« 観たい映画 | Main | ものごとの良し悪し »

April 26, 2006

文章表現方法の癖とか

 もともと詞を書くにあたっては、直接的な感情表現をせずに、暗喩をもちいる書き方が好きで、それがその感情のまま伝わらなくても、好しとしているところがあったが、ま、ビジネス文章というか、プレゼン資料とかの作成では、そんな書き方にあまり得はないですな。
 会社でそんな資料を作っていると、癖でヘンな表現が出るんですよ。素直に依頼したい要件を書けばすむのに。
 もとより日本人の表現方法は、ストレートな言い方を避ける傾向もありますからね。謙譲表現なのか何かわかりませんが。ボカしてしまう。ホントに言いたいことを。
 考えすぎの文章でもないんだよね。もう、癖なんだろうと。もうすこしコントロールできるようにならないと、所謂、手癖の文章になってしまうよなぁと。
 結局、詩作も一緒で、ある程度のボキャブラリがあると、使い慣れたフレーズを組み合わせるだけで、ソコソコに、なんだか雰囲気の良い作品が出来上がってしまう。スパイスがないと、本当は駄目なんだけどね。
 そのスパイスが言いたい主張であっても、語感が面白いと思っている言葉だけでもいいんだけどさ。くっきり聴こえてこないと。面白くならんのですよ。
 ま、ビジネスで作る文書も、結局は同じなんだよなと思いつつ、まだまだ勉強ですねと思っているわけです。

|

« 観たい映画 | Main | ものごとの良し悪し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30554/9778332

Listed below are links to weblogs that reference 文章表現方法の癖とか:

« 観たい映画 | Main | ものごとの良し悪し »