« DJ選曲術(沖野 修也) | Main | こんなワタシですが »

March 06, 2006

Midnite Vultures(Beck)

Midnite_Vultures 通りがかりにチョイトぴんと来るTシャツを見つけて、「ああ、コレかっこいいじゃん」と何気なく買ったんですよ。それがBECKのツアーTシャツだったんだけど、思い起こせばBECKって聴いたことがなかったなぁと。
 Tシャツ着ていて、そのアーティストの曲聴いたことも無いのは恥ずかしいだろうと、色々試して一番すんなり入れそうな作品を選択したのがコレ。

 話は脱線して、最近ロックTシャツが流行ってますが、ベロマークのTシャツ着ていても、ローリング・ストーンズを知らないコがいるってのは、驚愕の時代ですね。ホントにいるらしいよ。そんなヤツ。
 デザインセンスが着るものの大きな割合を占めるとは思うけど、プリントされているロゴとかメッセージがどんな意味かは、押さえてないと、バカ丸出し人生になるって気が付かないのかねぇ。
 例えばこんなの・・
アジアのいかしたTシャツ(タイ・ラオスその1)
 どんな逆説的・否定的なメッセージでも分かって着ているのとそうでないのはねぇ・・。

 話をもとに戻して、このアルバムはソウル・ファンク的な面白み満載で面白かったです。なんでもっと早く聴いてなかったんだろ?
Locked_Up このアルバムの評をあちこちでみると、BECKのセンスを持ち上げられてますが、ワタシが思ったのは、「でもこれって、アーサー・ベイカーじゃん」。
 80年代のダンス的なミュージックシーンを埋め尽くしたアーサー・ベイカー大先生。未だに右の作品、Criminal Element OrchestraのLocked Upは、思い出したように聴いてます。ネタ元がキャッチーで分かりやすい作品だから、ニヤリともゲラゲラとも笑えて、しかもかっちょいいのよー。HIP HOP ハウス系。
 80年代が好きなひとは、これも是非聴いてみて。あれっ、廃盤ですか?

|

« DJ選曲術(沖野 修也) | Main | こんなワタシですが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Midnite Vultures(Beck):

« DJ選曲術(沖野 修也) | Main | こんなワタシですが »