつけます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2006

やえざくら

Yaesakura

 ちょっと時期を外してしまいましたが、八重桜。ぴんくがかわいい。
 5月に入ると、関東は多分もう、暖かいってより、暑いって感じの季節になってくるだろうな。近年の傾向からして。

-MINOLTA TC-1 平塚-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »