« Curly Giraffe(Curly Giraffe) | Main | 原寸美術館(結城 昌子) »

April 10, 2006

プロデューサーズ

Up101007 やぁ、久しぶりに映画を観に行ったなぁ。
 ブロード・ウェイの有名な作品ですね。脂の乗り切ったメル・ブルックスの作品。
 どおひっくり返っても、メル・ブルックスなんだよ。ブラックでエロな笑い。昨今のアメリカンドタバタコメディーの祖。
 現役の頃の映画を見たことがあるんだけど、ローマ帝国の人がリスト・ウォッチの代わりに砂時計を腕につけてるってギャグがあって、「これがアメリカン・ジョークか。俺にはあんまりついていけないなぁ」と思ったものでした。
 そういうベタな小ネタをツカミに持ってくるんですが、クライマックスになるにしたがって、どんどん過激になって行って、心のトビラをこじ開けられてしまうというパターン。プロデューサーズもそんな感じでしょうか。
 やはし、オカマが出てくる辺りからダンスもギャグも華美になってきて、ナチの登場でバックダンサーの女性がアタマに大きなフランクフルトを付けて踊ってるレビューには、とうとう噴出してしまったよ。
 エンドロールの最後まで楽しめました。最後の最後、メル・ブルックスのまだまだ元気そうな笑顔がよかったなぁ。

|

« Curly Giraffe(Curly Giraffe) | Main | 原寸美術館(結城 昌子) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/9505276

Listed below are links to weblogs that reference プロデューサーズ:

« Curly Giraffe(Curly Giraffe) | Main | 原寸美術館(結城 昌子) »